ルアーケースのアップ写真

メッシュワレット(A)は2021年新発売の渓流トラウトゲームにマッチした収納ケース!

FISHING JAPAN 編集部

渓流などへトラウトゲーム用ルアーを持ち込む際には、大きなタックルボックスを手に歩くわけにはいきません。

そこでおすすめなのが、2021年ダイワから新発売されるルアーケース・メッシュワレット(A)です。

どんな仕様になっているのか、詳しくご紹介しましょう。

メッシュワレット(A)とは

メッシュワレット(A)とは、2021年ダイワからリリースされる、トラウトゲーム用ルアーを収納するためのケースのことです。

サイズ設定は、3種類用意されています。

最も小さいのが、Mサイズで、外寸が約4x9x18cmに作られています。

真ん中のサイズが、MLサイズで、外寸は約4x14x20cmです。

最も大きなものが、Lサイズになり、外寸は約4x17x23cmとなっています。

通気性の高いメッシュパネルを採用しているのが、このモデルの特徴といえるでしょう。

実釣で使ったスプーンルアーなどを、セットしておくだけで乾燥しやすい環境を作れます。

メッシュから水分が抜け出るおかげで、湿気がこもりにくいため、内部に保管しているルアーのフックが錆びにくくなります。

使いたいと思って取り出したとき、フックが錆びていては釣りが成り立ちません。

トラウトの口に貫通しない可能性が高まりますし、集中力も続かないでしょう。

このメッシュワレット(A)に入れておけば、安心して釣り場へ持ち出せます。

ファスナーを開いて内部を見てみると、合計4面にルアーを取り付けて収納することができます。

ルアーカラーやウエイトごとに仕分けて収納可能なので、どこにどれを置いたかひと目で分かります。

テンポよくルアーローテーションしたいときに、とても便利で使いやすいでしょう。

またルアーフックをセットするファームには、凸凹形状を採用しています。

そうすることでフックを刺しやすく、抜けにくくすることができます。

凹凸ファームは、4段連なっていますから、数多く並べられますし、ルアーとフックの高さにうまくフィットするでしょう。

クリアPVCの保護カバー付きのメッシュワレット(A)!

メッシュワレット(A)の内部には、クリアPVCの保護カバーが付いています。

ルアー同士の接触をしっかりと抑えて、傷が付いてしまうのを防いでくれるでしょう。

クリアなので、どんなルアーが保管されているか一目瞭然です。

それから幅広タイプのファスナーが付いていて、内部のスペースをしっかり確保するのに役立っています。

収納ルアーの種類を記載して見やすくするための、ネームスペースも標準で装備されています。

合計2種類のカラーバリエーションから選択可能!

メッシュワレット(A)には、全部で2種類のカラーバリエーションが用意されています。

●コヨーテカラー

●カーキカラー

自分の好みのカラーで揃えたり、服装に合わせるのも楽しいかもしれません。

2色とも購入すれば、カラーを見ただけで中身を判断することも可能になるでしょう。

どちらも落ち着いたカラーなので、さまざまな釣りシーンにマッチしてくれそうです。

メッシュワレット(A)に保管しておきたいおすすめのルアーを選んでみた!

それではメッシュワレット(A)の中に、カラーバリエーション別にきっちり揃えて保管しておきたい、おすすめのルアーを取り上げてみましょう。

スプーンルアータイプなら、同じくダイワから渓流トラウト用が豊富にリリースされています。

ヘビーユーザーが多いモデルなら、こちらはいかがでしょうか。

ダイワ クルセイダー 4S W-GR

ダイワ クルセイダー 4S W-GR

最安値価格
¥440(amazon)

Amazonへ ¥440

楽天市場へ ¥440

Yahoo!へ ¥440

渓流トラウトゲームにマッチした、ダイワの人気スプーンシリーズです。

とにかく長い歴史をもっていて、実力は折り紙付き。

渓流はもちろん、本流のネイティブトラウトをターゲットにするなら、必ずフィールドに持ち込みたいルアーのひとつでしょう。

テール部分のアール、すなわちテールカップが深めにデザインされているので、水流をつかみやすく、ウォブリングアクションをレスポンス良く発生させることができます。

長さに対する横幅サイズが絶妙で、手ごわいイワナやヤマメ・アマゴをしっかり誘い出してくれます。

実際にフィールドで使ってみると、キャストフィールは軽快で、狙ったピンポイントにきっちり届きます。

強い水流の場所でも、アクションを維持しながらアピールを続けてくれます。

最も軽いもので2.5g、重いもので17gですから、釣り場のシチュエーションに合わせて結び換えるようにしましょう。

ちなみに4gタイプには、オーナーのS-31・シングルブラックフックの4番が装備されています。

貫通力が高く、フックポイントが鈍りにくいことで高評価を受けているフックです。

実売価格は400円台と、とても安い価格帯に設定されています。

メッシュワレット(A)の気になる発売日はいつ?

メッシュワレット(A)の気になる発売日は、2021年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,800円から4,000円です。

手元にいっぱい揃っているルアーを整然と並べて、釣り場で取り出しやすいようにしておきましょう。

トラウトの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

DAILYランキング