ロッドのアップ写真

ちょい投げ竿でライトソルトウォーターゲームを楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

アジやメバル・キス・カマス・メッキ・ロックフィッシュなどをターゲットにしたければ、ちょい投げ竿を使ってみましょう。

その名の通り、ほんのちょっとしかキャストしませんが、さまざまな魚を釣り上げることができます。

どんなロッドなのか詳しくチェックして、マッチしそうなリールも選びたいですね。

ルアーロッドやエギングロッドの中にも、ちょい投げに適したものがあるかもしれませんよ。

ちょい投げ竿ってどんなロッドなの?

ちょい投げ竿とは、短い距離をキャストして、周辺に潜んでいる魚を釣り上げるためのロッドのことです。

例えば、防波堤なら、近場にテトラが沈んでいたり、砂地からゴロタ石・岩場に切り替わるところがあったりします。

短いキャストの範囲内で複雑に地形変化するのなら、そこを重点的に攻めれば魚は釣れるはずですよね。

そういった釣り方を展開していくのに、本格的な投げ釣り竿は必要なく、もっと手軽に手返しよくアプローチできるロッドのほうが、釣れる確率はアップするでしょう。

そこで頼りになるのが、ちょい投げ竿ということになります。

でも、釣具店やネット通販サイトをチェックしても、ちょい投げ釣り専用に作られたロッドは、ほぼ見当たりません。

既存のロッドアイテムの中から、ちょい投げ釣りにマッチしたものを選べばいいのです。

それでは、ちょい投げ竿として有効活用できるものをピックアップしてみましょう。

●振出式のサビキ竿

防波堤で用いる振出式の磯竿タイプの中に、サビキ仕掛け釣りに用いるものがあります。

長さは3m前後で、軽くてガイド径の大きなものなら、ちょい投げ竿として転用可能でしょう。

リールシートには、さまざまなサイズのスピニングリールが装着できるので、使うラインの太さに合わせて取り換えてください。

振出式のロッドなら携行性がとても高く、釣り場まで持ち運ぶのも便利です。

よく曲がる調子にしておけば、フッキングの際に魚をバラしてしまうトラブルを抑えられますよ。

●メバリング用ルアーロッド

2ピースタイプのスピニングロッドで、メバリングゲームに使うタイプなら、感度も高く軽い仕掛けもキャストしやすいでしょう。

最近流行りのフロートリグを使って、先端にルアーの代わりにエサを付ければ、ちょい投げ釣りに早変わりです。

沖合いのポイントを、表層から中層に至るまで、丁寧に探ることができます。

魚からのアタリも明確に伝わってくるので、フッキングのタイミングもバッチリ合いますよ。

ちょい投げ竿に適したものを既存ロッドから選んでみよう!

●エギングゲーム用ロッド

ある程度の張りとパワーを備えたエギングゲーム用ロッドなら、キャストの際の飛距離も伸びますし、底を探るときの感度も高めです。

そもそもエギをキャストして、フォール中のアタリをとらえつつフッキングできる機能を持っているのですから、ちょい投げ竿としての適性は高めですよね。

軽めの天秤仕掛けにハリスとハリ+エサを付けて、さまざまな釣り場からちょい投げしてみましょう。

底まで落として地形変化をなぞりなから、魚が定着しそうなポイントを探ってみてください。

エサの代わりにワームを装着しても、効率よくアタリを取れるかもしれませんね。

実際にちょい投げ竿で釣りをしてみた!

実際にちょい投げ竿を手に持って、釣り場へ出かけてみました。

最初に立ち寄った防波堤では、コンクリート護岸の足元からチェック。

カサゴやハゼ・ベラなどが食い付いてきましたよ。

そこから前方の沖へ向けてキャスト、底まで仕掛けを沈めてラインテンションを保っておくと、キスやメゴチが掛かってきました。

アタリは極めて明確で、穂先をしっかり揺らしてくれるので、遅れずにフッキングできるのがいいですね。

波が高めのときや風が強いときには、リールに巻くラインを細くすれば、アタリを取りやすいでしょう。

ちょい投げ竿に転用可能なおすすめロッドをピックアップ!

ちょい投げ竿として使えそうな既存のおすすめロッドを、2本取り上げてみましょう。

まずは、振出式タイプから。

万能ロッドとして防波堤の釣りでは欠かせないものですが、やや短めにすると、ちょい投げ釣りに活用できますよ。

ガイド径は、磯釣りで使うような小径のものより大きいほうが、キャストの際のトラブルが減るでしょう。

アルファタックル(alpha tackle) ロッド TRGR TIP・TOP S866MH

アルファタックル(alpha tackle) ロッド TRGR TIP・TOP S866MH

最安値価格
¥10,012(amazon)

Amazonへ ¥10,012

アルファタックルからリリースされている、振出式のスピニングロッドです。

全長は8.6ftなので、取り回しがよく、振り抜けもシャープに仕上がっていますよ。

継数は6本になっているので、仕舞寸法はなんと52cmにまで縮まります。

ここまでコンパクトになれば、場所を取らないので保管が便利ですし、釣り場ポイントまでの持ち込みもカンタンにおこなえますよね。

自重は129gと軽めで、先径1.9mm・元径14.9mmです。

適合するルアーウェイトは、5gから45gまでですから、重めの天秤仕掛けやちょい投げ仕掛けをキャストするのにも向いています。

実際に手に取ってみると、グリップ周りにぜい肉が無く、しっかりと握り込めるのがいいですね。

外観はルアーロッドですが、エサ釣りなどのさまざまな釣り方に対応できるようになっています。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっていますよ。

振出式で曲がり込みが良い調子なのに、引き伸ばすと張りがあってフッキングもしやすい設定になっています。

1本持っていれば、ちょい投げ釣りはもちろん、淡水の釣りにも転用できそうですね。

バス釣りや河川中流域のトラウト狙いなどにも、ぜひ持ち出してみたいものです。

トップガイドカバーが標準で装備されているので、ガイドを破損から守ってくれるでしょう。

アルファタックルのTRGRシリーズには、他にもさまざまな長さ・硬さが揃っています。

釣り場に合わせて使い分けるようにしたいですね。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド 20 セフィア TT S83M オールラウンド 2~4号の幅広いエギ対応

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド 20 セフィア TT S83M オールラウンド 2~4号の幅広いエギ対応

最安値価格
¥11,426(Yahoo!)

Amazonへ ¥15,752

楽天市場へ ¥15,444

Yahoo!へ ¥11,426

シマノから発売中の、ブランクスに張りとパワーのあるエギングゲーム用スピニングロッドです。

全長が2.51mあるので、軽く振るだけでも仕掛けは遠くまで飛距離を伸ばしてくれるでしょう。

継数は2本で仕舞寸法は129.0cmですから、持ち運びはとてもやりやすくなっています。

自重は98gと軽めで、先径は1.6mmです。

適合するエギサイズは、最大で4号ですから、28グラム前後の負荷にはじゅうぶん耐えられるでしょう。

ちょい投げ仕掛けの天秤の重さを、20グラム前後にすれば問題はなさそうです。

適合するPEラインは、0.5号から1号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.4%です。

実際に手にしてみると、最新のエギングロッドだけあってとても軽いですね。

感度も高く、ブランクスもしっかりしている印象です。

これなら底に沈めた仕掛けからの情報を、的確に手元で把握できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されていますよ。

エギングゲーム用ロッドは、他のロッドと比べても高感度に作られていますから、ちょい投げ竿としての要素を多分に含んでいます。

仕掛けとロッドの距離が、短くなればなるほど、ちょっとした変化に気づけるはず。

あなたの釣りの強い味方になってくれるでしょう。

ちょい投げ竿を使いこなして釣りを楽しもう!

ちょい投げ竿の特徴やおすすめのロッドを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

アプローチの距離が短くなるので、仕掛けを手元に戻して再度キャストする回数が、必然的に増えます。

手返しが増えることで、釣れる確率もアップしますから、思わぬ大物と対峙することになるかもしれませんね。

ランディングネットは常にそばに置いておくようにしましょう。

ライトソルトウォーターゲームの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング