エギのアップ写真

エメラルダス ステイタイプS RV・4.0号サイズに2022年追加カラー登場!

FISHING JAPAN 編集部

ラトル音の効果をフルに発揮して、藻場などに潜んでいるアオリイカを誘うのに適しているのが、ダイワのエメラルダス ステイタイプS RVです。

スローにフォールしていく姿勢が、とても安定しているので、バイトを取りやすいのが定評となっています。

2022年には、4.0号サイズに待望の追加カラーが設定。

その特徴や釣り場での使い方について、詳しくご紹介しましょう。

エメラルダス ステイタイプS RVとは

エメラルダス ステイタイプS RVとは、ダイワからリリースされている、エギングゲームを楽しむためのエギのことです。

サイズ設定は、3種類用意されています。

最も小さいのが3.0号で、ウエイトは18g。

3.5号は24gで、4.0号は28.5gになっています。

かなり高めのウエイトですが、キャストして着水すると、1m潜るのに約6秒かかるようにセッティングされているのが特徴。

つまり、スローシンキングに作られていて、じっくりとエギの沈んでいく姿をアオリイカに見せつけることができます。

しかもボディにはラトルが内蔵されていますから、ロッドを軽くシェイクしたり、シャクリを入れてダートアクションさせたときに、干渉音が響く仕組みです。

アオリイカは、とても音に敏感なので、ラトル音に気づいて接近してくれるでしょう。

エメラルダス ステイタイプS RVは、安定したフォール姿勢にこだわって作られています。

何故なら、アオリイカがエギを見つけて抱き付いてくるのが、そのフォール中がほとんどだからです。

もし、フォール中に姿勢が傾いたり、スパイラルフォールしたりすると、アオリイカの視野からエギが外れてしまい、凝視して追従することが難しくなるでしょう。

姿勢を安定させるため、ウエイトシンカーの上部、つまり目の後ろ側に、スタビライザーが付いています。

透明の樹脂で出来たエラのような形状のもので、フォール中の水流をしっかりとらえて、姿勢が一定のままフォールを続けられるように、流れを整える役割を担っています。

他のエギでほとんど見られないパーツで、エメラルダス ステイタイプS RVをプロデュースしたヤマラッピ=山田ヒロヒトさんの工夫の結晶でしょう。

ロッドでシャクリを入れてからのフォールでも、素早く元の姿勢に戻るようになっています。

アオリイカにとって、凝視している対象のシルエットが変わらないことは、抱き付くに値する要素なのかもしれません。

段差のある鋭利なカンナを標準装備したエメラルダス ステイタイプS RV!

エメラルダス ステイタイプS RVの最後尾にも注目してください。

段差の付いたカンナが、標準で装備されています。

日本製で刺さりが良く、やや太軸でなので強い負荷でも伸ばされにくいのが特徴です。

アオリイカのゲソ1本が、引っ掛かっている場合もあるので、刺さりバツグンで剛性・耐久性のあるカンナは不可欠なのです。

フォール中に張り詰めているラインテンションが、一瞬フケることがあります。

それがアオリイカのバイトである確率は、極めて高いので、この鋭いカンナでフックアップを試みましょう。

ロッドブランクスが曲がったら、それを維持するためにリールハンドルを回し続けてください。

いきなりバラさないための秘訣のひとつです。

合計で5種類のカラーバリエーションが4.0号サイズに追加ラインナップ!

エメラルダス ステイタイプS RVの4.0号サイズには、2022年新しいカラーバリエーションが5種類追加されます。

●夜光-インディゴリッチカラー

●コパー-パープルキャッツカラー

●ボーン-チェリーボーンカラー

●ボーン-サンダーボルトカラー

●ボーン-恥じらいマッカレルカラー

どれも視認性が高く、底周辺などの深い層に落とし込んでも、有効に働いてくれそうです。

エメラルダス ステイタイプS RV・4.0号を操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

エメラルダス ステイタイプS RV・4.0号をキャストしてフォールで誘うのに適した、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ウエイトが28.5gもあるので、ブランクスにパワーを持ったスピニングロッドが必要です。

シャクリをしっかり加えて、ダートアクションさせてからのフォールを繰り返すことで、藻場に潜んでいる大型のアオリイカを引き寄せることができるでしょう。

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 90M・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 90M・R 釣り竿

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

エメラルダスシリーズの中で、AGSカイドを搭載した軽量なスピニングロッドです。

全長は2.74mとやや長めで、継数は2本になっていて、仕舞寸法は141cm。

持ち運びに便利なので、磯場から防波堤まで、さまざまな釣り場へ持ち込みやすいでしょう。

標準自重は96gとかなり軽く、シャクリなどのロッドワークを加えやすく作られています。

先径/元径は、1.4/12.6mmです。

適合するエギサイズは、2.5号から4.0号まで幅広く、オールラウンドに使える味付けとなっています。

4.0号をメインに使うなら、MHパワーブランクスのロッドもラインナップされているので、チェックしてみてください。

適合するPEラインは、0.5号から1.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取って振ってみると、かなり軽くて、しなりからの復元スピードが早めなブランクスに仕上がっています。

ガイドも軽く、まるでブランクスからガイド足が生えているかのような感覚になります。

キャストの際に、細いPEラインがガイドにまとわりつくトラブルは抑えられていて、軽快にキャスト数を増やしていくことができます。

アオリイカのアタリは、手元で感じるよりも先に、ラインのたるみなどで判別可能です。

そこからしっかりとフッキングに持ち込み、アオリイカとのやり取りを満喫するようにしましょう。

長い時間の引きにもじゅうぶん耐えられるブランクスなので、慌てずにアオリイカを浮かせることに専念してください。

実売価格は3万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 イグジスト LT3000S-CXH (2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 イグジスト LT3000S-CXH (2018モデル)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

フラッグシップモデルのイグジストシリーズから、3000番モデルを選んでみました。

エギングで0.6号前後のPEラインを使うつもりなら、2500番サイズで対応できるでしょう。

それより太いラインか、ドリフト釣法を見越した多めのラインキャパを必要とするなら、3000番モデルがおすすめです。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき93cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

自重は185gと軽めで、最大ドラグ力は余裕の10kg。

これだけドラグ力が高ければ、太いラインで送り出しを抑えた攻め方を実践できます。

ゴツゴツした岩場などで、ラインをあまり出したくないときに重宝するでしょう。

ラインキャパは、PEラインなら0.8号を200m巻けます。

ボールベアリングは、12個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、高い剛性感から来る巻き心地の良さを実感できます。

強引なやり取りも実践可能で、とても頼りになる1台といえるでしょう。

実売価格は7万円台と、ハイエンドスペックならではの価格帯に設定されています。

エメラルダス ステイタイプS RV・4.0号追加カラーの気になる発売日はいつ?

エメラルダス ステイタイプS RV・4.0号追加カラーの気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,370円です。

エギングゲームをおこなう釣り場は、とても滑りやすい場所が多いので、じゅうぶん注意してください。

ギャフなどのランディング用アイテムは、常にそばに置いて、すぐに取り出せるようにしておきましょう。

エギングの関連記事はこちら

エギング」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング