ルアーのアップ写真

ネイティブトラウトゲーム用スプーンのレーザーチヌークSに2022年追加カラー登場!

FISHING JAPAN 編集部

渓流域から本流域まで、幅広くカバーしながらネイティブトラウトを狙えるのが、ダイワの定番スプーンルアー・レーザーチヌークSです。

ウエイト設定が豊富なので、釣り場や自分の釣りスタイルに合わせて選ぶことができます。

2022年には、待望の追加カラーバリエーションがラインナップの予定。

その特徴や使い方、おすすめのタックルについてご紹介しましょう。

レーザーチヌークSってどんなルアーなの?

レーザーチヌークSとは、ダイワからリリースされている、金属製のスプーンルアーのことです。

ウエイト・サイズ設定は、全部で7種類用意されています。

4.5g35mm・7.0g53mm・10g53mm・14g60mm・17g60mm・21g60mm・25g60mmの中から選んでください。

よく見ると、14gから25gまで全て同じ60mmサイズです。

厚みの変化でウエイトを増やしているので、飛距離の伸びを体感しやすいでしょう。

またサイズ感が変わらずに、泳ぐ層を上下切り換えられるのは、大きなメリットになるかもしれません。

重くて大きなスプーンなら、食い付かないケースが発生するからです。

2022年に追加カラーバリエーションが設定されるのは、21gと25gを除いた5つのみです。

レーザーチヌークSの特徴を、詳しくピックアップしてみましょう。

ベースとなっているのはチヌークSシリーズで、そこにレーザーホログラムを施したものが、レーザーチヌークSです。

使ってみたいシチュエーションとして挙げられるのは、河川の水の流れに濁りが入った場合。

雨降りの後などで、水路や支流から入った濁りが、そのまま河川の流れに成り代わったら、トラウトの視界は遮られてしまうでしょう。

日照をとらえた反射するのに、レーザーホログラムが施されていれば、弱い光でも効率よく拾えます。

いわゆるアピール力が増すので、トラウトを振り向かせることにつながるのです。

実際にフィールドでキャストしてみました。

渓流域で濁りが入った場合、沈木などのカバーに当てながらリトリーブを繰り返すと、潜んでいた魚が飛び出してきます。

本流域では、岬状に張り出した地形変化の下流側、流れが直撃しているのではなく、回っている場所なら、濁りがあってもレーザーチヌークSでバイトを取れました。

川底の地形変化をとらえながらトラウトを誘えるレーザーチヌークS!

レーザーチヌークSの10g・14g・17gは、サクラマスなどのビッグサイズのネイティブトラウトを狙うのに適しています。

川底までフォールさせても、根掛かりトラブルが発生しにくいシングルフックを標準装備しているので、積極的に落とし込んでからリトリーブできます。

オーナーばりのS-61を使っていて、フッキング効率はアップしているでしょう。

ブレイクラインなどの地形変化にタッチして、そこからリトリーブをスタートさせると、どの層で食い付いてきたかイメージしやすいです。

ロッドワークを駆使しながら、リフトアンドフォールを絡めつつ、ひんぱんにバイトしてくる層を見つけ出してください。

合計4種類の追加カラーバリエーションから選択可能!

レーザーチヌークSには、全部で4種類の新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●GRカラー

●SBLカラー

●ピンクカラー

●ブラックカラー

フラッシング効果の高いものやコントラストのくっきりしたもの、膨張色系にレーザーの反射が上手く混ざっているものなど、魅力的な配色が用意されています。

トラウトのバイトは手元に明確に伝わることが多いですが、ルアーウエイトが重めのものなら、ラインが張って動き出すまでフッキングを待ってみてください。

レーザーチヌークSを渓流域でキャストするのに向いているおすすめタックルを選んでみた!

レーザーチヌークSを渓流域で使うなら、4.5gタイプが適しているでしょう。

それをキャストしてリトリーブを繰り返すのに、おすすめのタックルをご紹介します。

スピニングタックルなら、ボトムまでフリーに落とし込んで、その場の地形変化をとらえるのにベストマッチです。

もし根掛かりしたら、ラインテンションを抜いてから、ロッドを立てたり寝かしたりして外してください。

シングルフック1本なので、上手く外れることが多いでしょう。

ダイワ(DAIWA) ネイティブトラウトロッド シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 56L 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ネイティブトラウトロッド シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 56L 釣り竿

最安値価格
¥26,400(Yahoo!)

Amazonへ ¥28,160

楽天市場へ ¥28,160

Yahoo!へ ¥26,400

シルバークリークシリーズに含まれている、やや長めのスピニングロッドです。

全長は1.68mもありますから、渓流域から中流域までカバーできるでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法は87cmにまで縮まります。

これなら渓流はもちろん、里川や水路などにも持ち込みやすいでしょう。

自重は90gで、先径/元径は1.6/7.4mmです。

適合するルアーウエイトは、2gから10gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから6lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取ってみると、とても張りがあってシャープな振りをするのに適している印象です。

曲がり込みからの復元が早めで、キャストしたルアーの飛びスピードは高めです。

リトリーブを開始すると、ルアーの引き抵抗によりロッドティップは曲がるものの、ラインテンションは結構張り詰めた状態に。

レーザーチヌークSのウォブリングアクションをしっかりと感じながら、リトリーブを続けられるでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

グリップは握りやすくて、ロッドワークを繰り出しやすい細身に仕上がっています。

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア FC LT2000S

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア FC LT2000S

最安値価格
¥16,341(amazon)

Amazonへ ¥16,341

楽天市場へ ¥16,632

Yahoo!へ 取扱なし

ダイワのカルディアLTシリーズにラインナップされている、2000番サイズの浅溝スプールタイプです。

ギア比は5.1対1に設定されていて、ハンドル1巻きにつき67cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は5.0kgもあるので、ドラグを締めた状態で魚を引き寄せて浮かせることも可能でしょう。

自重は175gと軽めで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら3lbを150m巻けます。

PEラインなら、0.5号を170m巻けます。

ハンドルの長さは50mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみた感触は、巻き心地の安定した扱いやすいものでした。

ローターの回転もスムーズで、ラインにスラックが発生した場合に、素早く巻き取ってラインテンションを復活させることができます。

ドラグにもラインローラーにも、過度な負荷が掛かっている様子はなく、トラウトを無事に水面まで引き上げることができます。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ただ巻きリトリーブを多用するつもりなら、これぐらいのギア比のほうが、誘いの間をじゅうぶんに取れるでしょう。

ボトムまで落とし込んで、ロッドワークで跳ね上げてからリトリーブするのが基本。

そのほうが根掛かりしにくく、トラウトからのバイトも取りやすく感じます。

レーザーチヌークS追加カラーの発売日はいつになるの?

レーザーチヌークS追加カラーの発売日は、2022年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、全サイズ660円です。

塗装面の耐久性が高めで、繰り返し使い続けるのに向いているスプーンルアーです。

着底している状態でもバイトがあり、フッキングするとニゴイやバスが揚がってくることが。

河川でのスプーンルアーによるアプローチを、もっと楽しみたいものです。

スプーンの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング