ワームのアップ写真

月下美人デュアルビームは2021年新発売のダート&リトリーブ二刀流ワーム

FISHING JAPAN 編集部

アジングやメバリングが楽しめる季節になってきました。

2021年の年末には、新しい専用ワームがダイワからリリースされますよ。

その名は、月下美人デュアルビーム。

どんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

月下美人デュアルビームとは

月下美人デュアルビームとは、2021年にダイワから新発売となる、ライトソルトウォーターゲーム用のワームのことです。

ピンテール系ストレートのデザインを踏襲していて、スリムで水切れが良さそうですよね。

ボディサイズは、2.0インチですから、ジグヘッドに装着してジグ単として活用できます。

またフロートリグやキャロとの相性も、かなりいいかもしれませんよ。

ワームのボディ中心部には、ハード素材を配置しています。

少し硬めなので、ここを通したジグヘッドはしっかり固定されることに。

その外側は、ソフト素材で成型されていますから、ハードで張りのあるボディとソフトなピンテールを兼ね備えた状態です。

これをロッドワークでダートさせると、左右に生命感溢れたスライドを引き起こし、アジやメバルのリアクションバイトを誘発させることができます。

ダートアクションは、魚が低活性のときにも有効なアプローチですから、ひんぱんに使えるでしょう。

もうひとつの使い方として、ただ巻きによるリトリーブやシェイキングでも誘いをかけられます。

緩やかな潮流のポイントでも、テールが艶めかしくアクションするので、ナチュラルな誘いを期待できます。

この2通りの使い方=二刀流アプローチが可能なので、釣り当日の魚の活性や付き場・層などを探るパイロットルアーとして使えるでしょう。

カラーバリエーションを上手く使いこなして、ローテーションしながら魚の反応を見極めたいですね。

グロー系やケイムラ系のカラーがあるので、暗がりになっても積極的に攻めのアプローチを展開してください。

月下美人デュアルビームの内部構造に注目!

月下美人デュアルビームの中心部にハード素材を配置していることで、ロッドワークを激しくおこなっても、ジグヘッドからズレにくくなっています。

ダートアプローチをさまざまなシチュエーションで繰り出しても、カンタンにズレないのであれば、ストレスなく次のキャストへ移ることができるでしょう。

既存ワームの中には、ダートさせるとすぐにズレてしまうものがあります。

そのたびに回収して、再度セットするのは大変ですし、集中力が途切れてしまいますよね。

全身がハード素材だと、アクションに影響が出てしまいますから、絶妙なバランスで設計されているといえそうです。

計10種類のカラーバリエーションから選択可能!

月下美人デュアルビームには、全部で10種類のカラーバリエーションが用意されています。

定番カラーやグロー系・ケイムラ系など、どれも使ってみたいものばかりですよ。

●グローみかんカラー

●グローピンクカラー

●蛍光レモンカラー

●アミピンクカラー

●ちりめんじゃこカラー

●常夜オレンジカラー

●粒アミカラー

●桜ドットグローカラー

●オーロラシラスカラー

●レッドグローカラー

ちなみに、桜ドットグローカラーは、アミやプランクトンパターンに似ている点発光カラーに仕上がっています。

発光時間は、ブルードットグローよりも長いのが特徴ですね。

月下美人デュアルビームをキャストして操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

それでは月下美人デュアルビームをキャストして操作するのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

通常のジグヘッドリグを操作できる、アジングゲーム用のスピニングロッドが合いそうですよね。

ダートアクションを小気味よく引き出すには、柔らか過ぎず硬過ぎないロッドティップやベリーが求められます。

しなやかで扱いやすいブランクスといえば、こちらのアイテムがマッチするかもしれませんよ。

ダイワ(DAIWA) 月下美人 MX AJING・N 64L-S・N

ダイワ(DAIWA) 月下美人 MX AJING・N 64L-S・N

最安値価格
¥18,739(楽天市場)

Amazonへ ¥21,099

楽天市場へ ¥18,739

Yahoo!へ ¥19,892

2021年にリリースされたばかりの、月下美人MXアジングです。

張りのあるブランクスなので、アジはもちろんメバルにも対応できますし、ダート釣法を繰り出すのに向いているでしょう。

全長は1.93mですから、アジングゲーム用ロッドとしては、やや長めの設計です。

2ピース仕様で、仕舞寸法は100cmと短め。

これならあちこちのポイントへ、持ち運ぶのがとても便利でしょう。

ウエイトは55gとかなり軽めで、先径/元径は0.7/8.4mmです。

適合するルアーウエイトは、0.5gから8gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1.5lbから4lbまで。

PEラインなら、0.1号から0.4号までですね。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取ってみると、とても軽くてグリップ周りはスリムにデザインされていますよ。

握りやすくチカラを加えやすいので、負荷がかかってもしっかり支えられるでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

月下美人デュアルビームの気になる発売日はいつ?

月下美人デュアルビームの気になる発売日は、2021年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、450円です。

夜釣りになる場合は、携行LEDライトを頭部や胸の前に装着するようにしましょう。

ラインを結ぶ際やワームの取り出し・装着などに役立ちますよ。

月下美人の関連記事はこちら

月下美人」カテゴリの人気記事

DAILYランキング