ルアーのアップ写真

モアザン ヒソカの発売日が気になる!2022年リリースの新スリムミノー

FISHING JAPAN 編集部

シーバスが細身のベイトフィッシュを偏食しているとき、ミノーやシンペンなどが効果的です。

より細いフローティングモデルにして、水面から水面直下までを効率よくトレースすることで、もっと多くのバイトを取ることができるでしょう。

2022年にダイワから新登場するモアザン ヒソカなら、バチ抜けやサヨリの遡上に合わせて、好釣果を狙えるはずです。

ここでは、モアザン ヒソカの特徴や使い方、おすすめのタックルについてご紹介しましょう。

モアザン ヒソカとは

モアザン ヒソカとは、2022年にダイワから新発売となる、スリムシェイプのフローティングミノーのことです。

全長は120mmで、ウエイトは10gと軽めになっています。

10番サイズのトレブルフックを、合計3つぶら下げていて、どの方向からのバイトでもフックアップしやすいでしょう。

トレース可能な層は、水面直下から水深30cmに至るまで。

ごく水面に近い表層を、タイトなウォブンロールアクションで攪拌していきます。

メリハリのあるウォブリングではありませんから、大きな波動が発生するような状況は見込めません。

でもそれが狙いで、食い渋るシーバスにI字系のスイミングアクションが効くように、微波動による誘いでバイトまで持ち込みます。

しかもテール部分は、時折スライドするようなアクションを発生。

これが小魚の生命感溢れる動きと重なって、シーバスの捕食モードがONに。

低速から高速までの各リトリーブスピードにおいても、このテールスライドアクションはランダムに発生します。

ロッドティップの傾きとリトリーブ速度の組み合わせによって、トレースする水深を切り換えることもできます。

フックアイに注目してみると、フックポジションを狭めるような造形が施されています。

これをフックポジションリミッターと名付けていて、オールドルアーに設置されていたサーフェイスリグのような役割を果たしています。

トレブルフック同士が、前後で絡み付かないように、フックアイを剥き出しにしていないのです。

この工夫により、10番サイズを採用しても、絡まりトラブルを回避しながらフッキング効率をアップすることに成功しています。

磁着W重心移動システムを搭載しているモアザン ヒソカ!

モアザン ヒソカには、磁着W重心移動システムを搭載しています。

マグネットのチカラを持った重心移動を、ボディの前後に設置していて、快適なキャスタビリティと立ち上がり性能を生み出しています。

キャストの際に最後尾へ向かって、複数のウエイトボールが移動。

ルアーが着水したら、水平姿勢になるのと当時に腹部へウエイトボールが戻り、マグネットに引き付けられて固定されるのです。

固定されたウエイトは、アクションの立ち上がりをスムーズにしてくれるメリットがあります。

計10種類のカラーバリエーションから選択可能!

モアザン ヒソカには、全部で10種類のカラーバリエーションが用意されています。

膨張色系が多いので、遠くからでもよく見えるでしょう。

細身フォルムのアピールどの低さを、カラーでカバーしているようにも感じ取れます。

●アデルエメラルド鮎カラー

●アデルサヨリカラー

●アデルチャートヘッドゴールドカラー

●アデル不夜城カラー

●蛍ムラクリアシラスカラー

●チャートヘッドブラピンカラー

●ピンクサンドバチパールカラー

●マットバチピンクカラー

●マットライムチャートピンクベリーカラー

●ライムチャートイワシカラー

カラーネームの中に出てくるアデルとは、アデルホログラムのことです。

艶やかに見える魚の体側・体表・魚皮をダイワがオリジナルの技術で3D解析して、ホログラムに仕上げています。

ウロコ模様を簡略化したストライプパターンにして、生きている魚に限りなく近い輝きを導き出しているのです。

モアザン ヒソカにマッチしそうなおすすめのタックルをピックアップ!

モアザン ヒソカにマッチしてキャスト&リトリーブしやすそうな、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

まずはロッドから挙げますが、ウエイトが10gなので、スピニングロッドが適しているかもしれません。

ライトなPEラインとの組み合わせで、ロングキャストできるようにスキルアップしたいものです。

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラブラックスAGS 90L 釣り竿

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラブラックスAGS 90L 釣り竿

Amazonへ 売り切れ

Yahoo!へ 取扱なし

人気の高いラブラックスAGSシリーズの、Lパワーブランクスモデルです。

ウエイトは130gとかなり軽めなので、操作しやすいのが大きなメリットになります。

全長は274cmで、継数は2本。

先径は1.7mmで、元径は12.4mmと細めです。

適合するPEラインは、0.6号から1.5号まで。

適合するルアーウェイトは、7gから35gまでカバー可能です。

軽いモアザン ヒソカをキャストしやすいだけでなく、結構重いルアーまで背負うことができます。

実際に手に取ってみると、AGSを採用しているおかげで、とても軽く感じます。

ここまで軽いと、手元感度がとても高くなり、ちょっとしたルアーへの接触でもフッキングへ移行できてしまいます。

ブランクスは、Lパワーとはいえダルな状態ではなく、シャープで張りのある仕上がりです。

60cmほどのシーバスを掛けてみましたが、全体的に曲がり込んで、引きに耐えてくれます。

そのまま時間をかければ、魚が水面まで浮いてくるので、ランディングはかなり易しかったです。

実売価格は4万円前後と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

この価格帯でAGSの恩恵を受けられるのは、とてもお得感が強いアイテムといえるでしょう。

グリップ周りは細目で握りやすく、操作性を高める一因になっています。

コスパは、かなり優秀だとみていいのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 セルテート LT3000-CXH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 セルテート LT3000-CXH (2019モデル)

最安値価格
¥38,280(amazon)

Amazonへ ¥38,280

楽天市場へ ¥39,519

Yahoo!へ 取扱なし

定番のセルテートシリーズなら、剛性・耐久性ともに納得のいくレベルに仕上がっています。

こちらは3000番モデルで、ラインキャパはシーバスゲームを楽しむのにじゅうぶん。

モノフィラメントラインなら、8lbを150m巻けます。

PEラインなら、1.0号を200m巻けます。

自重は210gと軽めで、ギア比は6.2対1。

最大ドラグ力は10kgで、ボールベアリングは10個搭載しています。

実際にフィールドで1年間強使ってみましたが、巻き心地が重くなるようなことはなく、剛性感の高さはかなりのレベルだと感じています。

ハンドルの回転が、そのままローターの回転の滑らかさを生み、シーバスが掛かっても安定して巻き取れるのが、大きな強みでしょう。

ラインローラーの滑らかさも安定していて、洗浄と注油をこまめにおこなっておけば、かなり長く使えるスピニングリールであることは間違いありません。

実売価格は3万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

そろそろニューモデルがリリースされそうな雰囲気がありますが、まだまだ現役として使えるおすすめの1台といえます。

ドラグのレスポンスも良好で、ラインブレイクされた記憶は皆無です。

エギングゲームで使ったときも、沖合いまでイカに走られましたが、ただラインを放出しているだけではなく、絶妙なラインテンションを維持してくれるので、ランディングに持ち込みやすいでしょう。

モアザン ヒソカの気になる発売日はいつ?

モアザン ヒソカの気になる発売日は、2022年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,800円です。

このルアーの監修は、ユーチューバーとしても人気が高まってきた、小沼正弥さん。

話し方が上手く、理解しやすい解説手法を持っていて、多くのシーバスアングラーに支持されています。

当然モアザン ヒソカも、リリース直後から品薄になりそうな予感がします。

モアザンの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

モアザン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング