釣行の写真

【船釣りマガジン】定番のコマセ釣りで良型青物をゲット!コマセ釣りのワラサ入門

隔週刊つり情報編集部

ワラサとは標準和名ブリの若魚を指す関東での地域名。ワラサはブリの一歩手前、重さについては3~5kg級といったところ。

その魅力はなんと言っても青物ならではの引きの強さで、想像を超えるパワーに未経験者は驚くはず。

数ある青物の中でもコマセ釣りで狙うワラサは比較的釣り方が簡単で、初挑戦でも釣れる確率が高い。

よ~しワラサを釣ってやろうじゃない、私と同じく釣ったことのない皆さん!

まずはどこで釣れているのか、チェックしてみよう。

11月下旬、コマセ釣りでワラサが上がっているのは内房の保田~富浦沖、三浦半島城ケ島沖、東伊豆の初島周り、南伊豆の白浜沖など。

初島周りはピークを過ぎ、内房と南伊豆はマダイとの両狙い。

よって、ワラサを専門に狙うのであれば、現況では三浦半島城ケ島沖だろう。

剣崎間口&松輪港を始めとしたワラサ狙いで出ている各船宿では、日によりムラはあるものの3~4kg級主体に平均2~3本、いい日はトップ10本以上の釣れっぷりが続いている。
 
11月13日に取材した剣崎松輪港の成銀丸では、城ケ島沖の水深50~60m前後で朝から釣れ始め、船中ほとんどの方が3~4kg級のワラサを釣り上げた。

当日の模様は後述するが、山田真成船長に教わったとおりに釣ることで私も初めてのワラサをキャッチできた。

今回はビギナーの私が船長に教わったワラサを釣るための必要なタックルや仕掛け、押さえておきたい釣り方をまとめて紹介したい。

目次

  • パワーのあるタックルを使いドラグ調整も忘れずに!
  • 基本はハリス8号6m。太さや長さは替えてもいいの?
  • コマセカゴはLサイズが基準コマセはドバッとまく
  • 付けエサはオキアミ1匹掛け。イカタンの使いどころとは?
  • 船長の指示ダナは厳守!仕掛けの入れ直しは3分
  • 慌てず焦らずスイッチオン!
  • ワラサに気づいてもらえ!「目立つが勝ち」のイカタンサンド
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング