釣行の様子

海上釣堀を完全攻略する『海上釣堀 アルティメイトスペック』4つの戦略【がまかつ】

FISHING JAPAN 編集部

囲われた水域に釣り人が密集する海上釣堀には、独特の難しさがある。

昼が近づく頃には、まるで魚の反応がなくなることもある。

そんな気難しい魚さえ攻略すべく、長年、海上釣堀と真剣に向かい合ってきた、がまかつから、新たに投入されるのがフラッグシップモデルとなる『海上釣堀 アルティメイトスペック』。

4つの機種であらゆる時間帯、あらゆる魚種を攻め落とす仕上がりとなっている。

激戦区と化した海上釣堀を本気で攻め落とすために、まったく性格の違うハイエンドモデル4機種を投入

高密度の魚影を誇る海上釣堀ではあるが、経験者であればスレ切ったマダイやブリがどれほど手強いターゲットであるか、知らないものはいないだろう。

海上釣堀は難しい。

それゆえ20年以上、このフィールドと向き合ってきたがまかつに妥協はない。

人気の高まりとともに、年々シビアになる海上釣堀を完全網羅すべく、へち誘い、くわせ、泳がせ、ズボ万能の4機種のフラッグシップモデルをここにリリースする。

「海上釣堀のターゲットは大別するとテクニカルなマダイとダイナミックな青物の2種。マダイにへち誘いとくわせ。青物に泳がせとズボ万能。ズボ万能は厳密には、マダイと青物の両方を狙うことが可能な仕上がりとなっている」

オープニングから放流、そして、口を使わなくなるシビアなタイミング。

あらゆるターゲット、あらゆる時間帯を隙間なくカバーするために厳選された4機種の海上釣堀アルティメイトスペックは、激化する海上釣堀において、必ずや威力を発揮することだろう。

積極的に誘い、掛ける『アルティメイトスペック へち誘い』

シリーズ中、最も繊細な穂先を持つのが、アルティメイトスペックへち誘い。

アクションは先調子で徹底的に感度を追求している。

がまかつフィールドテスターの林は、タイやシマアジを狙う場合、この竿でウキを用いないミャク釣りスタイルをとる。

これは探るタナを任意に設定できる利点がある。

「12mのタナを狙う際に、11mまで落としてから、最後の1mをゆっくり竿の操作で落とす。または、オモリの存在を嫌うような状況ではノーシンカーで落とし込む。そういう釣りには欠かせないモデル」

シャキッとした胴に超繊細な穂先を装備した先調子。

魚を誘い、食わせる能力が高い。

アングラーの意のままに操ることが可能で、まさにマニュアル車のような操作感をアングラーに要求する竿ではあるが、使いこなせば最強の武器になる。

林の右腕ともいえる究極の一本。

Ultimatespec hetisasoi 300

『海上釣堀 アルティメイトスペック へち誘い』掛けるまでは操作性に優れる調子だが、掛けた後は意外にも柔軟に曲がり、衝撃を和らげてくれる。「先調子であるので、急な突っ込みには対処する必要はあるが、魚をいなす能力は十分に備わっている」

究極の食い込みを実現した『アルティメイトスペック くわせ』

「この竿のすごいところはオートマチックなところ」

そういってハリの20cm上に1号のオモリの付いたシンプルな仕掛けにダンゴエサをセットすると、前方に放り投げ、水深分の糸を出した。

そして竿を竿掛けに置き、手を離す。

やがてタナにエサが到達すると、竿先に魚信が現れ、その後穂先が水中に向かって引き込まれた。

「アルティメイトスペックくわせは、食いついた魚が夢中になる柔軟なセッティングにしてある。釣り人側で余計なことをしなくても竿が魚を連れて来てくれる」

大きく引き込まれたところで林は竿に手を伸ばし、竿を立てた。

アワセは入れていない。

掛けるのがオートマチックなら、やり取りもオートマチックである。

思い切ってロッドを曲げ、タメているだけで弱らせることができる。

非常に食い込みがいい繊細な穂先で食わせ、パワーは十分ながら全体で衝撃を吸収するバラシにくい調子で獲物のパワーを搾り取る。

まもなく喉の奥にしっかりハリ掛かりしたマダイが上がってきた。

「魚が違和感なく食い込んでいるので、飲み込まれることが多くなる。外しにくいが、バレにくい掛かり方には違いない。これがアルティメイトスペックへち誘いの場合は、逆に口掛かりが多くなる」

ファイト時はパワフルで全体が弧を描く柔軟な調子。

「くわせのほうは強くタメているだけで魚の体力を搾り取ることができる。しっかりと竿を立てることに集中していい。一方、胴の張りが強いへち誘いは、強い突っ込みに対してはアングラー側の対処が必要」

Ultimatespec hetisasoi 300

『海上釣堀 アルティメイトスペック くわせ』0.5~1.5号程度のオモリを用いたミャク釣りでの使用が標準スタイル。気難しい操作が不要で、魚が違和感を覚えてエサを離したりしない。置き竿でもベテラン並みの釣果を出すことが可能となる新提案の調子

ズボ、ウキ釣り、マダイ、青物をカバーする『アルティメイトスペック ズボ万能』

大きめのオモリを使用し、放置しておく釣りスタイルをズボ釣りといい、ズボラな釣りが語源といわれている。

林はズボ万能と名づけられたこの竿を、オールマイティな竿と表現する。

「マダイも青物も釣ることができる。ミャク釣りもウキ釣りもできる。非常に器用な竿。できれば2本、3本と揃えてほしいが、どうしても1本ですべてをという場合には、この1本が最適」

林自身は繊細な展開の青物狙いや、タイをウキ釣りで狙う場合に選択する。

「5㎏程度までの青物を狙う場合、神経質な展開になることが少なくない。そういう場合に、重宝する。少々細めのハリスでも柔軟にいなして取り込める」

林はそう説明すると、放流がない時間帯に食い渋る青物を掛け、パワーファイトで体力を搾り取った。

マダイのミャク釣りをもこなす柔軟な穂先を備えているが、ひとたび青物を掛ければ粘り強いバットパワーで主導権を渡さないパワーが頼もしい。

強烈な抵抗を見せた獲物はカンパチ。

ワラサよりも引きが強く手強いターゲット。

林はこのようにアルティメイトスペックズボ万能を、青物への繊細なアプローチが必要な場合や細めのハリスを使う場合に使用している。

Ultimatespec zubobannou400

『海上釣堀 アルティメイトスペック ズボ万能』万能海上釣堀のあらゆる釣法、ターゲットを幅広くカバーできるオールマイティなロッド。ミャク釣りやウキ釣りでマダイを狙える繊細さと、青物と真っ向勝負できるパワーを兼ね備えている

10㎏のブリをもパワーで制す『アルティメイトスペック 泳がせ』

海上釣堀では10㎏クラスの青物の放流も決して珍しいことではない。

そういったサイズをも視野に入れて開発されたのが、シリーズ最強となるアルティメイトスペック泳がせ。

スピニングロッド仕様で、ガイドも大きい。

ウキ釣りを想定し、食い込みのよさよりも、重さのある仕掛けやエサの操作性、しっかりとしたアワセを優先し、チューブラ穂先採用でシャキッと強い。

ロッド全体で荷重を受け止め、標準クラスの青物にパワー負けすることはない。

「狭いマスの中で非常に混雑しているのが海上釣堀。そんな中で青物を掛けたら、少しでも狭い範囲で泳がせたいし、できるだけ早く取り込みたい。パワーファイトでも、この竿なら高いランディング率を誇る」

この時も青物放流のタイミングを逃さずヒットに持ち込んだ。

極太チューブラ穂先で強烈なアワセを叩き込むと、シリーズ最強のバットパワーで難なく浮かせ、一気にランディング体勢に入る。

大口径ガイドによるファイト中のスムーズなラインの出し入れも、ストレスのないファイトに一役買っている。

仕掛けはウキ釣りでタナはボトムから1m上。

活きアジの尾をカットして泳がせた。

Ultimatespec oyogase330

『海上釣堀 アルティメイトスペック 泳がせ』強靭なバットパワーを持ち、ウキ釣りで10㎏のブリをもターゲットにするハイパワーモデル。大口径ガイドを装備し、PEラインのシステムやウキ止めの引っ掛かりを気にせず、ファイトに集中できる

ロッド」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング