ルアーのアップ写真

ワイルドハンチSRに2022年新しいカラーが追加ラインナップ!バス釣り用クランクベイト

FISHING JAPAN 編集部

シャローエリアを効率よくチェックするのに、フローティングタイプのクランクベイトは欠かせません。

エバーグリーンのワイルドハンチSRなら、ロングキャスト+障害物回避能力の高さで、ビッグバスを仕留めてくれるでしょう。

2022年には新しいカラーバリエーションが、追加ラインナップされるとのこと。

いったいどんな配色になっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

ワイルドハンチSRとは

ワイルドハンチSRとは、エバーグリーンからリリースされている、バス釣り用クランクベイトのことです。

サイズ設定は、全長52mmと小振りなひと口サイズで、ウエイトは10.0gもあります。

このウエイトと空力の効いたボディフォルムのおかげで、重心移動システムを搭載していなくても、ロングキャストを可能にしています。

実際にフィールドで投げてみると、パランスを崩して回転してしまうこともなく、飛距離をグングン伸ばせるのを体感できます。

とても安定しているので、正確にピンポイントへ落とすことも、さほど難しくはなくなります。

着水後の泳ぎ出しレスポンスは秀逸で、採用されている3Dハイパーリップデザインによるものでしょう。

障害物と接触したとき、引っ掛からずに上手くすり抜けてくれるので、ルアーをロストした記憶がほとんどありません。

また引っ掛かりがないことで、キャスト数が増し、釣れるバスの数がしっかりとアップしていきます。

ウエイトは、低重心になるように、腹部に接した位置で固定されています。

キレのあるアクションは、このウエイト配置によるバランス取りが絶妙だからでしょう。

あえて障害物に接触させなくても、中層をそのままリトリーブさせているだけで釣れることがあります。

やはりこのキレのあるアクションが、バスをきっちり引き寄せている証しではないでしょうか。

ワイルドハンチSRのプロモーション動画はこちら

ワイルドハンチSRの2つのトレブルフックに注目!

ワイルドハンチSRのフックに注目してください。

お腹側に装着されているトレブルフックが7番と小さく、最後尾のトレブルフックが5番と大きくなっています。

こうすることで、お腹側のトレブルフックが強く左右に振られなくなり、掛かったバスをバラしてしまうトラブルを未然に防いでいます。

最後尾に5番のトレブルフックがあることで、大型サイズのバスが掛かった場合にバレにくく、ランディングしやすいメリットも生まれています。

障害物にリップが接触したとき、リールハンドルを回すのを一瞬止めて、ルアーを浮かせるようにすれば、より一層根掛かりは防げるでしょう。

追加カラーバリエーションは合計2種類!

ワイルドハンチSRの2022年追加カラーは、全部で2種類用意されています。

●#381ブリーディングサンフィッシュカラー

●#384マッディブルカラー

どちらも個性的で、エバーグリーンらしい配色に仕上がっています。

水深90cmから100cmの辺りをトレースすることになるので、太陽光の影響はじゅうぶん受けるでしょう。

そのシチュエーションの中で、しっかりと存在感をアピールしつつ、連続キャストを繰り出してもスレにくそうなカラーの印象です。

ワイルドハンチSRをロングキャストして操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

それではワイルドハンチSRをロングキャストしてバスを探し出すのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

障害物に掴まったとしても、ブランクスの適度な張りで引き離せるものなら、とても扱いやすいです。

積極的にキャストを繰り返しながら、引っ掛かりを抑えるには、このロッドがいいかもしれません。

テイルウォーク(tailwalk) FULLRANGE C68M/CC 15676

テイルウォーク(tailwalk) FULLRANGE C68M/CC 15676

最安値価格
¥15,600(amazon)

Amazonへ ¥15,600

楽天市場へ ¥15,839

Yahoo!へ 取扱なし

テイルウォークからリリースされている、センターカット2ピースタイプのベイトロッドです。

全長は6.8ftもあるので、軽くサイドハンドキャストするだけで、ルアーは飛距離を伸ばしてくれます。

仕舞寸法は105.5cmなので、釣り場へ持ち運びするのがとても便利です。

自重は120gとやや軽めで、先径1.9mm・元径10.2mmとなっています。

適合するルアーウエイトは、3/16ozから3/4ozまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから20lbまでです。

実際に手に取って振ってみると、ジョイント部分は安定していて異音も無く、連続キャストにしっかり耐えてくれる印象です。

ブランクスは、美しいベンディングカーブを描いてくれるので、バスが掛かってからもバラシを心配することなく、引き寄せることができるでしょう。

テイルウォークのフルレンジシリーズは、コスメがシンプルで、どんなリールでもマッチさせやすいメリットを持っています。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

ワイルドハンチSR追加カラーの気になる発売日はいつ?

ワイルドハンチSR追加カラーの気になる発売日は、2022年の1月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,500円です。

毎年3月にはシャローエリアでバスの姿を見かけるので、2月ぐらいから実戦投入してみましょう!

クランクベイトの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング