釣り人の写真

【釣割マガジン】【秋色三選】ヒラメ

隔週刊つり情報編集部

10月1日、外房のヒラメ釣りが全面解禁となった。

中でも多くの船宿がひしめく大原は今後のシーズンを占う意味でも大切なエリア。

気になるその模様は、2~3㎏級の良型交じりでトップ5枚以上とまずまずの手応えで今年も期待できそうだ。

タックルについては下図のとおり。 

取材でお世話になった外房大原港・初栄丸の勝見雅一船長によると、「底をしっかり把握することが大切です。

ノーマルはオモリ80号、ライトであれば40号を基準に底が分かりにくいときは60号も使って、しっかり底ダチを取ってください」とのこと。

目次

  • 底を切ってアタリを待つ・底上1mが基本
  • イワシを弱らせないよう素早くエサを付けよう
  • BEGINNER'S MISSION・ビギナー近田のミッション・ヒラメ仕掛けを色いろ試し親孫間を調整してみた
  • 親孫間をイワシに合わせるには、親、孫バリどちらかを船上で結ぶ
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング