ティップバンTZの写真

一度握ったら手放せない。水中の様子が“見える”ティップランロッドに新モデル登場

FISHING JAPAN 編集部

船から沖に潜むアオリイカを狙うティップラン。

非常に人気が高いジャンルである一方、水中のイカやエギの様子が把握しにくい、警戒心の強いアオリイカを上手く誘えるかと、苦戦する点も数多くあります。

今回紹介するのはテイルウォークのTip-Bang TZ(以下ティップバンTZ)というティップラン専用のロッドです。

その驚きの細さは感度を極めた仕上がりになっていて、まるで水中を覗いているかのように状況を把握することができるとのことで、多くのアングラーにその実力を賞賛されています。

そして、さらに進化を遂げたモデルが、遂にベールを脱ぎました。

早速その魅力に迫ってみましょう。

釣れるティップランロッドの条件とは

ティップランはどんな釣り?

ティップランとは、船やボートからアオリイカを狙う釣りです。

仕掛けはエギを使用しますが、エギを遠投するエギングとは違い、水深のあるポイントのイカを探すのが特徴です。

イカが仕掛けに抱きついた時に竿先が入ったり戻ったりする動きを見せるので、ティップ(=竿先)ラン(=走る)という名前が付きました。

ティップランにはどんなロッドがおすすめ?

水深のあるところを狙うとアングラーとエギとの距離が遠くなりますから、ロッドは感度の高いものにして、水中の情報が手にたくさん伝わるようにしましょう。

また、竿先はイカの反応を察知する部分なので繊細なものを選んでください。

遠投はしないので、長さはエギングの7~9ftよりも短い、6ft台のものがよいでしょう。

ティップバンTZの特徴は驚きの連続

ティップバンTZはティップランの専用ロッドです。

ティップランエギングの常識を超えたいという開発チームの想いのもと設計されたこのロッドには、驚きの工夫がいくつも施されています。

本当にティップランロッドなの?!信じられないほど細身で軽量

ティップバンTZを見た時、多くの人が驚くのがその細さと軽さです。

ロッドは極限まで細身に設計されていて、一見すると繊細なアジングロッドなのではないかと思えてしまうほどです。

ロッドの自重も82~95gと軽量です。

コンビニのおにぎり1個がだいたい100gなので、ティップバンTZはそれよりも軽いことになります。

水中の様子がダイレクトに伝わる高弾性カーボン素材

ティップバンTZの本体部分は高弾性のカーボンでできています。

高弾性カーボンは感度が高いのが持ち味です。

感度の高いロッドはエギやイカのわずかな反応もしっかりとキャッチし、曲がりと振動によってアングラーにその様子を伝えてくれます。

水中の様子を実際に見ずとも把握できると言っても過言ではありません。

警戒心の強いイカにも違和感を与えない竿先

ティップバンTZの竿先はソリッドタイプ(=竿の中心まで芯が詰まったタイプ)です。

そして、このソリッド部分が長めに設計されています。

ロッドの感度が高いと、イカの反応が手に取るように伝わる反面、イカにもロッドの先のアングラーの存在が認識される確率が高くなります。

しかし、竿先のソリッド部分が長いことで、ロッドの動きがしなやかになり、イカが仕掛けに触れてもロッドの存在を察知させません。

そのままイカに針を掛けていくことができます。

ガイド部分には極上のパーツを使用、感度と使用感が大幅アップ

ラインを通すガイドの部分は、富士工業のチタンフレーム&トルザイトリングガイドが搭載されています。

フレームとリングはどちらもガイドを形成する部品です。

チタン製のフレームはイカの反応によるロッドの振動を大きくする性質があり、些細な反応でもアングラーにしっかりと伝えてくれます。

富士工業の独自の技術で生み出されたセラミック素材のトルザイトを採用したリングは、強度が高く壊れにくいほか、ラインを保護する役割も果たします。

本体だけでなく、ガイド部分にも感度と使用感を高める工夫が施されているところにティップバンTZへの並々ならぬこだわりを感じます。

ちなみにティップバンTZの「TZ」はチタンフレーム&トルザイトリングガイドの略称です。

イカのアタリが一目瞭然のカラーリング

ティップバンTZのロッドのカラーはライトパールグレーです。

ガイドラッピング(=ロッド本体とガイドの接続部分の負荷を軽減させるパーツ)は蛍光オレンジになっています。

偏光サングラスをかけて釣りをしているとロッドの反応が見えにくくなりますが、このカラーリングであればレンズ越しにも反応がはっきりと確認できます。

ティップバンTZに待望の新モデルが追加

SH63ML/TISL

水中の様子が手に取るように分かるチタン製ティップ

2021年秋から発売が開始された新モデル・SH63ML/TISLは、ティップ(=竿先)がチタンでできているプロスペックロッドです。

チタンが採用されている竿先は感度が抜群になります。

そのため、潮の流れがどう変化しているか、エギが水中でどの方向を向いているか、ターゲットのイカがどのような反応を示しているかなど、目に見えない様々な情報が手元に伝わります。

また、ソリッド部分が長くとられていることによって、抜群の感度はキープしつつ、イカには違和感を与えない自然な曲がりを表現します。

竿の中心部分にはパワーがあり、ズバッとアワセを決めてあがってきたイカを、しっかりと船の上まで持ち上げます。

ティップランを行うフィールドが激戦区であっても、手元に集まる情報を元に確実な戦略を立て、ライバルから頭ひとつ抜けた成果を出せるSH63ML/TISL。

まさにテイルウォーク渾身の一本と言っても過言ではないでしょう。

全長(ft.in)継数仕舞寸法(cm)自重(g)ルアー(g)ライン(PE)定価(円)
6.329993MAX50MAX0.638,000

SH63ML/TISL

テイルウォークフィールドスタッフの井上直美さんは早速SH63ML/TISLでアオリイカをゲット。ばっちり竿頭になりました。

出典:テイルウォーク公式Facebook

ティップバンTZの既存モデルも実力派揃い

SN55L/SL(ナチュラルなシャクリ専用設計)

高い操作性とどんなアタリも逃さない感度がウリ

5ft5in(約165cm)という、ティップランのロッドとしては非常に短いレングスのモデルです。

短いので操作性が高く、エギを回収してから再びエギを投入するまでの一連の動作がスピーディーに行えます。

カヤックや小型プレジャーボートなどの狭い環境での使用にもおすすめです。

全長(ft.in)継数仕舞寸法(cm)自重(g)ルアー(g)ライン(PE)定価(円)
5.52(B)13482MAX45MAX0.633,000

SN64ML/SL(ナチュラルなシャクリ専用設計)

イカの警戒心を解くナチュラルな誘いを実現

ひとつ前に紹介したSN55L/SLよりもさらに自然なエギ操作が可能なのがSN64ML/SLです。

このロッドでエギを潮に漂わせれば、警戒心の強いイカも誘いに乗ってきます。

なかなか釣れない時期や環境でも何とかイカを確保したい!という時の心強い味方です。

全長(ft.in)継数仕舞寸法(cm)自重(g)ルアー(g)ライン(PE)定価(円)
6.42(B)15892MAX50MAX0.634,000

SH65ML/SL(ハードなシャクリ専用設計)

思うままにエギを動かせるブレないティップが魅力

SH65ML/SLはブレないティップが特徴です。

ティップがブレないことで、エギの投入や水中での操作、止めるアクションを自分が望んだ瞬間に実行することができます。

海のコンディションが悪い状況であっても普段どおりのエギの操作が可能です。

激しいアクションで誘いをかけ、積極的に釣り上げていく攻めの釣りがしたい方には最適です。

全長(ft.in)継数仕舞寸法(cm)自重(g)ルアー(g)ライン(PE)定価(円)
6.5210190MAX50MAX0.634,000

SH70ML/SL(ハードなシャクリ専用設計)

深場に潜む大物イカを狙いたい方はこの一本で挑もう

SH70ML/SLは7ft(約213cm)の長いロッドです。

水深のかなりあるエリアや潮流の速いエリアに潜むイカを探ることができます。

深場は大物イカが潜んでいる可能性が高い場所ですが、このモデルはそんなビッグサイズのイカに対応します。

大物イカが暴れまわった際もロッド全体でその動きに追従します。

全長(ft.in)継数仕舞寸法(cm)自重(g)ルアー(g)ライン(PE)定価(円)
7.0210895MAX60MAX0.635,000

さらに詳しい情報は公式サイトでチェック!

ティップバンTZで作戦勝ちの快感を味わおう

今回はティップバンTZを紹介しました。

見た目の細さに驚き、使うと感度の良さに驚くこのロッド。

水中の様子を見ているかのように把握でき、緻密な戦略を立ててアオリイカを釣り上げることができます。

ぜひ実戦に取り入れてみてください。

きっと今までとは違うティップランを経験することができるはずです。

テイルウォークの新製品、続々登場。

ティップラン」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング