ルアーのアップ写真

G.C.ハススラットに2021年追加カラーが3種類登場!バス攻略用ビッグベイト

FISHING JAPAN 編集部

河川やリザーバーなどでよく見かける在来種のハスを、ルアーデザインのベースにして完成させたのが、一誠のG.C.ハススラットです。

独特のボリューム感や大型リップによるウォブリングアクション、また障害物に接触したときに発生する回避平打ちによって、ビッグバスに口を使わせることができます。

その特徴や使い方について、ご紹介しましょう。

G.C.ハススラットってどんなルアーなの?

G.C.ハススラットとは、村上晴彦さんが主宰する一誠から発売中の、リップ付きビッグベイトのことです。

全長は180mmで、ウエイトは2ozありますから、ロングキャストで広範囲を探るのに向いているでしょう。

フローティング仕様なので、キャストして放置すると、水面に浮き上がります。

そこから水面直下の範囲を出入りさせて、ボディを強くくねらせながら水をかき回してみましょう。

効率よく強めの波動を作り出せるので、広範囲に散っているバスを振り向かせることができます。

頭部アゴ下からは、大型サイズで面積広めのリップが突き出しています。

ここに水流を当てながら、デッドスローリトリーブやスローリトリーブを繰り出すようにしましょう。

いわゆるただ巻きをしっかりキープしつつ、時折制動をかけてポーズさせることで、追従してきたバスをバイトに持ち込めるはずです。

リールハンドルを早めに回転させると、一気にタイブして底へ向かいます。

浅いエリアなら着底に至るので、砂煙や泥が舞い上がるでしょう。

それを発見したバスは、スピードを上げて間合いを詰めてきます。

最終的にバイトさせるには、そのままリトリーブを続けて岩・石・沈木などにリップを当ててください。

バランスを崩して、その場で浮上しようとします。

岩・石・沈木を上手く乗り越えることもあるでしょう。

どちらもバスがG.C.ハススラットに追いつける間を与えてくれますから、ひったくるようなバイトがあれば豪快にフッキングしてください。

G.C.ハススラットのデモンストレーション動画はこちら

G.C.ハススラットの大型リップとテールパーツは交換可能!

G.C.ハススラットの大型リップは、取り外し可能になっています。

カバーやストラクチャーに強めに当てることが多いので、割れたり欠けたりします。

そうなったとき、そのまま使い続けることは困難ですから、新しいリップと交換してください。

最後尾に付いているハードテールも、別売りのテールパーツと交換することができます。

傷んだまま使い続けると、釣果はグンと落ちてしまうので、常にそれぞれのパーツをチェックして、早めの交換に努めてください。

合計3種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

G.C.ハススラットには、全部で3種類のカラーバリエーションが、追加ラインナップされます。

●#04 アユカラー

●#64 ヒウオカラー

●#65 ナイトシャッドゴールドカラー

琵琶湖はもちろん、各地の河川や湖・池などで活躍してくれそうな配色に仕上がっています。

水質の濁りや風・日照などの、さまざまなシチュエーションに合わせて使い分けましょう。

水面にフワフワ浮かしておくだけでも、集魚効果は高いはずです。

リトリーブスピードは、自分で工夫して強弱を付けるようにしてください。

G.C.ハススラットをロングキャストするのにおすすめのロッドを選んでみた!

G.C.ハススラットをロングキャストしてリトリーブするのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ウエイトが2ozもあるので、やや硬めのベリーを持ったブランクスが、扱いやすいでしょう。

ジグロッドのような強めの張りは要りませんから、心地よくしなるものを選んでみました。

ダイワ(DAIWA) ロッド ブラックレーベル SG 632HFB-SB ベイトキャスティングモデル

ダイワ(DAIWA) ロッド ブラックレーベル SG 632HFB-SB ベイトキャスティングモデル

最安値価格
¥30,068(楽天市場)

Amazonへ ¥31,240

楽天市場へ ¥30,068

Yahoo!へ ¥30,068

ブラックレーベルSGシリーズにラインナップされている、ピッグベイト用のベイトロッドです。

全長は1.91mで継数は2本ですから、仕舞寸法は100cmになります。

自重は117gと軽めで、先径/元径は2.3/14.8mmと太目に設計されています。

適合するルアーウエイトは、11gから113gまでなので、G.C.ハススラットを余裕で背負えるようになっています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら14lbから30lbまで。

PEラインなら、最大5号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取ってみると、他のビッグベイト用ベイトロッドより短めで、そのぶん軽い印象です。

ルアーが重いのでロングキャストは繰り出せますし、ピンポイントへのアキュラシーキャストもやりやすいでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

G.C.ハススラット追加カラーの気になる発売日はいつ?

G.C.ハススラット追加カラーの気になる発売日は、2021年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、4,980円です。

強めの接触を繰り返すことになるので、交換用のリップは持参しておいたほうが無難でしょう。

積極的に攻めて、ビッグバスを引き寄せたいものです。

一誠の関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング