ワームのアップ写真

ブレーバーマイクロ3.0inchに新しいカラー3種類が追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

小さくて細いことがメインコンセプトになっている、ブレーバーマイクロ3.0inch。

タフコンディション下でも、しっかりとバスを誘って食わせることのできるワームとして、人気が高まっています。

新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされて、ますますアングラーの使用頻度は上がるでしょう。

ここではブレーバーマイクロ3.0inchの特徴や使い方、操るのにおすすめのタックルについてご紹介します。

ブレーバーマイクロ3.0inchとは

ブレーバーマイクロ3.0inchとは、川村光大郎さんが主宰するボトムアップからリリースされている、バス釣り用ワームのことです。

小さくて細いのが特徴になっていて、キャストしても着水音をきっちり抑えられます。

当然バスは驚かず、余計な警戒心を膨らませることには至らないのです。

全長は3.0inch=7.62cmなので、ひと口サイズなのは間違いないでしょう。

小さなボディデザインにしてしまうと、アピール力不足というデメリットが浮き彫りになります。

それを上手く補うべく、ブレーバーマイクロ3.0inchのボディには、リング状のリブが刻まれています。

これにより水噛みが良くなり、最後尾に付いているシャッドテールの振動と相まって、ボディ全体が生命感のあるアクションを発生させるのです。

フォール中でもバスがバイトしてくるところをみると、生き物らしく映っているのは間違いなさそうです。

シャッドテールの付け根にはクビレが設けられていて、そこからカットすれば、細いストレートワームに早変わり。

真ん中辺りにマスバリを装着すると、ワッキーリグとして使えます。

ロッドワークを加えるたびに、クロールアクションを起こして生命感溢れる姿に。

これなら小さくて細いフォルムでも、さまざまなシチュエーションからバスを呼び込めるでしょう。

元々ワームには、バイトトリガーという要素が備わっています。

バイトを誘発する要素のことですが、小さくて細いという要素そのものが、強烈なバイトトリガーなのです。

それを活かしつつ、集魚力も高めたいという製作者の意思が上手く載っているのが、ブレーバーマイクロ3.0inchです。

ブレーバーマイクロ3.0inch

オフセットフックを装着してカバー周りで使ってみたいブレーバーマイクロ3.0inch!

ブレーバーマイクロ3.0inchの前半部分の背中に注目してください。

肉盛りが施されているので、オフセットフックを装着した際に、フックポイントを刺し込んで隠すことが可能です。

6番から4番程度のサイズのオフセットフックなら、この肉盛りを上手く活用できるでしょう。

フックポイントが隠れていることで、底に散らばる障害物や藻に接触させても、カンタンには根掛かりしません。

タイトにカバーを攻めることができれば、反応してくるバスの数も増えるでしょう。

フッキングする際は、この肉盛りからフックポイントを突き出させる必要があるので、ロッドを立ててラインにテンションを与えてから、力強くフッキング動作に入るようにしてください。

合計3種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

ブレーバーマイクロ3.0inchには、全部で3種類の新しいカラーバリエーションが追加されます。

●アカムシカラー

●DOZEUカラー

●KUWASEシュリンプカラー

アカムシカラーは、名前の通りソリッドなレッドカラーがベースになっています。

これが細い状態で水中の底近くにフォールしていくと、バスの目の前から一瞬消えて、またすぐに見えるようになる色覚効果が得られます。

消えたり見えたりすることで、強い明滅効果が得られることに。

食い渋りが発生しやすい低水温期のフィールドで、活躍してくれるでしょう。

ブレーバーマイクロ3.0inchをダウンショットリグにセットしたい!おすすめのタックルをピックアップ!

それではブレーバーマイクロ3.0inchをダウンショットリグにセットして、アプローチしてみましょう。

おすすめのタックルは、やはりスピニングタックルになるでしょうか。

底までシンカーを落とし込んで、定位置で軽くシェイク。

横移動しないようにその場にとどめながら、ラインが走り出すのを待ってください。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン・V 642LS・V 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン・V 642LS・V 釣り竿

最安値価格
¥11,823(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

Yahoo!へ ¥11,823

コスパ優秀なブレイゾンシリーズの、2ピース仕様スピニングロッドです。

全長は1.93mとやや短めなので、釣り場で取り回ししやすく、ロッドワークも繰り出しやすいでしょう。

仕舞寸法は101cmと、とても短く収まりますから、クルマに積み込むのはラクラク。

自重は89gなので、軽くて疲れにくい設定になっています。

先径/元経は、1.6/8.9mmと細め。

適合するルアーウエイトは、1.8gから7gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

実際に手に取ってみると、軽くてよく曲がり込むように作られている印象です。

ガチガチに感度優先という味付けではなく、誘いをかけてバイトしてきたらしっかり乗せにいけるロッドになっています。

ジョイント部分もスムーズに弧を描いてくれるので、大型のバスが掛かっても時間をかけてやり取りできるでしょう。

グリップ周りは細身でぜい肉のないデザインになっていて、しっかり握り込んで支えるのがしやすいです。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

ダウンショットリグを効果的に操るには、ロッドティップを震わせるのではなく、たるんだラインを張って緩めて、ラインに変化を与えてください。

底からシンカーがほとんど離れずに、ワームだけが跳ねるようなアクションを繰り出します。

緩めるとフリーフォール状態を作れるので、バイトに持ち込めるかもしれません。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック FW LT2500S-CXH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック FW LT2500S-CXH (2019モデル)

最安値価格
¥27,737(楽天市場)

Amazonへ ¥29,525

楽天市場へ ¥27,737

Yahoo!へ ¥27,737

2500番サイズのスピニングリールなら、ラインキャパもじゅうぶんにあるので、さまざまなアプローチを試すことができます。

こちらのモデルは、ギア比6.2対1なので、ハンドル1回転につき87cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

自重は165gと軽めで、最大ドラグ力は5kgに設定されています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら6lbを100m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ボールベアリングの搭載数は、7個です。

実際に使ってみると、ローター回転の立ち上がりは滑らかで、発生したラインスラックをすみやかに取り除いてしまうことができます。

各部の剛性はしっかりしていて、バスが掛かって引っ張られても、巻き心地が変わってしまうようなトラブルは皆無でした。

キャストの際のライン放出も、スムーズにおこなわれます。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

淡水専用モデルなので、バス釣りやトラウトゲームなどに使うようにしましょう。

ブレーバーマイクロ3.0inchを駆使してタフコンディションを攻略しよう!

ブレーバーマイクロ3.0inchの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、671円です。

2021年の12月末ごろには、追加のカラーバリエーションが釣具店に並んでいるのではないでしょうか。

低水温期のバス釣りに、しっかり活かして釣果につなげたいものです。

キャストして横移動させると、最後尾のシャッドテールが水をつかんで、ボディ全体がうねるようなアクションを起こします。

そのまま横移動を続けるのではなく、引っ掛かりのあるところでロングステイすると、貴重なバイトを拾えるかもしれません。

ワームの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング