ルアーのアップ写真

定番のネイティブトラウトルアー・ドクターミノー2に2022年新しい3機種が追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

とにかくさまざまな釣り場・シチュエーションで使うことの多いミノーは、ネイティブトラウトゲームで欠かせない存在です。

特にダイワのドクターミノー2は、ヘビーユーザーがたくさん居て、フィールドで大活躍してくれます。

2022年には、FS=ファーストシンキングモデルが追加ラインナップの予定。

ますます使用頻度が、上がることになるでしょう。

ドクターミノー2とは

ドクターミノー2とは、ダイワからリリースされている、オーソドックスなシェイプ+ボリューム+スイムバランスを持ったミノーのことです。

既存の機種には、フローティング仕様とシンキング仕様の2種類が用意されていて、瀬・トロ場・カバー周りなどのさまざまなシチュエーションを、果敢に攻めることができるようになっています。

サイズ設定は、全長42mm・50mm・70mmの中から選ぶことが可能です。

2022年には、これらに加えて、FS=ファーストシンキングモデルが追加ラインナップされることになりました。

ウエイトは、42mmなら3.5g、50mmなら4.0g、70mmなら7.2gと、それぞれかなり重い設定です。

元々ウォブリングアクションは大き目で、トゥイッチからのダートスライド幅にもメリハリのあるミノーでしたから、ウエイトアップにより急流の中でのレスポンスが上がるでしょう。

当然飛距離も効果的に伸びるので、狙いたいピンポイントへ弾道低く滑り込ませることができるはずです。

底取りにかかる時間も短縮できますから、手返しのテンポよく広範囲をチェックしてみましょう。

ドクターミノー2が持つヒラ打ちアクションは、ロッドワークの強弱によってアピール度を変えることができます。

ウエイトが増すことで、そのヒラ打ちの質も変わるでしょう。

既存のフローティング仕様・シンキング仕様モデルと上手くローテーションしながら、ネイティブトラウトのイワナ・ヤマメ・アマゴに口を使わせたいものです。

またルアーのウエイトが増せば、流行りのベイトタックルでキャスト&リトリーブすることが、カンタンになります。

バックラッシュトラブルを抑えられますから、意図したピンポイント目掛けて、どんどんアプローチを繰り出せるでしょう。

着水後が沈むのは早くなりますが、クラッチをつないでからロッドティップを少し上げる習慣をつければ、ルアーの動き出しのきっかけを作りやすいです。

その際、ロッドティップに振動を感じる程度に持ち上げてみてください。

底まで落としてからリトリーブする方法もありますが、底にどんな障害物が横たわっているか分からないポイントでは、引っ掛かりリスクが大きくなります。

フックの付いていないスプーンルアーなどを先にキャストして、沈んだ障害物の有無や規模を確認してから、ドクターミノー2を投入しましょう。

ドクターミノー2の実釣インプレチェック!

ドクターミノー2の既存機種を、実際にフィールドでキャストしてみました。

飛距離はしっかりと伸びるように設定されていて、着水してからの動き出しは早め。

ゆっくりリトリーブを開始すると、大きくて強いウォブリングアクションを発生させます。

側面のフラットな形状が、フラッシング効果と水押し効果を高めているので、集魚力はじゅうぶんに持っています。

ややヘッドの下がったスイミング姿勢から、テール部分が水流に押されて下がっていく感じがあります。

常に背中で水を切って攪拌しているような、独特の巻き取り感覚が得られるでしょう。

同系カラーでウエイトのローテーションを実践してみよう!

ドクターミノー2には、合計12種類のカラーバリエーションが用意されています。

追加ラインナップされるファーストシンキングモデル専用のカラーはありませんから、既存の機種と同系カラーでウエイトのローテーションを実践できることに。

急流対策や深場のトレースなど、釣り場のシチュエーションに合わせてさまざまな対応が可能になるでしょう。

バッチリハマるウエイトを見つけ出すことができたら、その日の釣りがとても楽しいものになるはずです。

底や障害物との干渉・接触で、リップやフックポイントが傷むことがあるので、常にチェックするように心がけたいものです。

ドクターミノー2の水中スイミングシーンを収めた動画はこちら

ドクターミノー2をキャストするのにおすすめのロッドを選んでみた!

ドクターミノー2をキャスト&リトリーブするのに適している、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

まずは、ロッドから。

フローティング・シンキング・ファーストシンキングといった、全てのウエイトを操れるブランクスが理想的です。

渓流域ならあまり長くないほうが、取り回しの良さを発揮し、好釣果をもたらしてくれるでしょう。

ダイワ(DAIWA) ネイティブトラウトロッド シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 56L 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ネイティブトラウトロッド シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 56L 釣り竿

最安値価格
¥27,152(amazon)

Amazonへ ¥27,152

楽天市場へ ¥28,160

Yahoo!へ ¥28,160

人気のネイティブトラウトゲーム用スピニングロッドです。

6ftを下回るブランクスの長さなので、渓流域から里川に至るまで、オールラウンドに使える汎用性の高さを持っています。

全長は1.68mで継数は2本、仕舞寸法は87cmと短めですから、フィールドへの持ち込みは楽でしょう。

自重は90gと軽めで、先径/元径は1.6/7.4mmと細めに仕上がっています。

適合するルアーウエイトは、2gから10gまでで、ドクターミノー2全ウエイトをカバー可能です。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから6lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取ってみると、しっかりとした張りのあるブランクスで、スナップを利かした振り幅の少ないキャスティングにも、じゅうぶん対応できる印象です。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S (2020モデル)

最安値価格
¥26,234(amazon)

Amazonへ ¥26,234

楽天市場へ ¥27,280

Yahoo!へ ¥27,033

軽量スピニングリールのルビアスシリーズから、2000番のノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比5.1対1なので、ハンドル1巻きで67cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

自重はなんと150gしかありませんから、かなり軽く感じるでしょう。

最大ドラグ力は5.0kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら3lbを150m、PEラインなら0.4号を200m巻けます。

ボールベアリングは9個搭載しています。

実際に手にしてみると、とても軽やかな巻き心地で、ローター回転の追従も滑らかになっています。

何より超軽量ですから、手首やヒジなどへの負担が低く、集中力の持続にプラスに働くでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ハンドルノブはつまみやすくて滑りにくく、安定したステディリトリーブを実践することが可能です。

カバーに接触することを想定して、ショックリーダーラインを太目にしたPEラインでも、キャストフィールは良好でトラブルレスでした。

長く使い続けたくなる、おすすめのスピニングリールといえそうです。

ドクターミノー2追加機種の気になる発売日はいつ?

ドクターミノー2追加機種の気になる発売日は、2022年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、780円です。

とてもコスパ優秀な価格設定なので、各ウエイト・各カラーを揃えてフィールドに出かけたくなります。

渓流域では、先行するアングラーに遭遇したらきちんとコミュニケーションを取り、追い抜かすようなマナー違反はしないように心がけてください。

また天気の変動が急ですから、レインウエアなどの準備も忘れないようにしましょう。

トラウトの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング