釣り人のアップ写真

釣り方が釣果を左右する!自分なりの釣りの楽しみ方を見つけよう

FISHING JAPAN 編集部

釣りは場所!という人がいます。

よく釣れる場所なら、好釣果が期待できるという意味ですが、サイトやアプリなどを利用して釣り場情報をゲットし、そこに出向いたのになかなか釣れないケースが。

やはり釣り方をマスターしていないと、魚に出会うのはカンタンではないということでしょう。

ここでは、ソルトウォーターゲームにおける魚の釣り方をご紹介します。

魚の釣り方ってムズかしいの?

よく釣れるという情報をゲットしてその釣り場に行ってみたものの、釣れない!という体験をしたことがありますよね。

人気の釣り場だけに、釣り人の数が多くプレッシャーが高いことも、釣れない一因でしょう。

でもよくよく考えてみてください。

そういうシチュエーションに遭ったとしても、魚の釣り方さえマスターしていれば、好釣果を引き出せるのではないでしょうか。

海があって水が満ちていれば、魚はいるはず。

釣れない!という事実に翻弄されずに、もっと積極的にその日の釣り場を攻略してみましょう。

そのために知っておきたい釣り方をご紹介します。

あなたが海の防波堤へ出向いたとしましょう。

まず初めに実践したいのは、岸際に立たないことです。

美しく広い海を見て、より間近で接したい!と防波堤ギリギリまで足を運んでしまう人がいるのですが、これはやってはいけない行為です。

岸際に立てば、足元の水面までしっかり見えますよね。

何なら魚が泳いでいる姿も、偶然発見できるかもしれません。

実は、これがいけないのです。

あなたから魚が見えたということは、魚からも釣り人の姿が見えていることになります。

一気に警戒モードへ切り換わって、美味しそうなエサやワームを放り込んでも口を使わなくなってしまうでしょう。

そこで実践したい釣り方は、岸際が見えたら、そこから離れた場所で釣りの準備を開始することです。

ロッドにリールを取り付けて、ラインにルアーを結びましょう。

画像のような、ガード付きのジグヘッドに、カーリーテール系のワーム=グラブを装着します。

このグラブのメリットは、着水と同時にテール部分がピロピロと左右に倒れるアクションを発生させるところ。

まだジグヘッドにガードが付いているので、根掛かりを抑えてくれるのも嬉しいですよね。

垂直に落とし込んで誘えることから、魚がどの層を漂っていても食い付いてくるチャンスがありますよ。

キャストする自分の立ち位置は、岸際から5m前後離れたところがおすすめです。

そこなら魚の視界にあなたが入りません。

無警戒の状態に、いきなりルアーだけが飛び込んでくるわけですから、釣れる確率はかなり高くなるでしょう。

JACKALL(ジャッカル) ワーム グッドミールグラブ 1.5インチ レッドゴールドフレーク

JACKALL(ジャッカル) ワーム グッドミールグラブ 1.5インチ レッドゴールドフレーク

最安値価格
¥449(楽天市場)

Amazonへ ¥528

楽天市場へ ¥449

Yahoo!へ ¥449

グラブのジグヘッドリグを用いた釣り方をチェック!

防波堤でグラブのジグヘッドリグをキャストして、岸際からの距離を保ったまま、少しずつ移動を開始します。

釣り人が立っている周辺は避けながら、誰も叩いていない場所に対して、アプローチを繰り返してください。

ルアーを横方向に引っ張る必要はなく、垂直に底まで落とし込むことを心がけましょう。

着底したら、しばらく放置するのも有効です。

グラブのカーリーテールは、わずかな水流でも揺らめきますから、底で自発的にアクションを繰り返していますよ。

ジグヘッドリグなら、最後尾を上にして立ち姿勢になりますから、誘いの要素はバッチリですね。

魚が食い付いているかどうかを確かめよう!

魚のバイトは、いきなりやってきます。

手元にコンッ!と感じることがありますが、ほとんどの場合、先に重みを感じます。

ということは、グラブの付いたジグヘッドリグの重みを、じゅうぶんに体感して判別できるようになっておくことが重要になります。

それよりも重くなれば、魚が食い付いている可能性は高いでしょう。

根掛かりしていることもあるので、慎重にロッドを立てて確認してください。

魚ならそのタイミングで、コンコンとアタリを発生させてくれるはずです。

そこまで到達したら、あとはフッキングして魚とのやり取りを楽しむようにしましょう。

防波堤でグラブを用いたソルトウォーターゲームを満喫している動画はこちら

グラブのジグヘッドリグによる釣り方を実践するのにおすすめのロッドを選んでみた!

グラブのジグヘッドリグをキャストして魚を誘うのに適した、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

アジングゲームやメバリングゲームで用いる、ライトなスピニングロッドが向いています。

魚のバイトを弾かないような、しなやかで曲がり込みのいいものを選んでみました。

JACKALL(ジャッカル) グッドロッド 2ピースタイプ GD-S56UL-2PC グリーン 5.6フィート(1.68m)

JACKALL(ジャッカル) グッドロッド 2ピースタイプ GD-S56UL-2PC グリーン 5.6フィート(1.68m)

最安値価格
¥7,220(楽天市場)

Amazonへ ¥7,786

楽天市場へ ¥7,220

ジャッカルからリリースされている、ライトソルトウォーターゲーム用のスピニングロッドです。

全長1.68mで2ピース仕様ですから、仕舞寸法は87cmになります。

自重は102gと軽めで、適合するルアーウェイトは最大5gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2bから5lbまでですね。

よく曲がるブランクスなので、魚からのバイトを弾かずにフッキングに持ち込めるでしょう。

実売価格は7千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

魚の釣り方をマスターして好釣果につなげよう!

魚の釣り方や、おすすめのロッドを取り上げましたが、いかがでしたか?

自分なりの釣りスタイルやアプローチ方法を編み出して、釣りを楽しみましょう!

釣り方の関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング