ルアーのアップ写真

人気のモアザン スライ95F/110Fに2022年新しいカラーが追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

東京湾をベースに刺激的なシーバスゲームスタイルを発信している、大野ゆうきさん。

彼が監修したダイワのモアザン スライ95F/110Fに、2022年新しいカラーが追加ラインナップされます。

特徴や使い方、追加カラーの中身を詳しくご紹介しましょう。

モアザン スライ95F/110Fとは

モアザン スライ95F/110Fとは、ダイワから発売中のシーバスゲーム用フローティングミノーのことです。

リップは、あるかないかの極小な突起ですが、独特の引き波を発生させながら、表層から水面直下をトレースさせることができます。

サイズ設定は2種類用意されていて、95Fが、全長95mm・ウエイト6.8gです。

実際にキャストしてみると、重心移動システムを搭載しているのでよく飛びます。

着水音は静かで、引き波も穏やか。

ただし、しっかりとV字型に引いてくるので、広範囲からシーバスを呼び込むことができます。

110Fは、全長110mmでウエイト14.2g。

飛距離はさらに伸び、発生する引き波もやや高めで安定したV字を描いてくれます。

ショックリーダーラインにフロロカーボン素材のものを使うと、やや水没するようにしてボディを揺らします。

これが誘いとなり、追従してきたシーバスをバイトに呼び込む効果があるように感じます。

チェックできる範囲は、ウエイトのある110Fのほうが広めで、その分バイトも多いでしょう。

出来る限りスローにリトリーブすると、背中を水面に時折出しながらのロールスイミングになり、これも絶妙にシーバスの食い気を高めてくれます。

派手なアクションを求めるなら、ロッドティップを下向きにして、強めのジャークを入れてみてください。

凹んだ口部分に正面からの水流が当たって、前方から横方向に対して水飛沫を撒き散らすことができます。

ただし、強めのジャークのせいで、水飛沫の中を通り過ぎてしまうことがあり、シーバスが水飛沫に食い付いて、ルアーはその前方に浮いていることが。

こういう場合もスローリトリーブを心がけるようにして、シーバスに再度のバイトを誘いかけるようにしましょう。

放置して浮かしたままにしておいても、バイトしてくる確率は低いでしょう。

ダーター+食わせ要素の強いモアザン スライ95F/110F!

モアザン スライシリーズは、ミノーのカテゴリーに属していますが、オールドルアーのダーターの要素を多分に含んでいます。

アメリカンルアーのヘドン・ラッキー13が持つコンセプトに似ていて、丁寧なただ巻きによるV字型の引き波が、多くの魚を振り向かせます。

ただし、ラッキー13と違うのは、細身ボディによる食わせのチカラが、とても強いところでしょうか。

安定した釣果を得るには、ひたすらただ巻きし、シーバスが近寄ってきてもそのままただ巻き!が効果的です。

そういう意味では、完成度の高いルアーだといえるでしょう。

合計6種類の追加カラーバリエーションから選択可能!

モアザン スライ95F/110Fに追加されるカラーバリエーションは、全部で6種類です。

派手で集魚効果の高いものから、リアルフィニッシュのものまで揃っています。

●アデルトロピカルフラッシュカラー

●アデルブラックファイヤーカラー

●ゴールデンボラグローカラー

●不夜城炎上カラー

●メロンソーダクリームカラー

●バーニングゴールドイワシカラー

メロンソーダクリームカラーは、95Fにのみ設定される追加カラーです。

バーニングゴールドイワシカラーは、110Fにのみ設定される追加カラーです。

モアザン スライ110Fのデモンストレーション動画はこちら

モアザン スライ95F/110Fをキャストするのにマッチするおすすめタックルを選んでみた!

モアザン スライ95F/110Fをキャストしてリトリーブするのに適している、おすすめタックルを取り上げてみましょう。

まずロッドは、スピニングロッドで飛距離を伸ばすようにします。

硬めのブランクスよりも、胴に乗って送り出せるような味付けのほうが、キャストしやすいでしょう。

カバーやストラクチャーに対して、正確に撃ち込んでいくなら、こちらはいかがでしょうか?

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド リバティークラブシーバス 90L 釣り竿

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド リバティークラブシーバス 90L 釣り竿

最安値価格
¥8,380(楽天市場)

Amazonへ ¥8,485

楽天市場へ ¥8,380

Yahoo!へ ¥8,530

コスパ優秀なリバティークラブシリーズの、シーバスゲーム用スピニングロッドです。

全長は2.74mと取り回ししやすい長さになっていて、Lパワーのブランクスに仕上がっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法が142cmです。

標準自重は155gですから、あまり重くはなく、振り抜けも良好でしょう。

先径は1.6mmで、元径は13.0mmと細めです。

適合するルアーウエイトは、5gから28gなので、モアザン スライ95F/110Fをどちらもキャスト可能になっています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから12lbまでです。

実際に手に取ってみると、グリップ周りが細身で握り込みやすく、安定したキャストを繰り出せる印象です。

ガイドにラインが絡まりにくく、狙ったピンポイントにルアーを送り込みやすいでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は68%ですから、グラスコンポジットロッドとして扱う方が、キャストしやすくなります。

よく曲がり込んで、シーバスのバイトも弾きにくく作られています。

実売価格は8千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

街中を流れる中規模河川や水路で操るのに、とてもマッチしたロッドといえそうです。

人通りの多い釣り場では、バックスイングを取る際に、必ず後方確認してからスイングに入りましょう。

ルアーに付いているトレブルフックは鋭くて危険なので、事故を未然に防ぐ意味でもじゅうぶんに注意してください。

また橋げた目掛けてキャストするのも、ラインブレイクしたときのことを考慮して、おこなわないようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT3000-CXH

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT3000-CXH

最安値価格
¥16,767(amazon)

Amazonへ ¥16,767

楽天市場へ ¥18,238

Yahoo!へ ¥16,951

2021年にリニューアルされたスピニングリール・カルディアシリーズの3000番です。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1巻きにつき93cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は、なんと10.0kgもあります。

自重は205gと軽めで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら8lbを150m巻けます。

PEラインなら、1.2号を190m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に釣り場で使ってみると、3000番とは思えないほどの軽さで、剛性感も高い印象です。

大型のシーバスが掛かっても、しっかりと耐えながら引き寄せることができました。

モノコックボデイによるたわみや歪みの無さが、確かな巻き心地をキープしてくれるからでしょう。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

ハンドル回転の安定は、ローター回転の滑らかさにもつながっていて、テンポよくラインを巻き取れます。

ラインローラー周りにPEラインのくずが付着した場合は、帰宅後しっかり洗浄して、取り除いておくようにしましょう。

モアザン スライ95F/110F追加カラーの気になる発売日はいつ?

モアザン スライ95F/110F追加カラーの気になる発売日は、2022年の1月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,350円から1,650円です。

95Fと110Fを使い分けながら、ハイプレッシャーのかかったエリアのシーバスを、バイトに持ち込んでみましょう。

追加カラーも活躍してくれるはずですし、安定したリトリーブによる引き波が、大物を引き寄せてくれるかもしれません。

丁寧にキャストを重ねながら、ショートバイトも取り逃さないようにしたいものです。

モアザンの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

モアザン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング