エギのアップ写真

エメラルダス ピークに2022年新サイズ4.0号登場!ダイワの人気エギシリーズ

FISHING JAPAN 編集部

ロッドワークによるダートアクションがレスポンス良く発生するエギは、とても使いやすく、アオリイカの反応も良好です。

ダイワのエギ・エメラルダス ピークなら、ダートアクションはもちろん、適度な跳ね上げも意図的に演出しやすくなっています。

2022年には、待望のビッグサイズ・4.0号が追加されます。

その特徴や使い方、おすすめのタックルについて詳しくご紹介しましょう。

エメラルダス ピークってどんなエギなのか既存モデルをチェック!

エメラルダス ピークとは、ダイワからリリースされている、エギングゲーム用のノンラトルエギのことです。

設定サイズは2種類、3.0号と3.5号がラインナップされていて、そこに2022年4.0号が追加されることになりました。

3.0号はウエイト14.5gで、3.5号は19.5g。

新しい4.0号は23.5gに設定されているので、エメラルダス ステイシリーズより軽く作られています。

キャストしてフォールしていくスピードは、1m沈むのに約3.75秒。

テンポよくダートアクションを繰り出していくには、程良い沈下スピードといえるでしょう。

エメラルダス ピークの既存モデルを、実際にキャストしてみました。

他の大分型エギと比較しても、それらを超える飛距離の伸びを体感できます。

ロッドから放出された直後から、飛行姿勢がとても安定しているのです。

回転はほとんどしませんし、急な失速も見られませんでした。

空気抵抗が抑えられているのか、絶妙な伸びで広範囲をチェックすることにつながっています。

着水後は、スピーディーに沈んでいく感じで、軽めにロッドティップをリフトして入力すると、カンタンに左へエメラルダス ピークが飛びました。

ダートアクションを実践しやすく、左飛びからの入力で、すぐに右へ向けてダートを開始します。

ダートアクション後に、そのまま滑るのではなく軽めの制動が掛かっていて、姿勢制御ができているのも特筆すべきでしょう。

姿勢が整っているからこそ、次のダートへの準備も完了していることに。

水をつかみつつも、ダートの振り幅はさほど抑えないというセッティングは、アオリイカを追従させるのにじゅうぶんです。

シンカーとボディフォルムの両方が、しっかりと水流=潮をつかんでいる感じが伝わってきます。

これなら意図した層を、丁寧にトレースすることも可能でしょう。

フォール姿勢も低重心で安定しているので、アオリイカにとって抱きやすい対象といえそうです。

日本製の質感が伴なったカンナを装備しているエメラルダス ピーク!

エメラルダス ピークのテール部分には、オリジナルのカンナが標準装備されています。

カタチや素材・針の径にもこだわりが見えて、ショートバイトでもしっかりフッキングに持ち込める印象です。

バラシを抑えて効率よくランディングするために、妥協したくないパーツですから、多くのユーザーの期待を裏切らない出来映えといえるでしょう。

剛性感がしっかりあるので、2kgを超えるように大型アオリイカが噴射を繰り返しても、伸ばされてしまう展開にはなりませんでした。

合計15種類のカラーバリエーションから選択可能!

エメラルダス ピークには、全部で15種類もの豊富なカラーバリエーションが用意されています。

●赤-ムーンナイトアワー

●赤-アスパラキング

●金-モモイロコメット

●ホロ-マッハブラック

●マーブル-マッハオレンジマーブル

●青-ムスカリコメット

●緑-デンジャーデンジャー

●ピンク-マッハピンク

●ケイムラ-ホワイトナイト

●ケイムラ-ピンクムーン

●ケイムラ-朝焼けモルゲンロート

●ケイムラ-ハッピーエターナル

●夜光-ブルージーナイトクラブ

●夜光-マッハグルクンナイト

●夜光-ストロベリーナイトエンジェル

どれも個性的で、他のエギのカラーバリエーションとは異なるものばかり。

複数種類を手元に置いて、カラーローテーションしながらアオリイカの反応を見てみたいものです。

エメラルダス ピークを操ってみたくなるおすすめのタックルを取り上げてみた!

エメラルダス ピークをキャストしてダートアクションしてみたくなる、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

2022年に追加される4.0号をラインに結ぶなら、ブランクスにパワーのあるロッドがベターです。

スピニングリールは、0.5号以上の太さのPEラインを豊富に巻けるものを装着します。

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス STOIST AGS 82MHH 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス STOIST AGS 82MHH 釣り竿

最安値価格
¥55,800(amazon)

Amazonへ ¥55,800

楽天市場へ ¥60,984

Yahoo!へ ¥58,600

エメラルダスシリーズのハイスペックモデルで、硬めのブランクスに仕上げられています。

4.0号サイズのエギを、軽快にダートさせるのに向いているでしょう。

全長は2.49mと、やや短めの設定になっていますから、取り回しの良さでロッドワークを繰り出しやすい印象です。

継数は2本で、仕舞寸法は129cmです。

自重は113gと軽めですが、AGS搭載モデルならもっと軽くできるはず。

ということは、じゅうぶんな肉質・厚みをブランクスに与えていることの証しでしょう。

先径/元径は1.5/12.4mmで、適合するエギサイズは3.0号から4.5号まで。

適合するPEラインは、0.5号から1.2号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取ってみると、とてもパワーのあるブランクスで、入力に対してブレが抑えられている印象です。

ラインのたるみを活かしながら、張って緩めてエギを操作することも可能です。

エギが底を離れた瞬間や、藻にスタックして外す瞬間なども、きっちり把握できるのが素晴らしいです。

ダートアクションの幅を広げるのも容易で、アングラーがコントロール可能な領域が大きくなるのが、最大のメリットでしょう。

実売価格は5万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

4.0号サイズのエギを自在に操ってみたいなら、購入を検討してみたくなる名竿といえそうです。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT2500-XH (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT2500-XH (2020モデル)

最安値価格
¥27,384(Yahoo!)

Amazonへ ¥27,561

楽天市場へ ¥27,812

Yahoo!へ ¥27,384

ルビアスシリーズの2500番モデルで、エクストラハイギアが搭載されています。

ギア比は6.2対1に設定されていて、ハンドル1巻きにつき87cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

自重は175gと軽めで、最大ドラグ力は10.0kgです。

ラインキャパは、PEラインなら0.8号を200m巻けます。

ボールベアリングは、9個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、とても軽くて感度が高く、扱いやすい印象でした。

手首やヒジ・肩などに過度な負担は掛かりにくく、長時間のエギングゲームにも対応できるでしょう。

特にシャクリを入れてエギにダートアクションさせたい場合に、無理なく手首を返しつつ、柔軟な入力を繰り返せるのが素晴らしいです。

0.6号前後のPEラインと相性が良く、キャストの際のライン放出もスムーズ。

テンポよく広範囲をチェックしていくのに、とても適しているスピニングリールといえそうです。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ラインローラー部分にPEラインのコーティングが剥がれて溜まりやすいので、こまめに拭き取りメンテナンスをおこなうようにしてください。

エメラルダス ピーク4.0号の気になる発売日はいつ?

エメラルダス ピーク4.0号の気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,150円です。

4.0号サイズのボリュームがあれば、潮の引きに乗せてドリフト釣法を実践できます。

かなりの長さのラインを放出し、広範囲をチェックすることが可能になるので、ぜひ試してみてください。

エギングの関連記事はこちら

エギング」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング