ルアーのアップ写真

Dゾーンフライに2022年追加カラーが仲間入り!エバーグリーンのコンパクトなスピナーベイト

FISHING JAPAN 編集部

ブレードとアーム、そしてヘッドパーツにフックで構成されているスピナーベイトは、あらゆる層を探るのに優れているサーチベイトです。

ブレードの回転によって、光の反射=フラッシング効果と、水流をかき回す波動を発生。

それがバスを効率よく振り向かせて、バイトに至らせるのです。

エバーグリーンから発売中のスピナーベイト・Dゾーンフライなら、コンパクトなフォルムも相まって、多くのバスを誘い出してくれるでしょう。

2022年には、新しいカラーバリエーションも追加ラインナップ予定。

ますます充実して扱いやすくなっています。

Dゾーンフライってどんなルアーなの?

Dゾーンフライとは、バス釣り用ルアーメーカーの老舗・エバーグリーンから発売中のスピナーベイトのことです。

とてもコンパクトに設計されているので、子バスでもカンタンに食い付くことができます。

池や水路などの小規模な釣り場において、ひんぱんにバイトチャンスが得られる便利アイテムといえるでしょう。

ウエイト設定は、1/4ozのみ。

7g前後になりますから、柔らかめのロッドを選ベば、ベイトタックルでキャスト可能です。

ブレードの種類は3通りで、シングルウィローリーフ・ダブルウィローリーフ・タンデムウィローリーフの中から選べるようになっています。

今回追加カラーバリエーションが設定されるのは、ダブルウィローリーフモデルのみです。

ダブルウィローリーフだと、フラッシング効果が最も高くなります。

広範囲にキャストしてから、早めにリトリーブすることで小魚の群れを演出し、しかも光の反射でバスを振り向かせることができるのです。

実際に使ってみると、水中に沈んでいるさまざまなカバーを、上手くすり抜けてくれることが分かります。

例えば、藻=ウィード。

軽く引っ掛かっても、ウィローリーフが細長いことや、ヘッド部分が薄いフォルムなので、カンタンに抜け出ます。

ロッドティップを少し持ち上げて、急にラインテンションを緩ませると、スムーズにすり抜けられるでしょう。

引っ掛かりが抑えられることで、キャストの手返しが良くなります。

当然キャスト数も増えることから、バスがバイトしてくる確率もアップします。

底まで落とし込んでリトリーブを再開すると、ブレード回転の立ち上がりが若干遅れ気味なので、着水したらハンドルは回し続けるほうが、効率よくフラッシング効果を引き出せるかもしれません。

アームの柔らかさは、Dゾーンシリーズ譲りで、とてもしなやか。

ブレード回転による振動が増幅されて、独特の誘い要素が膨らんでいきます。

Dゾーンフライのフックに注目!

Dゾーンフライのフックに注目してください。

ナローゲイブでファインワイヤーのフックが、標準で装備されています。

甘噛みのようなバイトでも、バスの上アゴをしっかりと貫いてくれるでしょう。

強めのフッキングをおこなうよりも、ラインテンションをキープするために、リールハンドルを回し続けるイメージのほうが、バラシを抑えられます。

とても鋭いフックポイントなので、手に取る際には注意して扱いましょう。

タブルウィローリーフモデルに新しいカラーバリエーションを追加設定!

Dゾーンフライのダブルウィローリーフモデルに2022年追加されるカラーは、1種類のみです。

●ホワイトチャートGカラー

ブレードは、2枚ともゴールドカラーで統一されています。

ホワイトカラーは、バス釣りでは定番の効果的な一色。

小魚の体表色を表現できているので、捕食対象とみなされやすい特徴を持っています。

チャートは視認性が高く、バスに気づいてもらいやすいでしょう。

少し膨張して大きく見える効果もありますから、離れた場所にいるバスにも目立ってくれます。

Dゾーンフライを操作するのにおすすめのタックルをピックアップ!

それではDゾーンフライをキャストしてリトリーブを実践するのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

MLパワークラスのブランクスを持ったベイトロッドに、12lb前後のモノフィラメントラインを100mほど巻けるベイトリールがマッチするでしょう。

軽めのチカラでキャストできるほうが、アキュラシー精度の高いキャストを繰り出せます。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン モバイル 666TMB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン モバイル 666TMB 釣り竿

最安値価格
¥10,235(amazon)

Amazonへ ¥10,235

楽天市場へ ¥13,386

Yahoo!へ ¥10,235

振出式のモバイルベイトロッドなら、さまざまなロケーションで釣りを楽しめるでしょう。

ブレイゾンシリーズにもモバイルロッドが設定されていて、こちらは全長が1.98mとやや短め。

継数は6本で、仕舞寸法はなんと45cmにまで縮まります。

自重は127gとやや軽めなので、長い時間の釣行にも対応できそうです。

先径/元径は1.8/14.8mmと、一般的なバス釣り用ロッドの細さをキープ。

適合するルアーウエイトは、5gから18gまでです。

Dゾーンフライなら、楽に飛距離を伸ばせるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら7lbから16lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

実際に使ってみると、ガイドの配列が絶妙で、ブランクスのしなやかな曲がりに上手く沿っている印象です。

キャストの際のガタつきもなく、連続してアプローチを繰り返すのが楽でした。

ガイド足にラインが絡まるトラブルは、ほとんどありませんから、テンポよく多くのポイントをトレースできるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

1本保有しておけば、バス釣りはもちろん、ライトソルトウォーターゲームまでカバー可能なアイテムです。

継目にホコリやゴミなどが付着しないように、使用後は拭き取りメンテナンスを施すようにしましょう。

専用のロッドケースが付いているので、トップガイドやロッドティップなどをしっかりと保護してくれます。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 TATULA SV TW 103H (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 TATULA SV TW 103H (2020モデル)

最安値価格
¥18,227(Yahoo!)

Amazonへ ¥18,316

楽天市場へ ¥18,409

Yahoo!へ ¥18,227

人気のベイトリール・タトゥーラシリーズに、SVスプールを搭載したモデルです。

ギア比は6.3対1に設定されているので、ハンドル1回転につき63cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

自重は190gと軽めで、最大ドラグ力は5kgです。

ボールベアリングは7個搭載されていて、スムーズな巻き取りを実施可能です。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトで手のひらに包みやすく、安定したキャスティングやフッキングをおこなえます。

キャストフィールは爽快で、TWSによるライン放出は、バックラッシュトラブルをしっかり抑えてくれるでしょう。

巻き心地は軽やかなので、連続してロングキャストを繰り出しながら、岸際カバーなどをトレースしてバスを見つけてください。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

ややラインキャパが少なめなものの、12lbラインを操るならじゅうぶんです。

ブレーキによる失速が早めに発生する特性があるので、ルアーの着水ポイントが手前になることをイメージしてから、キャストするようにしましょう。

とにかく姿勢の低いベイトリールですから、フッキングしやすくて投げ疲れは感じにくいでしょう。

Dゾーンフライ追加カラーバリエーションのの気になる発売日はいつ?

Dゾーンフライ追加カラーバリエーションの気になる発売日は、2022年の1月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,350円です。

しっかりとカバーに接触させつつ、すり抜けてくる際の変化をとらえるようにしましょう。

グッと重く感じたら、バスが食い付いている可能性が高いです。

ロッドテイップを立ててみて、ググッと引っ張り込まれるようなら、フッキング動作へ移行してください。

スピナーベイトの関連記事はこちら

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング