ラインのアップ写真

スティーズ デュラブラマックスは2022年リリースの耐摩耗性能に優れたナイロンライン!

FISHING JAPAN 編集部

ルアーのキャスティングゲームでよく使われるナイロンラインは、カバーとの接触が避けられません。

2022年に新しくリリースされるスティーズ デュラブラマックスなら、耐摩耗性能がレベルアップしていますから、安心して扱えるでしょう。

その特徴やナイロンラインの使い方について、詳しくご紹介します。

スティーズ デュラブラマックスとは

スティーズ デュラブラマックスとは、2022年ダイワから新発売される、ルアーキャスティング用のナイロンラインのことです。

設定強度は9種類用意されていて、さまざまな釣り方に合わせられるようになっています。

4lb・5lb・6lb・7lb・10lb・12lb・14lb・16lb・20lbの中から、対象魚やアプローチ方法にマッチしたものを選ぶようにしてください。

ちなみに、4lbの強力は、1号の太さで出せるように設計されています。

最大強力の20lbなら、5号の太さになります。

スティーズ デュラブラマックスには、耐摩耗性剤・NANODIS MAXが配合されています。

この効果により、ダイワ既製品との比較で、耐摩耗性が20倍に跳ね上がっているとのこと。

バス釣りやシーバスゲームでは、岸際カバーやストラクチャーに擦れることが多く、コスレへの強さが抜きん出ているのは頼もしい限りです。

またナイロン素材らしく、しなやかな設計になっているので、リールスプールに巻き取ったときやキャスティングのときのトラブルを抑えています。

伸びがあるのがナイロン素材ですが、あえて低伸度に作られていて、高い感度を生み出しています。

感度が高ければ、魚の繊細なバイトも手元で感じ取れるでしょう。

ナイロン素材よりも伸びないフロロカーボン素材では、この手元感度が高くなっています。

ただし、ラインに硬さが出て、糸グセか強くなるデメリットが。

ナイロンラインなら、しなやかさが備わっているので、糸グセが発生しにくく、扱いやすいでしょう。

ただし、水を吸いやすいので、劣化してきているなと感じたら、早めに巻き換えることをおすすめします。

巻糸量160mのスティーズ デュラブラマックス!

スティーズ デュラブラマックスは、巻糸量が160mに設定されています。

ちょうど真ん中の80m部分には、マーキングシールが付けられていて、ここでカットして2回に分けて使えるように工夫されています。

160m全部を巻き取れない、シャロースプールやナロースプールのリールなら、2回分けをおすすめします。

また平行巻DPLSを採用しているので、整列状態で保管されています。

ライン同士が押し合って変形することがないですから、良い状態で釣りに臨むことができます。

ナイロンラインの使い方をチェック!

スティーズ デュラブラマックスのようなナイロンラインを使って、バス釣りを実践してみました。

ナイロンラインを巻いていることで、ロングキャストによるアプローチが可能になります。

ラインの比重が低い=軽い状態なので、大気中をスムーズに飛び抜けてくれるのです。

また水没している木や岩などに接触しても、摩耗性能が高くカンタンには破断しません。

何度かキャストしてみて、ラインの表面がザラザラに傷付いてきたら、その部分をカットしてルアーを結び直しましょう。

そのひと手間をかけるだけで、カバーやストラクチャー周辺からビッグバスを引きずり出せるかもしれません。

クランクベイトとナイロンラインの組み合わせで、摩耗性能の高さを実感できるはずです。

それからナイロンラインは、水面に浮くことが可能になります。

トップウォータールアーを操る際に、ダートアクションの振り幅を増やしたりしやすいでしょう。

スティーズ デュラブラマックスと相性の良さそうなおすすめリールを選んでみた!

スティーズ デュラブラマックスとマッチングの良さそうな、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは、12lb程度の強度・太さに合いそうなベイトリールを選んでみました。

12lbは細目なので、フッキングの際にやや伸びやすい傾向があります。

リールハンドルを回しながらラインテンションを保ち、フッキング動作に入るようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 TATULA SV TW 103XHL (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 TATULA SV TW 103XHL (2020モデル)

最安値価格
¥18,000(amazon)

Amazonへ ¥18,000

楽天市場へ ¥18,409

Yahoo!へ ¥18,227

タトゥーラシリーズのSVスプール搭載機です。

直径32mmの超々ジュラルミン製SVスプールは、ベイトフィネスの領域までカバーできてしまうレベルです。

ヘッドウエイト2g程度のスモラバでも、12lbのナイロンラインでキャストできてしまいます。

ギア比は8.1対1で、ハンドル1回転につき81cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

自重は190gと軽めで、最大ドラグ力は5kgです。

ボールベアリングは7個搭載していて、ハンドルの長さは85mmです。

実際に使ってみると、とてもキャストフィールが良好で、バックラッシュトラブルを抑えてくれます。

12lbのナイロンラインを80mほど巻いても、スプールにはまだ余裕があります。

サイドハンドキャストでクランクベイトを送り出すように放出、低い弾道でしっかりと飛距離が伸びていきます。

着水して先行させると、リップがボトムの変化をとらえて、手元に伝え始めます。

ナイロンラインに伸びがあるとはいえ、じゅうぶんな情報量で、バイトしてくるバスをバラさずに取り込めるのも、大きなメリットでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

オカッパリシーンでもボートの上からでも、とても扱いやすい1台といえるでしょう。

ハンドルの長さがやや短いですが、そのほうが手元に重みを感じた瞬間、次の動きに移行しやすいので、使い勝手は良好です。

ダイワ(DAIWA) 21 スティーズ A TW HLC 6.3L

ダイワ(DAIWA) 21 スティーズ A TW HLC 6.3L

最安値価格
¥43,760(Yahoo!)

Amazonへ ¥44,000

楽天市場へ ¥44,264

Yahoo!へ ¥43,760

人気のスティーズAシリーズに、20lbクラスのナイロンラインを巻いて使ってみました。

ギア比は6.3対1なので、ハンドル1巻きにつき71cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は6kgで、自重は190gと軽めです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら20lbを80m巻けます。

ハンドルの長さは90mmで、ボールベアリングは8個搭載されています。

実釣では、20gを超えるスピナーベイトを引っ張ったのですが、乱杭や沈木に絡めてもラインブレイクには至りません。

どんどん接触させて、擦りながらすり抜けてくることで、バスが食い付いてくる回数も増えていきます。

ラインの表面がザラつき始めるのも遅めで、かなり摩擦に強いことが分かります。

20lbと太くなったぶん、伸びそのものも抑えられていて、フッキングが面白いように決まりました。

このベイトリールとの相性は、とても良いのではないでしょうか。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

ボディフレームにも剛性感が溢れていて、長く使い続けるのにおすすめの1台です。

TWSがやはり効いていて、太いラインでも抵抗を抑えた伸びのあるロングキャストを実践することが可能です。

スティーズ デュラブラマックスの気になる発売日はいつ?

スティーズ デュラブラマックスの気になる発売日は、2022年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,600円から1,800円です。

ナイロン素材が活きてくるシチュエーションをしっかり見抜いて、使いこなせるようになりたいものです。

フロロカーボンラインやPEラインとローテーションしながら、適材適所なライン選びができると、好釣果につながっていくでしょう。

ラインの関連記事はこちら

ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

スティーズ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング