釣行の写真

【船釣りマガジン】ヒラメ絨毯が広がる鹿島へ!アタリ止まらぬ爆釣劇!!

隔週刊つり情報編集部

12月6日、早朝5時半。

まだ薄暗い茨城県鹿島新港を出た第二十七桜井丸は、航程約50分をへてポイントに到着した。

東の空が赤く焼け始めている。
 
ヒラメ釣りなら置き竿を出したまま取材ができるので、私は最初から仕掛けを下ろすつもりでいた。

「はい、いいですよ。水深は32m」

船長のアナウンスで21本の仕掛けが一斉に下ろされる。

私はカメラを抱えたまま糸フケを取り、底ダチを取り直した。

そして、置き竿にするためにリールを1m巻こうとすると、ガツガツ、ガツガツ、といきなりアタリがきた。

着底一発だ。
 
慎重に竿先を下げながら、食い込みを待つ。

ガツンと竿先が持っていかれた。

頭上まで竿を上げ、大きく合わせを入れる。

ズシッ!

乗った!

リールを巻くと、暴れるヒラメに高揚感が爆発する。

ヒラメ釣りの至福の瞬間だ。
 
仲乗りの清宮さんが、タモを海面に向けて待っていてくれる。

海面に浮いたヒラメを竿で誘導してタモまで泳がせる。

清宮さんが絶妙なタイミングですくい上げてくれた。
 
船中1枚目のヒラメを手にしてうれしさのあまり、アタリを察知したときからタモから取り出すまでの一連のシーンを頭の中でもう一度反すうした。

しかし、余韻に浸っている暇はなかった。

このヒラメをオケに入れる暇すらなかった。

その直後から、船上でヒラメの爆釣劇がスタートしたのだ。

目次

  • 知っ得!ヒラメ仕掛け考
  • Tackle Guide
  • タモ取りに大忙し
  • 長めのハリスが吉
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング