魚とロッドのアップ写真

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーに2022年追加モデル・51LB登場

FISHING JAPAN 編集部

源流や渓流・中流エリアに潜んでいるイワナ・ヤマメ・アマゴなどをターゲットにしたロッドシリーズ、シルバークリーク ストリームトゥイッチャー。

ダイワが誇るネイティブトラウトロッドに、2022年新しいモデルが追加ラインナップされます。

カーボン素材・HVFにX45で補強している定番の扱いやすさが、アングラーに積極性とピンポイントを攻めるアキュラシー精度を与えてくれるアイテムです。

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーとは

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーとは、ダイワからリリースされている、ネイティブトラウトゲームを楽しむためのロッドシリーズのことです。

ピンポイントを正確ら狙い撃つキャスティング性能に秀でていて、流行りのシンキングミノーを中心に積極的にアクションさせながら、トラウトを誘うことができるようになっています。

2022年に追加リリースされるのは、型式・51LBのベイトロッドです。

全長は1.55mと、取り回ししやすいショートレングスに設定されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は80cmにまで縮まりますから、渓流の岸辺に到達するまでヤブコギなどを楽にクリアできるでしょう。

ウエイトは79gと、軽めに作られているので、長い時間キャストを繰り返しても、さほど疲れずに済むはずです。

先径/元径は、1.7/6.9mmと細め。

適合するルアーウエイトは、2gから10gまでと、許容範囲が広く取られているのが特徴的です。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから6lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96%になっています・

メーカー希望販売価格は、33,500円です。

追加モデル・51LBの使いどころは、源流域や渓流域では、岸際などのピンポイントを狙い撃ちたいとき。

オープンスペースのある中流域では、ロングキャストを繰り出すことも可能でしょう。

5g前後のシンキングミノーをピンポイントにアプローチして、機敏なウォブリングアクションで魚を誘い出したいものです。

バックラッシュトラブルが発生しないように、ショートディスタンスのアプローチではロッドを振り過ぎないようにしましょう。

脇を締めて、自分の前で全てのスイングを完結させるイメージで扱うのがベターです。

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーのガイドシステムに注目!

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーシリーズには、全てのガイドに軽くて耐久性のある、チタンフレーム+SiCリングを装備しています。

スピニングロッドにはKガイドが、ベイトロッドにはLRVガイドが搭載されています。

ナイロンやフロロカーボンといったモノフィラメントラインを操作しやすく、絡まりにくいことでキャストにテンポが生まれます。

また伸びのほとんどないPEラインにも対応しているので、さまざまなアプローチを試せるのが大きなメリットです。

ガイドサイズは大口径化されているので、キャストの際の糸抜けがスムーズ。

これにより軽いルアーをストレスなくピンポイントへ、帝位に届けることができるようになっています。

ベイトロッドモデルにはショートトリガーを搭載!

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーのベイトロッドモデルには、新しい形状のショートトリガータイプを開発・搭載しています。

トリガーサイズを短くすることで、手首のスナップを利かした自在なキャスティングを実践しやすくなっています。

最近のアングラーは、ベイトフィネスタックルで渓流に臨むケースが増えているので、この仕様はありがたいです。

トリガーシートの部分は、1本1本異なる柄の天然木スペーサーを採用しています。

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーのデモンストレーション動画はこちら

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーのベイトモデルにマッチするおすすめリールを選んでみた!

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーのベイトモデルにマッチしそうなスペックの、おすすめベイトリールを取り上げてみましょう。

2022年には、シルバークリークシリーズのベイトリールが新登場する予定ですが、それ以外なら既存モデルのバス釣り用リールがマッチするでしょう。

ライトラインを丁寧に操れる、コンパクトでスプールレスポンスの良いものを選んでみました。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 アルファス AIR TW 8.6R (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 アルファス AIR TW 8.6R (2020モデル)

最安値価格
¥28,100(Yahoo!)

Amazonへ ¥28,900

楽天市場へ ¥31,543

Yahoo!へ ¥28,100

ベイトフィネスリールとして人気の高い、アルファスAIRシリーズです。

ギア比は8.6対1ですが、2021年の12月には、7.1対1モデルも追加ラインナップされます。

自重は160gと軽く、最大ドラグ力は3.5kgに設定されています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら6lbを45m巻けます。

スプール径が28mmとコンパクトなので、回転レスポンスかとても良好なのが特徴的です。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な設定になっています。

シルバークリーク ストリームトゥイッチャー追加モデルの気になる発売日はいつ?

シルバークリーク ストリームトゥイッチャー追加モデル・51LBの気になる発売日は、2022年の2月を予定しています。

渓流の解禁日には、このロッドを手にしてフィールドに向かいたいものです。

トラウトの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング