釣行の写真

【船釣りマガジン】アカムツ~珠玉の大型を海底谷に追う~

隔週刊つり情報編集部

アカムツは周年釣れる魚だが、一般的に最盛期は乗っ込みで浅場に群れが集まる夏~秋とされている。

しかし近年は釣り場の開拓が進むとともに、冬場でもアカムツを狙う乗合船が増えており、12月上旬現在、本誌船宿データベースを元にした、リクエストによるスポット出船を含めたアカムツ乗合の出船船宿は、西から遠州灘福田港の福徳丸、駿河湾田子の浦の鶴丸、東伊豆宇佐美港の直正丸、二階屋丸。

千葉方面では南房江見太夫崎の渡辺丸、片貝港の正一丸、茨城県では波崎港のひろの丸、鹿島港の長岡丸、平潟港の第15隆栄丸など。

年明けに解禁を迎える犬吠埼沖のアカムツがスタートすれば、さらに出船軒数が増えるはずだ。

今回スポットを当てる九十九里片貝沖は、冬に深場でほぼ確実に釣果が望めるアカムツ釣り場。

片貝港の正一丸では11月下旬に2ケタ釣りもあり、その後も安定した釣果が続いている。

加えて当地の特長は30~40cm級がレギュラーサイズ、50cm級の大型も釣れる、型にこだわるファンにはたまらないエリアだ。

取材で釣行した正一丸が主に狙う釣り場は、通称「ミゾ」と呼ばれるポイントで、正式名は片貝海底谷。

文字どおり、深く急峻な溝が片貝沖の南東方向へ約100kmに渡って走り、アカムツのほかキンメダイ、アコウ、ヤリイカなど様ざまな魚種がこの周辺で狙える好漁場だ。

ここからは、正一丸の海老原三利船長のアドバイスをふまえて、片貝海底谷のアカムツ釣りを紹介していこう。

目次

  • 海底谷の急斜面と速潮に対応する仕掛けとタックル
  • 2ノット超えの速潮に苦戦するも大型の赤いルビーが登場!
  • こまめな底ダチの取り直しエサを踊らせる誘いが不可欠
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング