釣行の写真

【船釣りマガジン】【アオリイカ】墨を浴びても笑顔の1杯。シャクってドン!を味わおう

隔週刊つり情報編集部

10月28日、餌木シャクリのアオリイカ乗合をスタートさせた相模湾腰越港の蒼信丸へ乗り込むと平日にもかかわらず定員14名の満船。

本来は20名くらい乗船できる大型船だがコロナ対策で定員を減らしており、ゆったりした釣り座で安心して楽しめる。

ともあれ、満船は釣れている証。

関塚船長も「真沖から平塚沖にかけての水深20~40mを転々とリサーチしてますが、昨シーズンよりはイカが多い感触です」と言う。

朝一番のポイントは腰越沖。

指示ダナは海底の起伏に合わせて少しずつ変わるものの、おおむね海面から25m前後といったところだ。

さほど経験がなくても、タナに合わせて根気よくシャクればアオリが乗ってくる餌木シャクリは、幅広い世代に人気がある。

当日も20~30代の若者、40~50代のご夫婦、シルバー世代まで多様な顔ぶれで賑わい、さっそく数名のロッドが弧を描いた。

上がってきたアオリイカのサイズは400~700g。

乗った餌木のカラーをチェックするとピンク系が多い。

数名のベテランさんが言うには、「食い気がある朝はピンク系の派手な餌木がいいね。

日が高くなって乗りが渋くなると、茶色や紫色の地味なカラーのほうがポツポツと拾えるかな」

そんな餌木カラーの傾向を教えてくれた一人が左舷トモの須田さん。

前ページで紹介したバーチカル・ティップランの使い手だ。

朝の1時間で3杯を釣り上げた餌木もピンク色で、腹色はマーブルだった。

目次

  • 流し始めがチャンス
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング