廣岡氏とG-HARD V2 快

この早掛けに死角なし!軽〝快〟手返し高速回転

FISHING JAPAN 編集部

掛かりの早い早掛け系のハリは、競技での勝利や数を追求する人には欠かせない形状。

だが、掛かりが早い分、バレやすかったり、大アユに対応していなかったりする。

そこで早掛けの利点はそのままに、欠点をカバーするハリが誕生した。

その名も「G-HARD V2 快」。

果たして、どんなハリなのだろう。

早掛け鈎の弱点をカバーする長軸×中軸×G-HARD V2

トップトーナメンター廣岡の理想を追求した掛け鈎が『快(かい)』。

G-HARD V2を採用した早掛けタイプの鈎だ。

通常、早掛けというと軸が細く、根掛かりが多くバレやすいという。

掛かりの早さを求めたが故のデメリットが目立つのだが、今回の『快』はひと味違う。

高硬度素材G-HARD V2の特性により鈎先が鈍りにくく、鋭さが長時間持続する。

そのため身切れしやすく強度面に不安が残る細軸ではなく、しっかりした中軸設計でありながらも、細軸と並ぶ掛かりの鋭さを兼ね備えている。

つまり、オールシーズン使える強さを持った早掛け鈎である。

鈎

取材時に見せてもらったプロトの鈎

さらに、根掛かりのリスクを軽減させるため、早掛け性能を損なわないギリギリの角度で鈎先を内側へ向けた。

バレやすいという点も、軸を長く取り、鈎掛かりした後にアユにチモトが当たり、鈎先とチモトの2点、ないし3点でアユをロックするように設計することで、錨がズレずバレにくくできた。

早掛け鈎のデメリットを払拭した新しい早掛け鈎なのだ。

「掛かり激早です!  昔『激早』って掛け鈎があったんですが、これは僕が大好きだった鈎で、『快』はそのコンセプトを受け継いだ G-HARD V2の鈎なんです。軸の長さが水中での錨の安定性と、掛かった後のバレにくさを生み出しているんですよ」

廣岡氏

この鈎を語る際の熱量がすごかったことからも、廣岡の本気がうかがえる

ストレートで刺しやすいG-HARD V2 エースサカサ

廣岡のこだわりは、サカサ鈎にも及ぶ。

『エースサカサ』もG-HARD V2を採用しており、ナノスムースコートを施している。

一日中、鋭さをキープできる素材のため、サカサが刺さらず皮を滑ってストレスになることがない。

セット中の写真

セットした際の錨との距離

セット中の写真

尾びれとの距離を状況に応じて変えるという

「サカサは軸がストレートなものが、糸絡みが少なくて好きです。今回のものもストレートで、鈎先が少し外を向いているので刺しやすいですし、皮打ちもしやすいですよ。あと、すでに廃版ですが、僕が大好きで使っていたサカサ鈎に『こだわりサカサ』と『サカサセブン』があります。廃盤になってからも店を探し回って買ってたんですが、『エースサカサ』は、その2つのいいとこ取りをしたハイブリッドって感じですごく調子がいい。これからは、エースサカサがあるから探し回らなくてすみます」

公式サイトで商品をチェック!

鮎釣り」カテゴリの人気記事

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング