ルアーのアップ写真

モアザン モンスタースライダー160Fの発売日が気になる!2021年新登場のビッグペンシル

FISHING JAPAN 編集部

水温が下がってくると、シーバスゲームにおけるコノシロパターンが有効になります。

捕食対象がサイズ大き目のコノシロになるのなら、操るルアーもビッグサイズにするべきでしょう。

2021年ダイワから新登場のペンシルベイト・モアザン モンスタースライダー160Fなら、まさにコノシロそのもののボリューム感を保持していますよ。

いったいどんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

モアザン モンスタースライダー160Fとは

モアザン モンスタースライダー160Fとは、2021年にダイワからリリースされる、ビッグサイズのフローティングペンシルベイトのことです。

サイズ設定は全長160mmで、ウエイトが51.2gもあります。

これほどウエイトがあれば、ロングキャストをらくらく決めることができますよね。

また垂直方向に圧をかけられるので、水面を押すチカラがじゅうぶんに働きます。

波立つような風のあるシチュエーションでも、効果的な誘いをかけられるでしょう。

モアザン モンスタースライダー160Fの細部をひとつひとつチェックします。

まずは、独特なデザインが施されたお腹部分。

ボディの後半部分のお腹を、ボートなどの船底と同じような、Vハル型に仕上げています。

こうすることで、ドッグウォークアクションをさせると、ボディが水面上を滑走状態に切り替わります。

水面をクイックかつワイドなターンで、かき回すことができますよ。

水中から見上げているシーバスにとって、そこにコノシロがいるように見えるのではないでしょうか。

クイックかつワイドなターンは、ルアーを見失うことにもつながるので、シーバスを水面近くまで引き寄せる効果も生まれますよ。

もう一度そばでよく見よう!という発想が、シーバスの脳裏に湧き立てば、モアザン モンスタースライダー160Fを選んだ意味があるというものです。

それからヘッドを太くデザインして、浮力をアップしています。

ドッグウォークさせると、頭部が水面上から出やすくなり、水をかき回すベースを作り出せるでしょう。

高周波ラトル音を発生するモアザン モンスタースライダー160F!

モアザン モンスタースライダー160Fの体内には、高い周波の音を発生させるラトルが内蔵されています。

水中でとても響くので、ルアーから離れた場所にいるシーバスを振り向かせることが可能でしょう。

フックは、2番サイズのトレブルフックが3連装されていますよ。

じっくり見てみると、最前列のフックアイと最後尾のフックアイには、スプリットリングが2個つながっています。

こうすることでフックポイントとボディの距離が開いて、シーバスの口の中にフックが吸い込まれやすくなるのです。

ショートバイトでフッキングに至らないケースなどで、とても有効に働くでしょう。

合計8種類のカラーバリエーションから選択可能!

モアザン モンスタースライダー160Fには、合計で8種類のカラーバリエーションが用意されています。

コノシロカラーをベースに、視認しやすいチャート系やピンク系が採用されているのが嬉しいですね。

●アデル不夜城

●アデルダブルチャートコノシロ

●クリアピンクサンド

●チャートヘッドイナッ子

●チャートバックパール

●マットライムチャート

●3Dコノシロ

●SGケイムラクリアコノシロ

ロングキャストしてドッグウォークをスタート、水面までシーバスが出るもののフックに乗り切らないとき、アクションを静止してからショートジャークを入れて、短い距離でドッグウォークを複数回完結してみてください。

水飛沫とラトル音、そして水押しの相乗効果で、豪快に食い付いてくれるかもしれませんよ。

モアザン モンスタースライダー160Fをキャストするのに適したおすすめロッドを選んでみた!

モアザン モンスタースライダー160Fをロングキャストしてドッグウォークアクションを発生させるのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

スピニングロッドならバツグンの飛距離を稼げますし、ベイトロッドなら太いラインで岸際カバーも攻略可能です。

どちらでも好みのタックルを組んで、モアザン モンスタースライダー160Fを活かしてみてください。

ここでは、ボートシーバスゲーム用に作られたベイトロッドを選んでみました。

ダイワ(DAIWA) ボートシーバスロッド ラテオ BS 73HB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ボートシーバスロッド ラテオ BS 73HB 釣り竿

最安値価格
¥22,330(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥22,330

ラテオのボートシーバスシリーズの中から、7ft超えのベイトロッドをピックアップしました。

全長は2.21mと、取り回しのいい長さに設計されています。

継数は2本で、仕舞寸法は115cmと短めですから、ボートデッキへの持ち込みを楽におこなえるでしょう。

自重は135gと軽めで、先径/元径は2.2/12.9mmとやや太目になっています。

適合するルアーウエイトは、最大で60gまでなので、モアザン モンスタースライダー160Fをキャストしやすいですよ。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから30lbまで。

適合するPEラインは、1.2号から2.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、90%ですね。

実際に手に取ってみると、軽くてパワーのあるブランクスに仕上がっている印象です。

トゥイッチやジャークなどの小技も繰り出しやすく、手首やヒジなどに大きな負担は掛からないでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

モアザン モンスタースライダー160Fの気になる発売日はいつ?

モアザン モンスタースライダー160Fの気になる発売日は、2021年の11月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,200円です。

今年のコノシロパターン攻略に、ぜひ投入してみたいアイテムですね!

シーバスの関連記事はこちら

モアザン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング