ルアーのアップ写真

ロイヤルフラッシュJr.に2022年新しいカラーが8種類追加!コンパクトなビッグベイト

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りはもちろん、シーバスゲームでも有効なアプローチとして多くのアングラーから支持されているのが、ビッグベイトによるキャスティングゲームです。

多連ジョイントタイプなら、エバーグリーンのロイヤルフラッシュJr.が扱いやすいと評判です。

2022年には新しいカラーバリエーションが追加されるとのこと、その詳細スペックやおすすめタックルについてご紹介しましょう。

ロイヤルフラッシュJr.とは

ロイヤルフラッシュJr.とは、エバーグリーンから発売中の多連ジョイント系ビッグベイトのことです。

全長は130mmと、とてもコンパクトでありながら、3つの連結部による4ピースボディで構成されています。

ウエイトは33.0gに抑えられていますから、既存の100g超えビッグベイトのような専用タックルを組む必要がありません。

ブランクスパワーは、MHからH程度でじゅうぶん対応可能なので、ラバージグやヘビキャロを扱うつもりでこれまで使っていたタックルを、そのまま転用できる手軽さを持っています。

ロイヤルフラッシュJr.の頭部アゴ下には、独自のデザインが与えられたリップが付いています。

高い強度を誇るサーキットボード製のラウンドリップで、角度はかなり立ち気味。

付け根が絞り込まれるようになっていますから、水の抜けが良く、キレのあるワイドなロールアクションを作り出します。

潜行深度は最大で水深30cm程度なので、潜ることを想定しているのではなく、水面に近い表層を確実に攪拌していく要素が強いでしょう。

実際にキャストしてみると、着水音はビッグベイトの中では小さ目。

リールハンドルを回してリトリーブを開始したら、動き出しのレスポンスはかなり高め。

豪快に頭を左右に振って、正面の水をかき分けていく感じで、そこにジョイントボディが連なって進入していく様子に、生命感を強く感じてしまいます。

リトリーブを止めると、強い浮力が働いて、水面に浮上。

キックバックするというよりは、止めたタイミングの直上に浮き上がるイメージでしょうか。

その際に発生する波も強めで、コンパクトなボディとは思えないほどのアピール力を秘めています。

バス釣りでは、池・リザーバーで使ってみましたし、シーバスゲームでは河川の河口域や流入水路で泳がせてみました。

カバーやストラクチャーに潜んでいる魚が、ロイヤルフラッシュJr.の存在に気づいて、一気に飛び出してくる姿は圧巻。

横から腹に噛みつくようなバイトが多く、フッキング効率はとても高いといえるでしょう。

ロイヤルフラッシュJr.に装備されているフックに注目!

ロイヤルフラッシュJr.に標準装備されているのは、前後とも3番サイズのトレブルフックです。

大き過ぎるサイズではないので、追従してきた魚の口の中に吸い込まれやすく、フッキングもきっちり決まる印象です。

またボディの内部には、ウエイトとラトルを兼ねたタングステン製ボールが配置されています。

コトコトと干渉音が鳴るようになっていて、低音による集魚効果を期待できるでしょう。

ウッド製のボディならサイレント仕様も面白いのですか、プラスチック系樹脂ボディなら、空洞構造によるラトル音効果を上手く活用したいものです。

合計8種類の追加カラーバリエーションから選択可能!

ロイヤルフラッシュJr.には、合計で8種類の追加カラーバリエーションが用意されています。

●#18 フラッシュゴールドカラー

●#54 コットンキャンディカラー

●#209 ホログラムワカサギカラー

●#277 マジックギルカラー

●#379 フラッシュシルバーシャッドカラー

●#644 ハイビズナチュラルカラー

●#769 マットパープルパールカラー

●#788 マットチャートカラー

フラッシング効果の高いものや、膨張系・リアル系も含まれているので、さまざまなロケーションに対応することができるでしょう。

ロイヤルフラッシュJr.をキャストして操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

ロイヤルフラッシュJr.をラインに結んでキャストするのに適した、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

前述の通り、専用のタックルを組む必要はありません。

MHパワーより上のブランクスを持った、ベイトロッドにベイトリールを用意すればOKです。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 741MHRB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 741MHRB 釣り竿

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

オールラウンドに使えるブラックレーベルシリーズ、そのMHパワーブランクスモデルです。

全長は2.24mと、長めに設計されているので、軽く振るだけで飛距離を伸ばせます。

継数は2本ですが、グリップジョイント方式を採っていますから、仕舞寸法は191cmです。

自重は131gと、長いブランクスにしては軽めに作られています。

先径/元径は、2.6/17.4mmと太目。

適合するルアーウエイトは、7gから42gなので、ロイヤルフラッシュJr.をキャストしやすいです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

実際に手に取って使ってみると、長さを感じさせない軽やかな印象で、ロングキャストもアキュラシー精度の高いキャストも実践しやすいです。

ブランクスの曲がり込みはスムーズで、硬過ぎて弾いてしまうような展開にはならないでしょう。

ガイドにはラインが絡みにくく、手返しのいいアプローチを楽しめます。

2.24mという長さがあれば、バス釣りだけでなくシーバスゲームにも転用可能です。

特に河川に流入する水路との交差付近には、水門などの人工物が多数配置されていて、シーバスが潜んでいることがあります。

ロイヤルフラッシュJr.をキャストして水面に浮かせているだけで、魚を呼び寄せる効果があることを実感できるでしょう。

実売価格は3万円台と、豊富なスペックに見合った価格帯に設定されています。

1本持っておけば、さまざまな釣り方に応用できるので、とても重宝するでしょう。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SH (2019モデル)

最安値価格
¥14,572(amazon)

Amazonへ ¥14,572

楽天市場へ ¥15,255

Yahoo!へ 取扱なし

ソルトにも対応している、汎用タイプのロープロファイル系ベイトリールです。

ギア比は7.1対1になっていて、ハンドルを1巻きすると75cmのラインを巻き取れるように作られています。

自重は195gと軽めで、最大ドラグ力は5kgです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは90mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、極めて快適に釣りを楽しむことができるアイテムです。

バックラッシュトラブルは皆無で、重いルアーを狙ったところに届けるのに、じゅうぶんな機能を携えています。

ラインキャパもしっかり足りているので、ロングキャストによる広範囲チェックも、柔軟にこなせます。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

バス釣りを楽しみながら、そのままシーバスゲームにも投入できる手軽さは、このリール最大のメリットといえるでしょう。

メンテナンスは、水洗い+拭き取り乾燥でOK。

レベルワインドのグリスが落ちやすいので、定期的に補充することを忘れないでください。

ロイヤルフラッシュJr.追加カラーの気になる発売日はいつ?

ロイヤルフラッシュJr.追加カラーの気になる発売日は、2022年の1月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、3,800円です。

新しいカラーから複数選んで、カラーローテーションしながら魚の反応をチェックしてみましょう。

ゴールド系から始めると、魚の反応をとらえやすいことが多いです。

ビッグベイトの関連記事はこちら

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング