釣行の写真

【釣割マガジン】デカッ!評判どおり良型ぞろい!金谷の「金アジ」浅場で狙い目

隔週刊つり情報編集部

浅場で居着きの良型狙い!金アジを求めて内房金谷へ

グルメ番組などでも頻繁に取り上げられる金谷のアジ。

これだけ注目されるのは、もちろん抜群にうまいからだ。

金谷は「金アジ」と呼ばれる居着きの魚が多く、それらは体高があり、よく肥えてほどよく脂をため込んでいる。

これは、東京湾にまかれ続けるコマセを食べているからという説や、山や畑が生み出す栄養分がいくつもの河川から東京湾に流れ込み、この栄養分によって発生する大量のプランクトンを食べているからという説もある。

どちらの説も納得に値するが、理屈はさておき、釣って食べてみると本当にうまい。

刺身でいえば、口に入れて数回咀嚼すると、まず脂身が溶けて口の中に絶妙な甘さがフワッと広がる。

その甘さとともに口の中の残った身を噛みしめると、シャクシャクとした歯ごたえがかえってくる。

そんな激うまアジを釣らせてくれるのが内房金谷港の忠七丸だ。

忠七丸でこの時期に釣れるアジは、35~40cmもある良型の金アジ。

このサイズは半身でも二人で十分堪能できるボリュームの刺身が作れるくらいの大きさだ。

そんな良型が20尾も釣れれば25L前後のクーラーボックスには到底入りきらない。

なので、忠七丸の常連客は35L前後のクーラーボックスを持参する。

取材日は9月27日、日曜日。

定刻の6時に出船した忠七丸の船上には、35Lのクーラーボックスが6個乗っていた。

目次

  • 浅場で居着きの良型狙い!金アジを求めて内房金谷へ
  • 食えば40cm超え
  • 潮が動けばバリ食い!
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング