ロッドのアップ写真

ヤマガブランクスのバリスティックシリーズでシーバスを釣り上げたい!

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームにのめり込んでいるアングラーなら、使うロッドにこだわりたいですよね。

ヤマガブランクスのバリスティックシリーズは、徹底した作り込みや吟味された素材・ガイドパーツなどによって、納得の1本に仕上がっているものばかり。

その実釣インプレや詳細スペックについて、ご紹介しましょう。

スピニングロッドはもちろん、流行りのベイトロッドもラインナップに加わり、ますます充実している感が強いですね。

ヤマガブランクスのバリスティックシリーズとは

ヤマガブランクスのバリスティックシリーズとは、九州・熊本県に拠点を置くロッドメーカー・ヤマガブランクスがリリースしている、シーバスゲーム用ロッド群のことです。

どれを取っても細部までこだわりを持って作られているものばかりで、質感・剛性・耐久性が秀でていますよ。

シーバスが掛かったときの負荷は、かなり強いものになりますから、華奢な作りでは到底対応できるものではありません。

特にヒラスズキになると、丸太にでも引っ張られているかのような強引さと対峙することに。

そこに信頼できるロッドがあれば、長い時間格闘しても集中力が途切れることはないでしょう。

青物シーンでもヤマガブランクスのロッドを使っていますが、シーバスゲームに投入しているバリスティックシリーズも所有しているので、実釣インプレと合わせて取り上げてみます。

①バリスティック86M TZナノ

ヤマガブランクスのバリスティックTZナノシリーズは、トルザイトリングガイドと、東レのナノアロイテクノロジーを採用したブランクスを搭載したシーバスロッドです。

とにかく軽くて張りがあり、振り切ったときの曲がりが、きっちり短時間で復元してくれるのがいいですね。

ピシッと振って、狙い通りのポイントへ着水可能な、アキュラシー精度を持ち合わせていますよ。

全長が8.6ftと短めなので、自分からポイントへ近寄っていく、ウェーディングゲームにマッチするでしょう。

10cm前後のフローティングミノーやリップレスミノーでアプローチしやすく、トゥイッチやジャークアクションを加えても、水面から飛び出してしまうような過度な入力にはならないですね。

バットパワーがとても安定していて、大型のシーバスが掛かってもロッドを立てれば耐えられます。

それを利用してバイブレーションルアーなどのキャストにも使ってみるのですが、やはりミノー系を操作するアプローチに戻ってしまいます。

それほど柔軟で追従性の高いブランクスに、きっちり仕上がっている印象が強いですね。

ガイドにはラインが絡みにくく、グリップ周りも細身で握りやすいですよ。

何よりトゥイッチやジャークを繰り出しても、ゲームベストをグリップエンドが叩いてしまうトラブルが皆無です。

実釣シーンで、よく鍛えられた証しが、随所に見てとれる名竿といえそうですね。

実際にフィールドで使ってみたヤマガブランクスのバリスティックシリーズ!

②バリスティック96MMH TZナノ

シンペンをロングキャストして、自在に操るのに適した1本です。

ミノーやメタルジグ・バイブレーションルアーなどにもマッチしているでしょう。

バットパワーは、かなり強めなので、河口域やサーフ・磯場などで大型シーバスを狙いたいですね。

ウエイトはさほど重く感じないように、絶妙なバランスで仕上げられていますね。

ライトショアジキングや、ヒラメをターゲットにしたサーフゲームなどにも転用しやすいですよ。

ヤマガブランクスのバリスティックシリーズにはベイトロッドもラインナップ!

③バリスティックベイト103Hナノ

とにかくパワーのあるブランクスなので、シーバスに主導権を取られたくないような磯場で、実力を発揮してくれる1本です。

キャストはやりやすく、狙ったポイントへルアーをブレずに届けられます。

掛かった瞬間にロッドをリフトして、根に潜ろうとするシーバスの動きを止められますよ。

シマノのカルカッタコンクエスト300や、同社スコーピオンMDとのマッチングが素晴らしく、ゴリ巻きで足元まで引き寄せてランディングに持ち込めるでしょう。

2ピース仕様の印籠継で、ガイドにはSiCチタンフレームのKガイドが配置されています。

ヤマガブランクスのバリスティックシリーズにマッチするおすすめリールをピックアップ!

ヤマガブランクスのバリスティックシリーズに装着して使ってみたい、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは、スピニングリールから。

シーバスゲームなら4000番が扱いやすいですよ。

あまり軽量なものを使わずに、剛性・耐久性の秀でたタイプを選ぶようにしたいですね。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアショジギング・キャスティング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアショジギング・キャスティング

最安値価格
¥35,915(amazon)

Amazonへ ¥35,915

楽天市場へ ¥36,520

シマノからリリースされている、4000番でエクストラハイギア仕様のスピニングリールです。

ギア比は6.2対1に設定されていますから、ハンドル1巻きにつき101cmのラインを巻き取ることができるようになっていますよ。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、6.0/ 11.0kgです。

自重は260gと、やや軽めな感じですね。

スプール寸法は、直径が52mmでストロークが19mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら3.5号を170m巻けます。

PEラインなら、1.5号を320m巻けますよ。

ハンドル長は57mmで、ボールベアリング数は9個搭載しています。

実際に手にしてみると、とてもガッチリした剛性感が伝わってきますよ。

キャストを繰り返しても、ハンドルの滑らかな巻き心地には変化が表れません。

ローターの回転も軽やかで、ラインスラックを一瞬で拾い上げて、ラインテンションを維持することが可能です。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されていますよ。

大型のシーバスやヒラスズキ・ヒラメ・青物などが掛かっても、余裕で対応できるのが嬉しいですね。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021年モデル 301LHXG バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021年モデル 301LHXG バス釣り

最安値価格
¥24,688(楽天市場)

Amazonへ ¥24,689

楽天市場へ ¥24,688

ベイトリールをヤマガブランクスのバリスティックシリーズに装着するなら、ハイギアでラインキャパの大きなものが適しています。

スコーピオンシリーズの最新機種・スコーピオンMDなら、重めのルアーをロングキャストして広範囲を探れるでしょう。

ギア比は7.9対1ですから、ハンドル1回転につき107cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は、8.0kgに設定されているので、きっちり締め込んでラインを出さない釣り方も実践できそうですよね。

自重は315gとやや重めで、スプール寸法は直径が43mm、幅が22mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら20lbを160m巻けます。

PEラインなら、5号を140m巻けますよ。

ハンドル長は51mmで、ボールベアリング数は7個搭載しています。

実際に釣り場へ持ち込んで使ってみると、大きなデザインの割りにはパーミングしやすく感じますね。

リトリーブの際のハンドルへの負荷は高く、巻き心地が重くなることは覚悟の上で使う方がいいでしょう。

リトリーブを繰り返していて、枯れ葉1枚拾っただけでも、手元にビンッと伝わってきますよ。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ハンドルタイプがもう少し短いものもリリースされているので、購入時に比較するといいかもしれませんね。

ヤマガブランクスのバリスティックシリーズを駆使して大型シーバスを釣り上げよう!

ヤマガブランクスのバリスティックシリーズの特徴や実釣インプレ、マッチングのいいおすすめリールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

質感の高いロッドは、釣りそのものを楽しくしてくれます。

感度の良さが情報の多さにもつながりますから、フッキングするのに有効な情報を絞り込むようにして、シーバスゲームを満喫したいですね。

ロッドの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング