釣行の写真

【釣割マガジン】【秋の餌木あそび】中オモリ式のアオリイカ

隔週刊つり情報編集部

風に乗せて船を流し、横方向へ餌木を引っ張りながら広範囲を探る釣法がティップ・ラン。

対して道糸とハリスの間に10号前後の中オモリ(釣具店の餌木コーナーで販売)を介して餌木を垂直に下ろし、アオリイカが集まるピンポイントをラン&ガンで攻めていく手法が通称・餌木シャクリ。

ルアー釣りっぽく楽しめるティップランも好きだが、餌木シャクリも定期的に行きたくなる魅力ある釣りだ。

まず、リズミカルにシャクリ続ける単純な動作が小気味よい。無我の境地・・・とまではいかないけれども、浮き世にこんがらがった頭の中がスッキリと空っぽになる。
 
こうしてシャクっていると突如ドンとロッドが曲線を描いて止まり、驚いた身体が固まる。

アオリイカもビックリして固まるのだろう、必ず一拍置いてから、ゴムが大きく伸び縮みするような明確な引きがくる。

秋の小型アオリは春のビッグサイズのようにドラグが滑り出すジェット噴射は期待はできないけれど、コウイカ類やタコ類とは違うこの明確な引き込みが、たまらなく心地いい。

10月中旬現在、餌木シャクリのアオリ乗合は数軒にとどまっているが、釣り物が切り替わる11月以降は下図マップの船宿が乗合船を開始するだろう。

いずれもほぼ毎年出船する船宿なので、現況メニューになくても電話で問い合わせてみてほしい。
 
10月16日に取材した相模湾湘南片瀬港の萬司郎丸は、比較的早めにアオリ乗合をスタートさせている。

釣り場は江ノ島沖の水深15~25m、仕掛けは中オモリ10号、ハリス4~5号4m。

ただし今のところは平日限定の出船なので、ホームページなどで今後の予定をチェックしていただきたい。

釣況はトップでツ抜けの良日もあれば、乗り渋る日もあって、さすがは気分屋のアオリイカという感じ。

ただし個人的には夏の稚イカを数多く見かけているから、今シーズンのアオリイカの湧き具合は上々と期待している。

目次

  • 中オモリとハリス全長は船宿毎に必ず統一
  • タナを守り、確実にシャクり、餌木に悩みぬくひと時
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング