タチウオを快適に釣る!!

【船釣りマガジン】いまだに多い大阪湾のフグ。被害を最小限にするための方法。

山口雅三

今年に限ってなぜフグはなぜ多いのか、調査をしてみることに。

今年の大阪湾はフグが異常に多い・・・大阪だけなのかと思い少し調査をしました。

大阪湾と対面になる三重県紀伊長島の長島湾。

魚種も豊富で釣り人には有名なところです。

調査をすべく船外機付きボートでサンマの切り身などで確認。

やはり居ました。

結構早い時点であたりがあったのでかなりの数がいるものと思います。

同じタイミングで和歌山の由良湾、田辺湾も同様です。

やはりいつも以上に多いフグ。

種類は圧倒的にクロサバフグ、次いで、サバフグ、毒サバフグ、コモンフグ・・・などです。

毎年8月から9月後半まではいるにはいるのですが、ここまで多いことはありません。

大量発生の原因としてよく巷で言われていることは、まず温暖化。

実際に海水温が何度上がったらフグが多くなるのか・・・などのデータを調べたわけではありませんが、それまでの産卵が多かったうえに天敵が存在する時期を生き延びることが例年より多かった・・・つまり卵、幼魚の間、数を減らすことがありませんでした。

そして今年は天候が安定していて、台風も少なく、穏やかであるため海の住環境もよかったということも原因として考えられます。

はたまた黒潮の影響か・・・いろいろ推測は立ちますが、どれが正しいのか分かりません。

確かに温暖化という考えもあるかもしれません。

そのためCOP26の開催においては日本は多少悪く見られた感がありますが、実際に世界気温が0.1度上がったのでしょうか。

また、果たして北極の氷の崩落でみなみのしまツバルが沈むのでしょうか・・・つじつまの合わなさに疑問を持ちますが、世界の地殻変動、海底火山、などの影響は人が営む上で出し続けるCO2の比ではないと思います。

これで温暖化になっているとは思いにくいです。

わずかには関係するかもしれませんが生態系が著しく異なってくるとはおもえません。

同じくして、大阪湾に青物もたくさん接岸してます。

ベイトとなるうるめイワシが今年も大量に入ってきました。

しらすの漁獲量も減ったように言われてますが、市場に影響をもたらすほどではありません。

青物は釣ってよし、食べてよし・・・つまり好ターゲット、フグは糸は切る、毒があるなどで好まれない・・・という言う意味で大きく厄介者扱いになる。

とはいえ、確かにフグは例年より多いので、フグの対策をして釣りに挑む、つまり釣り人が工夫するしかないでしょう。

目次

  • 今年に限ってなぜフグはなぜ多いのか、調査をしてみることに。
  • PEラインをもう一度見直そう。
  • PEライン、テンヤ40号が日本中品薄の状態に陥る。
  • PEラインだけでなく、テンヤも工夫しよう
  • 付けエサにも配慮する。

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

タチウオテンヤ」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

釣りエサ」カテゴリの人気記事

仕掛け」カテゴリの人気記事

ライター紹介

山口雅三

山口雅三

四季折々の旬の魚を釣って食べて楽く過ごすが私の釣りスタイルです。主な釣りは磯釣り、船釣り(メバル、タコ、太刀魚、キス、カワハギ、太刀魚など)、渓流、鮎釣りなどマルチにやっております。他に音楽ライブ活動や大型バイクなどで趣味を満喫しております。

DAILYランキング