ワームのアップ写真

ブルスホッグベイビーでバスを攻略したい!ボトムアップの新作ワーム

FISHING JAPAN 編集部

川村光大郎さんが主宰するボトムアップから、バス釣り用ワーム・ブルスホッグベイビーが新しくリリースされました。

いったいどんなスペックを持っていて、どんなふう使うのか、詳しくご紹介しましょう。

2.4inchと小さなサイズなので、スピニングタックルでもベイトタックルでも操ることができそうです。

縦方向にスリットの刻まれた、2枚のパドルにも注目です。

ブルスホッグベイビーとは

ブルスホッグベイビーとは、ボトムアップから新発売のバス釣り用ワームのことです。

2枚の大きなパドルが、大きくアクションしてくれるので、コンパクトなのに水押しが強めなアイテムに仕上がっています。

全長は2.4inchですから、ひと口サイズのボリュームといえるでしょう。

オフセットフックを用いて、岸際に点在するカバーを丁寧にトレースしていきます。

見た目がエビっぽいので、甲殻類のアクションを真似るようにするのがセオリー。

キャストして底を取り、ラインテンションを張ってから、ズルズルと移動させます。

石や木の枝が沈んでいたら、それを乗り越える際に軽く引っ掛かりますから、ロッドをやや立て気味にして、引っ掛かりを外してみましょう。

その際に発生する2つのパドルの上下運動が、周囲の水を強く押すので、バスが気づいて接近してきます。

そのままバイトに至ることもあれば、凝視されることも。

再度着底させてズル引きを再開すると、そのタイミングでバイトしてくるかもしれません。

引っ掛かりを外しやすい方向に振りたければ、付けるシンカーのウエイトは軽めに。

引っ掛かった状態でシェイクなどのロッドワークを加え続けたければ、シンカーウエイトは重めにしてください。

どちらも共通しているのは、むやみに中層までワームを浮き上がらせないこと。

底周辺から離れなければ、ロックオンしたバスも追従してくるでしょう。

2つのパドルには、しっかりとウエイトが与えられているので、アクションのたびに上下運動を繰り出します。

パドルの側面に刻まれたスリットが、上下運動の反復を助長してくれるはず。

それが生命感溢れるアクションとなって、バスに強くアピールするのは間違いないでしょう。

ブルスホッグベイビーのパドルに注目!

ブルスホッグベイビーのパドルにはスリットが刻まれています。

湾曲していて幅も広いので、アクションの可動域がアップしています。

また、2本のパドルの付け根には、クビレが設けられています。

これにより、柔らかなスイングアクションを発生。

パドルに複合的な動きを与えて、まるで大きなツメを持ち上げているザリガニのような存在感を作り上げます。

ザリガニは、持ち上げたツメをそのままにはしません。

底にタッチするぐらいまで下げて、横移動を開始。

逃走する際は、特にツメを下げるケースが多いですから、この一連の動きをブルスホッグベイビーで再現してみましょう。

ワームを横移動させたら、必ず制動をかけて留め置いてください。

そうすることで2本のパドルが、理想のツメに切り換わってくれるでしょう。

計10種類のカラーバリエーションから選択可能!

ブルスホッグベイビーには、パドル以外にもヒゲやレッグ・逆手といったパーツが突き出しています。

それぞれがしっかりと水をとらえて、効果的な攪拌を繰り返してくれます。

カラーバリエーションは、全部で10種類。

定番カラーや斬新な工夫を凝らしたカラーなどが用意されていて、どれを使おうか迷ってしまいます。

●スモーキンベイツカラー

●ダークシナモンブルー&ペッパーカラー

●グリーンパンプキンペッパーカラー

●モエビカラー

●ブラックブルーフレークカラー

●グリパンチャートカラー

●ブルーギルカラー

●クワセカラー

●脱皮シュリンプカラー

●テナガエビカラー

ブルスホッグベイビーの使い方を丁寧に解説している動画はこちら

ブルスホッグベイビーをキャストして操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではブルスホッグベイビーをキャストしてバスを誘うのに適した、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

ライトなキャロナイナリグで、底をズル引き+漂わせたいなら、スピニングタックルを選びます。

あまり硬いブランクスだと、バスを弾いてしまうかもしれないので、よく曲がり込むものがいいでしょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 681L/MLXS-ST 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 681L/MLXS-ST 釣り竿

最安値価格
¥34,708(amazon)

Amazonへ ¥34,708

楽天市場へ ¥35,062

Yahoo!へ ¥35,062

ブラックレーベルSGシリーズのスピニングロッドです。

全長が2.03mもあるので、軽く振るだけでロングキャストを実践できますし、リーダーの長いキャロも操りやすいでしょう。

継数は2本で、グリップジョイント方式を採用しています。

仕舞寸法は、長めの180cmです。

自重は96gと軽めで、先径/元径は1.0/12.8mmと細くなっています。

適合するルアーウエイトは、1.4gから9gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2.5lbから6lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際にグリップを握ってみると、とても軽くてシャープなブランクスに仕上がっている印象です。

ロッドティップをリフトしやすく、ラインテンションによる曲がりを発生させやすいでしょう。

これなら底をズル引きしやすいですし、バスが食い付いてきても、真っ先にロッドティップに変化が表れてくれるはずです。

そのままリールハンドルを回して巻きアワセを決めれば、バラシは抑えられるでしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格に設定されています。

道具に妥協したくない人なら、ブラックレーベルシリーズはじゅうぶん納得のいくスペックを提示してくれます。

ソリッドティップなので、地形変化をとらえた上で、バスのバイトによる曲がりも表現してくれるのがありがたいところ。

まずはキャロをキャストして、着底させてから横移動をスタートさせてください。

ロッドティップが曲がり始めたら、そこからの変化を集中してとらえましょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 セルテート LT2500S (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 セルテート LT2500S (2019モデル)

最安値価格
¥34,980(Yahoo!)

Amazonへ ¥35,180

楽天市場へ ¥39,329

Yahoo!へ ¥34,980

2500番モデルのセルテートなら、バス釣りはもちろん、エギングゲームなどのライトソルトウォーターゲームにも転用できるでしょう。

とても剛性・耐久性が高く、大型サイズのバスが掛かっても、余裕で対応できるのが強みです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbで150m巻けます。

PEラインなら、0.6号を200m巻けます。

自重は205gで、ギア比は5.2対1。

最大ドラグ力は5kgで、ボールベアリングは10個搭載しています。

実際に釣り場で使ってみた感じは、巻き心地が軽やかで滑らかな印象でした。

大きな負荷が掛かってからでも、スムーズに巻き取れるので、安心して魚とのやり取りを楽しむことができます。

ドラグの滑り出しも素早く、引き出されっぱなしにはなりません。

ハンドルノブも握りやすくて、ロッドを立てた状態でブランクスの曲がりを維持しつつ、魚を手元へ引き寄せてくることが容易です。

実売価格は3万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

ボディカラーが落ち着いているので、さまざまなロッドに合わせやすいのもメリットでしょう。

ブルスホッグベイビーを駆使してさまざまなシチュエーションのバスを釣り上げよう!

ブルスホッグベイビーの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、825円です。

ボトムアップがリリースするアイテムは、どれもフィールドでしっかりテストした上で製品化されている印象があります。

サイズも選びやすいように細分化されていますから、これからもヘビーユーザーが増え続けるのではないでしょうか。

ボトムアップの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング