魚のアップ写真

ハゼの釣り方や食べ方をマスターしたい!おすすめ釣りタックルもピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

秋によく釣れる魚といえば、河口域のハゼが挙げられるでしょう。

浅瀬に大量に接岸して来ているので、延べ竿を用いて足元で釣れたりしますよ。

小さいボディサイズですから、簡単に上手くさばいて、刺身や天ぷらにして美味しく食べたいですよね。

ここでは、ハゼの釣り方や食べ方についてご紹介しましょう。

ウロコはお腹側にも回っていますし、小骨もありますから、丁寧にさばけるようになりたいですね。

ハゼの釣り方ってどうすればいいの?

ハゼの釣り方は、釣り場選びからスタートします。

季節は、夏の終わりから秋にかけてがベスト、この時期なら河川の河口域に数多く集まってきますよ。

泥底や砂底の浅瀬エリアを、歩きながら探してみましょう。

すでにハゼの姿を見つけて、釣り竿を振っている人がいるかもしれませんよ。

そういうシチュエーションに遭遇したら、釣り人から少し離れて、同じようなポイントを見つけるようにしましょう。

用意する釣りタックルは、延べ竿でもかまいませんが、アジングゲームに使うスピニングタックルのほうが、広範囲を探れるので向いているでしょう。

スピニングリールから引き出したラインの先に結ぶのは、エサ釣り仕掛けとルアーの2種類。

エサ釣り仕掛けのほうは、ちょい投げ仕掛けの軽量版にしてください。

底で引っ掛かりにくい立ち天秤に、ハリス+フックでOKです。

エサは、イシゴカイや青イソメなどの虫系を用意して、ハゼの口に吸い込まれやすいサイズにカットします。

具体的には、2cm前後でじゅうぶんではないでしょうか。

軽くキャストして、底に天秤が着いたら、ズル引きせずにラインのテンションのみ張ってみます。

ズル引きすると根掛かる可能性が高いからで、着底地点で長く粘るだけで、ハゼのほうから近寄って来てくれますよ。

広範囲を積極的に探りたいなら、ルアーをラインに結んでキャストすることをおすすめします。

ルアーの種類は、小粒サイズのクランクベイトがおすすめ。

浮力があるので根掛かりしにくく、リップが底に触れるたびに跳ね上がって、ハゼを誘ってくれるでしょう。

アタリは明確で、グッとロッドティップが引き込まれる感じに。

その状態でロッドを立てると、口切れしてしまうかもしれませんから、ロッドの曲がりのみをキープしながら、リールハンドルを回して引き寄せるようにしたいものです。

水汲みバケツに河川の水を汲んでおき、釣れたハゼを解き放っておきましょう。

ときどきカラスが飛んできて、せっかく釣ったハゼを奪おうとするので、フタをしてカラス除け対策を講じてください。

簡単に習得可能なハゼのさばき方!

ハゼの食べ方についても、ご紹介しましょう。

釣り上げたハゼを持ち帰って、まずは身体のウロコを取り除きます。

水道水を流しながら、キッチンの流しの上で作業をおこないます。

包丁を利用したり、ペットボトルのキャップを擦り付けたりすると、簡単にウロコが取れます。

結構細かいので、あちこちに飛び散るのを抑えるためにも、水道水を当てながらウロコを剥がしてください。

ハゼのさばき方は、背中を自分の手前側にして、頭を右に向けてから実施します。

エラの継目辺りに包丁を縦に入れて、中骨に触れたら、刃先を横に寝かして尾ひれのほうへ向けてください。

そのまま中骨に沿って、包丁を丁寧に走らせていきます。

このとき注意したいのが、背中側はカットしていいですが、お腹側は皮一枚でつながった状態にすること。

そうすると逆側の処理も終えた時点で、身開きの状態に仕上がります。

ハゼの天ぷらは絶品!

ハゼの食べ方は、天ぷらにするのがおすすめです。

身開きにしたハゼを、天ぷら粉に付けてから油に落としましょう。

上がり具合やコロモの色を見ながら、油から取り上げれば完成です。

小骨が少し残っていても、油で揚げていますから美味しく食べることができますよ。

その他南蛮揚げや甘露煮にしても、ハゼは美味しいので、さまざまな調理法にチャレンジしてみてください。

とても丁寧で分かりやすいハゼの天ぷら調理法を収めている動画はこちら

ハゼをたくさん釣るためにおすすめのタックルを選んでみた!

それではハゼ釣りに使ってみたい、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

延べ竿にミャク釣り用の仕掛けを用意しておくと、簡単に足元のハゼを釣ることができます。

もっと広範囲からたくさんのハゼを釣ろうと思ったら、ライトソルトウォーターゲーム用のスピニングタックルでアプローチしたいですね。

アジングタックルやメバリングタックル、飛距離をもっと伸ばしたければ、エギングタックルなども感度が良くハゼ釣りに向いているといえます。

メジャークラフト メバリングロッド スピニング トリプルクロス メバル チューブラー TCX-T762L 釣り竿

メジャークラフト メバリングロッド スピニング トリプルクロス メバル チューブラー TCX-T762L 釣り竿

最安値価格
¥13,200(amazon)

Amazonへ ¥13,200

楽天市場へ ¥13,200

Yahoo!へ ¥13,200

メジャークラフトからリリースされている、チューブラーブランクスのライトソルトウォーターゲーム用スピニングロッドです。

ある程度長めなので、軽く振るだけで飛距離を伸ばせるように設計されています。

メインはメバリングですが、さまざまな魚を釣るのに転用可能な、フトコロの深さを持っている仕上がり具合ですね。

全長は7.6ftもあるので、ロングキャストで広範囲に散っているハゼを探ってみましょう。

適合するルアーウエイトは、0.5gから7gまでです。

これなら軽めのちょい投げ仕掛けや、小粒のクランクベイトに対応可能ですね。

ブランクスはファーストアクションで、適合するPEラインは、0.2号から0.6号までです。

実際に手にしてみると、とてもしなやかでパワーも保持している印象を受けました。

ルアーや仕掛けをコントロールしやすいですし、ハゼのアタリも明確にとらえられます。

ラインやロッドティップにも変化が表れるので、それを見逃さずにフッキングに持ち込みたいですね。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ラインがガイド足などに絡みやすくなってきたら、リールスプールのラインを巻き換えるようにしましょう。

長く使い続けると、トラブルばかり発生して、釣りづらくなってしまいますよ。

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール ロキサーニ (ROXANI) 2000SH 【加木屋守プロ愛用】

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール ロキサーニ (ROXANI) 2000SH 【加木屋守プロ愛用】

最安値価格
¥10,886(amazon)

Amazonへ ¥10,886

楽天市場へ ¥12,236

Yahoo!へ ¥11,079

アブガルシアブランドから発売中の、小型軽量スピニングリールです。

番手は2000番なので、ハゼ釣りにじゅうぶん対応できるラインキャパを備えていますよ。

自重は206gと軽めで、ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1巻きにつき83cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は3kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら4lbを100m巻けます。

PEラインなら、0.6号を100m巻けますよ。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

実際に手にしてみると、とても軽くてブラックカラー基調の配色がカッコイイですね。

どんなロッドにもマッチする雰囲気を持っていますし、可動部も滑らかに動いてくれます。

ハンドルは握りやすく、安定した巻き心地をキープできるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっていますよ。

アブガルシアブランドのスピニングリールは、全般的に価格が安く、タックル購入時にいつも候補に挙げたくなります。

高性能スペックを搭載していて、釣り場でも映えるデザイン性が素晴らしいですよね。

ハンドルのアーム部分には、カーボン素材を採用していて、軽さと強さを共存させていますよ。

ハゼをたくさん釣り上げて美味しく食べよう!

ハゼの釣り方や食べ方、おすすめの釣りタックルを取り上げましたが、いかがでしたか?

秋本番を迎えるころには、河川の河口域にたくさんの釣り人が集まっているはず。

すぐ隣りに釣り座を構えないようにして、みんなで楽しくハゼ釣りを満喫するようにしたいですね。

そばに棲む水生生物や自然環境にも興味を持つようにすると、より一層ハゼ釣りにハマるかもしれませんよ。

ハゼの関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング