ルアーのアップ写真

ボトム攻略ミノー・ダートランに2022年新しいカラーバリエーションが登場!

FISHING JAPAN 編集部

管理釣り場でトラウトをターゲットに釣りを楽しむ、エリアトラウトゲーム。

そこでボトム攻略によく用いられているのが、ジャッカル・ティモンブランドのミノー・ダートランです。

2022年には新しいカラーバリエーションが追加の予定。

どんな特徴になっているのか、詳しくご紹介しましょう。

ダートランってどんなルアーなの?

ダートランとは、ジャッカルのティモンブランドからリリースされている、エリアトラウトゲーム用のミノーのことです。

サイズ設定は、2種類用意されていて、ノーマルサイズはダートラン、小さなサイズはちびダートランと名付けられています。

ダートランのほうは、全長46mmでウエイトは3.4g。

シンキング仕様なので、キャストして着水した後は、ボトムまで沈んでいくように作られています。

シングルフックの8番が付いていて、リアフックには2連のスプリットリングが装着されています。

ちびダートランのほうは、全長38mmでウエイト2.5gです。

こちらもシンキング仕様で、ボトムへ向かってキビキビと沈んでいきます。

シングルフックは10番サイズ、リアフックのみ2連のスプリットリング仕様というのは、ノーマルサイズと同じです。

実際にダートランをキャストしてみました。

ロッドワークを使った軽めのライン操作でも、キレのいいダートアクションが発生します。

特にエキスパートなアングラーでなくても、誰でもカンタンにアクションさせられるのが、大きなメリットといえそうです。

ボディデザインの突き詰めと、重心をどこに持ってくるかを、じっくり時間をかけて作り上げた感じが伝わってきます。

このミノーには、ボトムを手返しよく攻めたい!という目的があります。

ボトムに到着した際の着底感が分かりやすいように、フォールスピードが緩過ぎる設定にはなっていません。

フォール中のアピールも損なわない、絶妙なスピードが与えられているのです。

もしフォールスピードを調整したければ、①ラインをフロロカーボン素材にする②フックサイズやスプリットリングのサイズをアップすることで対応できるでしょう。

試しに重くすると、着底感は分かりやすくなりましたが、軽めのロッドワークで発生するダート幅が、やや小振りになってしまいました。

アクションのキレが欲しい人は、あまり負荷をかけないバランスを維持してください。

フックが絡みにくいダートランのアクション姿勢に注目!

ダートランには、シングルフックが2本装備されていますが、これがラインを拾ったり根掛かりしてしまうと、手返しのいいアプローチが成立しません。

ダートアクションの姿勢や水中フォール姿勢、ボトムでのステイ姿勢をきっちり検証して、基本設計に活かされている印象です。

実際に管理釣り場でキャストしてみると、ロッドを立ててトゥイッチを繰り返しても、アクションしてからラインに絡み付くトラブルは皆無でした。

またボトムまで落とし込んでも、根掛かりしてしまうケースはほぼありませんでしたから、巻き取って再度キャストするテンポが乱れず、快調に攻め続けることが可能です。

合計3種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

ダートランとちびダートランには、2022年に3種類のカラーバリエーションが、新しく追加されます。

●ショボクレほうじ茶ラテカラー

●イトカツシーグラスUVカラー

●ダイゴチアシードカラー

どれも個性的で、紫外線や光に対して反応するカラーも含まれています。

ダートランをキャストしてトラウトを誘うのにおすすめのタックルをピックアップ!

ダートランをキャストして操作しながらトラウトを誘うのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

ウエイトがじゅうぶんあるので、しっかりと飛距離を稼ぎつつ、ボトム感度の高いブランクスを持ったスピニングロッドが向いています。

あまり柔らか過ぎないほうが、各アクションにキレが生まれやすいでしょう。

かといって硬過ぎると、せっかくのバイトを弾いてしまいます。

負荷が掛かったときにいい感じに追従して曲がるブランクスなら、フッキングミスは抑えられるはずです。

ダイワ(DAIWA) エリアトラウトロッド イプリミ 64ML 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エリアトラウトロッド イプリミ 64ML 釣り竿

最安値価格
¥10,744(Yahoo!)

Amazonへ ¥11,332

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥10,744

エリアトラウトゲーム用のスピニングロッド、人気のイプリミシリーズです。

全長は1.94mで2ピース仕様ですから、仕舞寸法は100cmに縮まります。

これならクルマにも積み込みやすいですし、管理釣り場へも持ち込みやすいでしょう。

標準自重は78gと軽めで、先径1.3mmで元径8.4mmです。

適合するルアーウエイトは、1.5gから7gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから6lbまでです。

オールSiCリングで、ステンレスフレームのKガイドを採用しています。

ライトラインが絡まりにくく、ラインに対する摩擦負荷も低減してくれるでしょう。

実際にフィールドで使ってみると、とても握りやすくてキャストが安定するグリップに仕上がっています。

ブランクスはMLパワーが与えられているものの、硬過ぎずに振り抜きやすいです。

魚が掛かると、美しいベンディングカーブを描いてくれるので、ロッドを立てて水面まで上がってくるのを待てるパワーが備わっています。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

少し長めのブランクスですから、6ft前後で同じようなパワーを持ったロッドでも、ボトム感知能力は高いでしょう。

ステンレスフレームは、他のフレーム素材より重いですが、靭性が高く粘りのある耐え方をしてくれます。

大型のトラウトをターゲットにして管理釣り場に通い込むつもりなら、おすすめのガイドフレームといえるでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT1000S

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT1000S

最安値価格
¥11,170(Yahoo!)

Amazonへ ¥11,180

楽天市場へ ¥11,653

Yahoo!へ ¥11,170

最新型のフリームスシリーズは、安価で剛性感があり、とても人気の高いスピニングリールになっています。

ギア比は5.2対1に設定されていて、ハンドル1回転につき64cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は5.0kgで、自重は180gと軽めです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら2.5lbを100m巻けます。

PEラインなら、0.3号を200m巻けます。

ボールベアリングは、5個搭載しています。

実際に手に取って使ってみると、とてもコンパクトで軽く、滑らかな回転フィールを保持している印象です。

剛性感はじゅうぶんに伝わってくるので、魚が掛かってからも安心してやり取りを楽しめるでしょう。

ドラグの利きもスムーズですが、きっちり締めて強引に引き寄せることにも対応できました。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

ここまで安くて高性能だと、上位機種と区別しづらくなりますが、耐久性の面でどのような結果が出るのか、じっくり使いながらチェックしてみます。

釣行後のメンテナンスを続けていれば、特に問題が起こるような感じはしません。

ハンドルの回転にややガタつきを感じたものの、巻き上げに支障をきたすレベルではありませんでした。

ダートラン追加カラーの気になる発売日はいつ?

ダートラン・ちびダートラン追加カラーの気になる発売日は、2022年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,111円から1,152円です。

ボトムまで落として、ステイさせていてもバイトがあるのには驚きました。

フッキングの効率も良好で、バラシが少ないのも大きなメリットといえるでしょう。

フックに曲がりや反りが発生したら、その都度新しいものに交換するようにしましょう。

トラウトの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング