釣行の写真

【船釣りマガジン】湾奥出船のカワハギ乗合盛況!竹岡沖のベストシーズンは目前!

隔週刊つり情報編集部

食欲の秋は、うまい食材が豊富にそろう。

私にとって、カワハギがそのひとつだ。

パンパンに膨れ上がったキモを裏ごししてしょう油と混ぜる。

そのキモしょう油を付けるというより、乗せて食べるカワハギの刺身は、まさに絶品だ。

季節を問わず釣れる釣り物ではあるが、そんな理由から、カワハギの旬は秋と言ってもいいだろう。
 
10月19日の日曜日。

東京湾奥、荒川に架かる葛西橋のたもとにある第二泉水のカワハギ船を取材した。

黒澤正敏船長は、7時5分に桟橋から船を離すと、一路竹岡沖へと向かった。

約90分後、船がスローダウンする。私を除く17名がハリにアサリを付け、そのときを待つ。

そして6分後、船長が開始をアナウンスした。

「はい、どうぞ。やってみてください。水深は16mです」
 
25号のオモリはすぐ着底する。

ジッとアタリを待つ人、聞き合わせては下ろす人、竿先を海面まで下げては戻す人、タタキを入れる人。

誘い方は様ざまだ。

開始から約15分後、最初に右ミヨシの中原彰太郎さんが合わせてリールを巻き始めた。

竿先がたたかれる様から本命が期待される。

抜き上げられた船中1枚目は約15cmのカワハギだった。

続いて右銅の間の徳留さんが25cm級を釣り、右ミヨシ2番の彰太郞さんの父、武彦さんが15cmクラスを釣ると、また彰太郞さんが同サイズのカワハギを抜き上げる。

こんなペースで彰太郞さんは終わりまで釣り続け、この日の竿頭となるのだが、聞けばまだ中学3年生だという。

彰太郞さんはカワハギ釣りが大好きで、お父さんとともに鍛錬を重ね、本誌の沖釣りカレッジにも参加したという。

目次

  • キャストで連続ヒット
  • 尺ハギ2連発!
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング