魚のアップ写真

アジの旬に合わせて釣りたい!アジング初心者におすすめの釣り方やタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

アジの旬について考えてみると、よく釣れる夏場から秋にかけて、食べると美味しい印象があります。

夏はまだまだ小振りなサイズですが、水温が20℃以下に落ち着いてくるころには、体長20cmを超えてくる釣り場も。

アジの旬に合わせて、アジングゲームをスタートさせる初心者の人も多くなってきますよ。

ここでは、アジングの基本的な釣り方や、おすすめのタックルについてご紹介しましょう。

特に難しいアプローチはありませんから、気楽にアジングゲームの世界に踏み込んでください。

ライトソルトウォーターゲーム用のタックルをすでに持っているのであれば、そちらを転用しても全然OKです。

アジの旬に合わせてアジを釣り上げるにはどうすればいいの?

アジの旬は、夏の暑い日が終わるころから秋にかけて、水温が8℃前後にまで下がり切る12月の冬ぐらいまでが該当するでしょう。

九州エリアなどの比較的暖かい地方では、冬でもアジが釣れるようですが、まずは夏から冬の入り口までと考えてください。

その旬の時期に合わせて、アジングゲームをスタートさせましょう。

初心者の人に最初に知ってもらいたいのは、アジ独特の習性です。

アジは群れで回遊していて、エサを求めて深場から浅場まで積極的に泳ぐ魚として知られていますよ。

とういことは、深場に沈んでいるタイミングでアシングアプローチしても、アジそのものが居ないので釣れないことになります。

アジングを難しい釣りと考えている人は、このバットタイミングに出くわしてしまったからかもしれませんね。

アジの群れが接岸してきて、浅場を回遊するのは、そこにプランクトンなどの捕食対象が集まっているときです。

プランクトン自体は、小さ過ぎて我々の目では発見しづらいですから、それを食べる小魚の存在を追うようにします。

その小魚が、アジであれば苦労はしないのですが、もっと小さなシラスレベルの稚魚の場合がほとんど。

この稚魚の群れをじっくり探すようにしましょう。

つまり、プランクトンが居るから稚魚が居て、その稚魚をアジが食べるという図式を頭の中でイメージするのです。

稚魚のサイズは、1cmから2cmぐらいで、結構大量に集まって泳いでいますよ。

日照のある時間帯に防波堤や漁港などに足を運んで、海水面をチェックしてみてください。

足元のコンクリート壁が直角に交わっている場所や、その少し沖合いに、稚魚の群れを発見できたらバッチリです。

その場所を覚えておいて、太陽が沈んだ夜の時間帯にアプローチを開始してみましょう。

近くに常夜灯がなくてもかまいません。

見つけておいたその場所へ、稚魚と同じようなサイズのストレート系ワームを投入します。

ジグヘッドリグに装着して、ウエイトは1g前後なら、ゆっくりとアジにアピールしながらフォールさせることができるでしょう。

ジグヘッドリグによるアジの釣り方をマスターしよう!

アジの釣り方は、とてもシンプルです。

観察を経て絞り込んだ場所で、ジグヘッドリグを丁寧にフォールさせながら誘いをかけるだけですから。

1度めのアタリでは、アジがジグヘッドリグを口に含んでいないことがあります。

なのでこのタイミングでのフッキング動作は要りません。

少しロッドティップを立てて、再度フォールを始めると・・またココッ!とアタリが。

その際にラインが張り詰めて、横方向に流れるように動いたら、フッキング動作に移るようにしましょう。

あまり強くロッドを立てる必要はなく、手首を返してロッドティップを曲げる程度がベスト。

あとはリールハンドルを回して、ラインテンションを維持しながら、アジをランディングしてください。

フロートリグを操れるようになろう!

アジをジグヘッドリグで釣れるようになったら、そこからの応用であるフロートリグに手を出してかまわないでしょう。

ジグヘッドリグの手前に、浮力とウエイトを持ったフロートを装着します。

それにより、飛距離をバツグンに伸ばせるようになるので、それまで届かなった沖のポイントを攻めることができますよ。

夜釣りなら音を聞いてください。

バシャバシャと水面で水飛沫が上がるような場所があれば、そこ目掛けてキャストし、同じようにフォールで誘いをかけます。

アジ以外の魚が食い付いてくる確率も上がるので、ランディングネットを用意してバイトを待つといいでしょう。

フロートには、水面に浮き上がる浮力の高いタイプや、水中で止まるサスペンドタイプ、ゆっくりと沈んでいくシンキングタイプが用意されています。

ジグヘッドのウエイトにも左右されるので、自分なりにウエイトの組み合わせを考えて使うようにしましょう。

初心者にも分かりやすくアジングゲームを解説している動画はこちら

アジングで使ってみたいおすすめのタックルを選んでみた!

それでは実際のアジングゲームで使ってみたい、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

マルチピースタイプなら、常にクルマなどに積んでおけば、すぐに釣りを始められます。

長さ6ft前後のものなら扱いやすいので、釣具店やネット通販サイトで探してみてください。

個々のガイドがコンパクトで細いので、あまり強い負荷がかからないように注意したいですね。

アブガルシア(Abu Garcia) ライトゲーム スピニング ロッド ソルティースタイル カラーズ STCS-554LS-AYアクティブイエロー. 4ピース パックロッド アジ メバル カサゴ メッキ

アブガルシア(Abu Garcia) ライトゲーム スピニング ロッド ソルティースタイル カラーズ STCS-554LS-AYアクティブイエロー. 4ピース パックロッド アジ メバル カサゴ メッキ

最安値価格
¥11,329(Yahoo!)

Amazonへ ¥11,594

楽天市場へ ¥11,799

Yahoo!へ ¥11,329

アブガルシアブランドからリリースされている、マルチピースタイプのスピニングロッドです。

とてもコンパクトに収納できて、調子も柔らかめに仕上がっているので、アジングゲームはもちろん他のライトソルトウォーターゲームに使うことができます。

全長は165.0cmと取り回ししやすい長さで、継数は4本。

仕舞寸法は45.0cmと、かなり短くなる設計です。

標準自重は91gで、先径/元径は0.8/8.6ミリと細めですね。

適合するルアーウエイトは0.2gから5gまで。

適合するPEラインは、0.2号から0.8号までです。

実際に手にしてみると、継いだ状態でとても軽く、シャープな振り抜けが伴なっている印象ですね。

継目も安定していて、魚が掛かってからのリフトパワーはじゅうぶん。

無理せず手前まで引き寄せられますから、ランディングもラクラクです。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっていますよ。

アジングゲームを気軽に楽しみたい人に、ぜひ手に取ってもらいたい1本ですね。

その他メッキやカマスゲーム・メバリングゲームなどにも転用できるので、海のさまざまな釣りに適しているといえるでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S (2020モデル)

最安値価格
¥26,888(amazon)

Amazonへ ¥26,888

楽天市場へ ¥27,280

Yahoo!へ ¥27,033

人気のルビアスシリーズ、2000番モデルならアジングゲームをこなすのにぴったりです。

ギア比は5.0対1なので、ハンドル1回転につき67cmのラインを巻き取ることができるようになっていますよ。

自重は150gととても軽くて、一日中アジングゲームをしていても疲れにくいでしょう。

手元感度も上がりますから、アジのショートバイトも逃さずに済みそうです。

最大ドラグ力は5.0kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら3lbを150m巻けます。

PEラインなら、0.4号を200m巻けますよ。

ボールベアリングは9個搭載していて、ハンドルの長さは45mmです。

実際に手にしてみると、その軽さに驚いてしまいました。

ハンドルの巻き心地は滑らかで、連動するローターの回転も安定しています。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっていますよ。

ライトラインでジグヘッドリグを機敏に操りたいなら、このスピニングリールほ使ってみるといいでしょう。

アジングをマスターして旬のアジを美味しく食べよう!

アジの基本的な釣り方や、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

水温が下がっていくほど、アジのサイズはアップしますが、ショアからキャストして届く範囲には居なくなってしまいます。

本格的な冬を迎えるまでに、ショアからのアジングゲームを満喫して、釣り上げたアジを美味しく食べたいものです。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング