魚の写真

【船釣りマガジン】純和風といえる青物の横綱・鰤を知る

隔週刊つり情報編集部

ブリはスズキ目アジ科ブリ属の魚。

同属のヒラマサ、カンパチとともに青物ご三家として、数ある青物の中で頂点に君臨している。

均整のとれた体型と精悍な顔つき、パワーとスピードを兼ね備えた申し分のないファイト、そして食通をも唸らせる抜群の食味。

釣りのターゲットとしては、いずれ劣らぬ超スーパースターである。

見た目もよく似た3種だが、カンパチやヒラマサが世界中の温帯から亜熱帯域に分布するのに比べ、ブリは沖縄を除く日本各地と朝鮮半島にしかいない。

ほぼ日本特産といっていいほど純和風の魚なのだ。

成長とともに呼び名が変わる出世魚として知られ、関東では20㎝前後をワカシ(1㎏未満)、30㎝前後をイナダ(1~2㎏)、60㎝前後をワラサ(3~6㎏)、80㎝を超えるとブリ(7㎏以上)と呼び、関西では同様にツバス→ハマチ→メジロ→ブリと変わり、最大で20㎏になる。

この2通りが主流だが、地方によってそれぞれ独自の呼称があるので、ブリの地方名は全部で100種類近くになるという。

産卵期は冬の終わりから晩春にかけて。

主に九州や四国の沖で産み出された卵は2日ほどで孵化する。

最初は海面近くをバラバラに泳いでいるが、1㎝くらいに成長すると海面に漂うホンダワラなどの海藻の下に集合し、ここを生活の場とするようになる。

モジャコと呼ばれるこの稚魚は、黄色の地に赤褐色の横縞が10本ほど走り、親とはずいぶん見た目が異なる。

目次

  • 3年で60㎝に成長
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング