ルアーのアップ写真

大人気のトップウォータープラグ・フカベイトに2021年新しいカラーが追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

独特のアクションでスレたビッグバスも引き寄せてしまう、ノリーズのトップウォータープラグ・フカベイトに、2021年新しいカラーが追加ラインナップされます。

全長122mmと大き目のボリュームで、水面に波を立て続けるフカベイトの特徴や使い方について、深掘りしてみましょう。

キャスティングゲームを展開するのに適した、おすすめのタックルも取り上げます。

フカベイトとは

フカベイトとは、プロフィッシャーマンである田辺哲男さんが主宰するノリーズから発売中の、トップウォータープラグのことです。

主にバス釣り用として開発されていて、ボディ素材には樹脂ではなくウッドが採用されています。

強い浮力と水を押すチカラは、ウッド素材ならではということでしょうか。

全長は122mmとやや大き目で、ウエイトは35g前後に設定されています。

ボディの腹部に注目してみると、ベリーフックアイの後ろ側でリアフックアイに至るまでの間に、大きな専用ブレードがぶら下がっています。

名称は、フカフカシステムのフカブレード。

コロラドタイプの形状をしていますが、プレスが掛かっていて独特のカップ状になっています。

しかもルアーを水面でリトリーブしても、このフカブレードは回転しません。

左右に大きく振られるだけで、その動きによりボディを水中に引っ張り込もうとし、浮力に巻けてフカブレードのほうが引っ張り上げられる状態を作り出します。

その際に発生するタテ揺れが、フカベイトの周囲へしっかりと伝わっていくのです。

気づいたバスは、一気に距離を詰めてフカベイトを凝視。

そこまでなら他のトップウォータープラグでもありがちな展開なのですが、なんと軽く吸い込みバイトをして、口を使ってくる確率がかなり高いです。

独特の波動とボディによる水押し、その他の要素が相まって、バスの警戒心を解き放ってしまうのでしょうか。

実際にフィールドでリアルブラックカラーをキャストしてみました。

35gもあるので、飛距離はよく伸びます。

着水後、ゆっくりとロッドを立ててラインスラックを消します。

それだけでフカベイトは前進、あの独特の引き波を発生させています。

リールハンドルを回して、リトリーブを開始。

まるでボディで水面を押しているかのようなタテ揺れを起こし、自ら起こした波に乗っていく印象を受けます。

そのままただ巻きを続けていると、すでに背後に魚影が。

大型のバスがロックオンしていて、追従を開始していました。

タテ波動I字系のフカベイト!

ノリーズはフカベイトのカテゴリーを、タテ波動I字系であるとしています。

ちょっと分かりにくいのですが、要するにI字で引っ張っている最中にも、しっかりとタテ方向に波を起こしているということでしょうか。

それがバスを直撃して、カンタンにベリーフックを噛んできました。

良い位置にフックが配置されているおかげで、ほとんどのバイトをフッキングに持ち込むことができます。

フックの刺さりもよく、バラシが抑えられているのもありがたいところです。

合計3種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

フカベイトには、2021年に新しいカラーバリエーションが追加されます。

●631ヨーロピアンメタリックカラー

●632パープルダルメシアンカラー

●633アマゾングリーン・ブラックベリーカラー

どれも個性的で、水中からルアーを見上げるバスの気持ちを鷲掴みしてくれそうです。

複数個入手することができたら、カラーローテーションしてみたい気はありますが、なかなか手に入らない状態が続いています。

新しいカラーも、大変な人気となるのは間違いないでしょう。

フカベイトをキャストしてリトリーブするのにおすすめのタックルを選んでみた!

フカベイトをロングキャストしてスローリトリーブで誘うのに適した、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

ロッドは、35gのウエイトに耐えられるベイトロッドを選んでみました。

ノリーズからはロードランナーシリーズのロッド群がリリースされていますが、あえて別メーカーのものを取り上げます。

シマノ(SHIMANO) トラベルロッド スコーピオン ベイトキャスティングモデル ワン&ハーフ2ピース 1653RS-2 パワースペック シーバス ビッグベイト

シマノ(SHIMANO) トラベルロッド スコーピオン ベイトキャスティングモデル ワン&ハーフ2ピース 1653RS-2 パワースペック シーバス ビッグベイト

最安値価格
¥24,591(楽天市場)

Amazonへ ¥25,106

楽天市場へ ¥24,591

シマノからリリースされているスコーピオンシリーズのベイトロッドです。

全長は1.98mと、2mを下回っているので、使い勝手の良さが光る1本といえるでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法は130.0cmです。

とても持ち歩きやすい長さに縮まりますから、クルマに積み込むのも楽になります。

自重は132gで、先径は1.9mmと太目です。

適合するルアーウェイトは、10gから40gまでなので、フカベイトをロングキャストするのに向いています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら14lbから30lbまで。

グリップの長さは258mmで、ブランクスのカーボン含有率は98.9%です。

実際に使ってみたところ、ブランクスに張りはあるものの、キレイにベントカーブを描いてくれる印象です。

フカベイトのウエイトをしっかり受け止めて、しなりの復元で遠くへ飛ばせる感じでしょうか。

バスがバイトしてきた瞬間、ロッドティップが入り込んでバラシを抑えてくれるのも秀逸です。

手首を柔軟に使いながら。ロッドが追従できない領域をカバーしつつ、使いこなしてみましょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ガイド径が大きいので、太いラインが使いやすいのもメリットのひとつでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス カルカッタコンクエスト 2021 100 RIGHT バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス カルカッタコンクエスト 2021 100 RIGHT バス釣り

最安値価格
¥43,611(楽天市場)

Amazonへ ¥44,123

楽天市場へ ¥43,611

同じくシマノから2021年にリリースされた、丸型のベイトリールです。

剛性・耐久性が高く、巻き心地が滑らかでスムーズなのが特徴で、キャストフィールも安定しています。

ギア比は5.6対1に設定されているので、ハンドル1巻きにつき58cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

いわゆるハイギアモデルではなく、ローギアモデルとして作られています。

スローリトリーブで誘いをかけたいときに、速く巻き取り過ぎない妙味を得られるでしょう。

最大ドラグ力は4.5kgで、自重は220gと軽めです。

スプール寸法は、直径が33mmで幅が19mmになっています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリング数は13個と多めです。

実際に使ってみると、丸型にしては姿勢が低くコンパクトに作られている印象です。

パーミングしやすく、その分フッキングも決まりやすいでしょう。

巻き心地はとても滑らかで、いつまでもリトリーブを続けられる感覚になりそうです。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格に設定されています。

長く使い続けることができるので、巻き物を極めたい人におすすめの1台です。

ラインキャパがやや少なめですから、もっとたくさん太いラインを巻きたいなら、カルカッタコンクエストの200番や300番を検討してみるといいでしょう。

意外と凹み角の多いデザインなので、放置すると汚れが溜まってしまいます。

定期的に拭き取りメンテナンスを実施して、常に良好な状態を保つようにしたいものです。

フカベイト追加カラーの気になる発売日はいつ?

フカベイト追加カラーの気になる発売日は、2021年の12月下旬を予定しています。

メーカー希望販売価格は、6,800円です。

よく釣れるトップウォータープラグとして、とても人気なので、入手するのは困難かもしれません。

うまく発売日に遭遇できたら、ぜひ釣具店で手に取って購入を検討してください。

バス釣りの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング