釣行の写真

【船釣りマガジン】アカムツ釣るなら一度はおいで!茨城県平潟出船は年内有望

隔週刊つり情報編集部

茨城県平潟港発→いわき沖・デカッ!これぞ北茨城サイズ・一足のばしてアカムツの穴場へ

茨城のアカムツ釣り場といえば県南部のカンネコ根がメッカとして知られているが、人気に押し上げられていくように釣り場も開拓され、県中部の日立や県最北の平潟からもアカムツ狙いの乗合船が続ぞくスタート。

茨城全域に広がるその人気ぶりは県魚でもあるヒラメに勝る勢いである。
 
10月25日、茨城県最北部の平潟港、第15隆栄丸の船着き場には17名が集合。

各自手指消毒、検温が行われた後に乗船開始。

準備が整い、4時半に出船となった。

同船が狙うアカムツの釣り場は、南は高萩沖から北は福島県いわき沖にかけての範囲。

当日はここ数日釣況が安定しているいわき沖方面に進路を取った。

航行することおよそ1時間20分で釣り場に到着。

周囲には同じ平潟をはじめ小名浜港などの僚船がすでに操業を開始している。

水深は130m前後。

魚探に映し出される海底はほぼフラットだが、所どころにツブ根が点在するような地形であるようだ。

6時、「はい、やっていいよ」

ブザーに続くアナウンスでトレジャーハンティングがスタート。

オモリが着底。

糸フケを巻き取り、竿を立てるとズボッと底からオモリが抜ける感触。

泥質の海底のようだ。

アタリはすぐにほぼ全員に到来。

といってもビリビリビリと震えるような引き込み。

サバの洗礼に早くもオマツリ騒ぎの船上と化す。

サバはスリムボディの30㎝サイズが多いが、中にはおいしそうな40㎝超のグラマー魚体も。

これは絶対にお持ち帰りしなければ損をする代物だ。

目次

  • 茨城県平潟港発→いわき沖・デカッ!これぞ北茨城サイズ・一足のばしてアカムツの穴場へ
  • 女性が船中1尾目
  • 夜光バリが効く!?
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング