リールのアップ写真

新しいプレッソの発売日が気になる!2021年新登場のエリアトラウト専用スピニングリール

FISHING JAPAN 編集部

ダイワのエリアトラウト専用スピニングリール・プレッソが、2021年に新しくなります。

ザイオン製のモノコックボディを採用しているので、なんとウエイトが145gしかありません。

激軽スピニングリールに生まれ変わった、その詳細スペックをご紹介しましょう。

これでますますエリアトラウトゲームが、楽しくなりますね!

プレッソってどんなリールなの?

プレッソとは、2021年ダイワからリリースされる、エリアトラウト専用のスピニングリールのことです。

製品ラインナップは2種類あって、小さいほうが、1000番サイズのプレッソLT1000S-P。

大きい方が、2000番サイズのプレッソLT2000SS-Pです。

特筆したいのは、リール本体にダイワオリジナルの素材・ザイオンを使っていること。

ザイオン製のモノコックボディで支えているので、高い回転精度をキープしながら、とても軽いウエイトを叩き出しています。

LT1000S-Pのほうが、たったの145gしかありませんし、LT2000SS-Pもジャスト150gです。

ここまで軽ければ、長い時間釣りをしていても疲れにくいですし、手首や腕・ヒジ・肩などへの負担も小さなるでしょう。

その分集中力は増しますから、トラウトのショートバイトをしっかりフッキングに持ち込めるはずです。

それからギアを支えているボールベアリングを、オイル仕様にしています。

マグシールドを採用しないことで、巻き心地が軽やかになり感度が上がることに。

またギア比をローギアードにシフトしているので、巻き心地が滑らかになり、リトリーブ中心のアプローチを楽しみやすいでしょう。

巻き取りの長さは、LT1000S-Pで60cm、LT2000SS-Pで64cmとなっています。

スプーンやミノー・小粒クランクベイトなどをキャストして、スローにリトリーブしながらトラウトを誘えますよね。

底に沈んでいる障害物にリップが当たったとしても、すぐに引っ掛かってしまうのを防げるでしょう。

一定のタナをスローにトレースし続けるのにも、とてもマッチしているといえそうです。

プレッソのスプールカラーに注目!

新しいプレッソのスプールに注目してください。

カラーが個性的な、マットブラックに配色されています。

マット仕様のブラックスプールは、とても引き締まった印象を与えますし、さまざまなロッドに合わせやすいカラーでもあるでしょう。

PRESSOと描かれたロゴは、よく見てみると深堀りされていて、レーザーマーキングが施されています。

これは高い質感につながりますし、長く手元に置いて使いたくなる要素を、多分に含んでいますよね。

カッコイイ雰囲気のレーザーマーキングを、実際に手にしてみたいものです。

ATDを標準で装備!

プレッソのドラグには、ATD=オートマチックドラグシステムが搭載されています。

トラウトの引きに合わせてスムーズに作動し、滑らかにドラグが効き続けるようになっていますよ。

滑り出しレスポンスが素晴らしく、魚の引きにきっちり追従してくれます。

ラインブレイクを恐れなくていいので、魚とのやり取りに集中できるのが、大きなメリットですよね。

ダイワのスピニングリールには搭載されているモデルが多いので、同じ感覚で別のリールも操れるのがありがたいです。

プレッソのスペック表はこちら

プレッソを装着して使いたくなるおすすめのロッドを選んでみた!

それではプレッソを装着してエリアトラウトで使ってみたい、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

まずは、ダイワのスーパーメタルトップ搭載モデルから。

AGSも付いているので、ハイエンドスペックモデルにふさわしい内容に仕上がっていますよ。

リールカラーとのマッチングも良好なので、組み合わせたところを見てみたいですよね。

ダイワ(DAIWA) エリアトラウトロッド プレッソ LTD AGS SMT 62ML-SMTT・J 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エリアトラウトロッド プレッソ LTD AGS SMT 62ML-SMTT・J 釣り竿

最安値価格
¥82,066(amazon)

Amazonへ ¥82,066

Yahoo!へ ¥89,837

ダイワのプレッソLTDシリーズです。

AGSとSMTチューブラーが採用されている、スプーンやクランクベイトを操るのに適したモデルですね。

全長は1.88mとやや長めで、継数は2本です。

仕舞寸法は97cmにまで縮まりますから、持ち運びはとても便利でしょう。

自重は74gとかなり軽めで、先径/元径が1.8/6.9mmと細めです。

適合するルアーウエイトは、0.6gから4gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから4lbまでですね。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

試しにクランクベイトをキャストしてみると、追従してきたニジマスが口先を触れるようなキスバイトでも、ロッドティップが曲がり込もうとします。

これならショートバイトを弾いてしまうことなく、フックアップに持ち込めるでしょう。

グリップ周りは、とてもコンパクトな設計で、無理なく手のひらで包み込める感じでしょうか。

実売価格は8万円前後と、ハイエンドスペックならではの価格帯に設定されています。

究極の1本を探しているなら、プレッソLTDシリーズをチェックしてみることをおすすめします。

オールラウンドにさまざまな管理釣り場のシチュエーションでも使えるので、積極的に持ち出して活用したいですね。

ちなみにSMTチューブラーは、中空構造の超弾性チタン合金になっています。

ソリッドタイプのロッドティップと比較すると、より硬くなっているのが特徴で、高い感度と操作性を得ることができるでしょう。

ダイワ プレッソ ST 53XUL-4

ダイワ プレッソ ST 53XUL-4

最安値価格
¥19,091(amazon)

Amazonへ ¥19,091

楽天市場へ ¥20,149

Yahoo!へ ¥20,079

こちらはダイワのプレッソSTシリーズです。

4本継ぎ仕様のモバイル系スピニングロッドなので、あちこちの管理釣り場へ持ち込むのに適していますよ。

全長は1.60mなので、長過ぎずに扱いやすくなっています。

継数4本ですから、仕舞寸法はたったの45cmに収まってしまいます。

標準自重は67gで、先径/元径が1.2/5.4mmと細め。

適合するルアーウエイトは、0.4gから3gまでで、適合するラインは、モノフィラメントラインなら1.5lbから3lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%ですね。

モバイル系マルチピースロッドですから、公共交通機関などを利用して釣りに行くスタイルにピッタリです。

最近では冬場に使われていないプールで、トラウトゲームができるようになっています。

そこへ向かうのに扱いやすいモデルといえるでしょう。

全長も短めなので、子供や女性も扱いやすく、キャスティングやフッキングをマスターしやすいですね。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されていますよ。

4ピースでも美しいベンディングカーブを描いてくれますし、トラウトからの負荷を上手くいなしている感じがいいですね。

無理なく引き寄せられるので、扱いやすさが際立った1本といえるでしょう。

こういう味付けのロッドが1本あれば、新しい釣り場へ出向いて開拓してみよう!という意欲が湧きます。

新型プレッソと組み合わせて、トラウトゲームをより一層満喫してみてくださいね。

プレッソの気になる発売日はいつ?

プレッソの気になる発売日は、2021年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、48,700円です。

ザイオン素材を採用したモノコックボディのスピニングリールは、他にもラインナップされていますが、この新しいプレッソはとても個性的ですよね。

マットブラックという配色が、手元をピリッ!と引き締めてくれるでしょう。

エリアトラウトゲームで使った後は、スプールエッジやラインローラーなどに付いたゴミなどを取り除き、真水で丁寧に洗うようにしてください。

可動箇所にオイルを差しておけば、次回の釣行でもスムーズに軽やかに動いてくれるでしょう。

トラウトの関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング