ケースのアップ写真

竿ケースってどんなものを使ってる?大切なロッドを守るための必須アイテム

FISHING JAPAN 編集部

釣り場へ向かう際に、竿を専用のケースに収納する人が多くなってきました。

磯竿やルアーロッドは、とても繊細に作られているので、横方向からの衝撃に弱い面を持っていますから、当然の傾向かもしれませんね。

ダイワやシマノなどの釣具メーカーから豊富にリリースされていますし、100均ショップなどで販売しているパーツを組み合わせて、自作している人も見かけます。

ここでは、釣りに使う竿ケースについてご紹介しましょう。

竿ケースにはどんな種類があるの?

竿ケースには、大きく分けて2種類のタイプが用意されています。

ひとつは、硬めの樹脂や軽量な金属を用いた、ハードケースです。

ハードケースは、横方向からの衝撃に強い構造が採用されていて、例えば飛行機や公共交通機関・クルマなとで移動する際に、大切な竿を守ってくれます。

また釣り場に着いて乗合船やガイド船へ乗り込んだとき、複数の竿を同時に持ち運びするのにも適していますよ。

竿同士の干渉を防いで、折れや割れを回避する役割を担っているのです。

竿は高価なものが多いですから、なるべくなら破損を避けて使い続けたいですよね。

釣り場に到着して折れていたら、釣りができなくなってしまいますから。

もうひとつのタイプは、ソフトケースです。

ソフトケースは、ウエイトがとても軽いのが特徴で、カンタンに持ち運びできるのがメリットですね。

柔らかいことで緩衝材の役割を果たし、竿が折れにくい要素が高めなので、例えば竿を入れてそのまま背負い、自転車などで釣り場へ向かうのに適しています。

釣り場に着いたら、ソフトケースは折りたたんで収納してしまえるのもいいですね。

ただし、横方向からの強い衝撃があると、跳ね返すほどの剛性を持ち合わせていないので、ソフトケースごと何かにぶつけてしまうトラブルは、何とか避けたいものです。

ハードケースとソフトケースの両方のメリットを採用した、セミハードケースも市場で人気を博していますよ。

実際に釣具店で手に取ってみて、自分の釣りスタイルにマッチしたものを選ぶようにしたいですね。

全ての竿ケースにいえることですが、その長さをしっかり確認してから購入しましょう。

竿には仕舞寸法という設定があります。

振出式の竿なら、1mを下回る仕舞寸法になりますし、センターカット2ピースのエギング竿なら、1m前後の仕舞寸法に設計されているでしょう。

それに合わせて、竿ケースの内寸サイズを決めてください。

内寸サイズが短ければ、竿そのものを入れることが不可能になります。

内寸サイズが長過ぎると、竿ケースの中で竿があちこちに踊ってしまい、繊細なロッドティップなら折れてしまうかもしれません。

小径ガイドなら、そのガイドフレームが曲がったり折れたりするかもしれないのです。

竿ケースの収納本数に注目!

竿ケースには、個々に収納本数の上限が定められています。

釣り場で用いる竿の本数が事前に分かっているのなら、その本数に合わせて竿ケースを購入するようにしたいですね。

たくさんの本数が入るのに、1本の竿しか入れていなかったら、中で竿が必要以上に踊ることに。

これもロッドティップやガイドなどの破損につながりかねないので、じゅうぶん注意しましょう。

収納本数が多くなると、その分ウエイトが増して重くなります。

釣り場までも持ち運びがつらくなってしまうようでは、釣りそのものに悪影響が出てしまうかもしれません。

あまり容量の大きな竿ケースを選ばないようにすれば、楽に持ち運びを実践できるでしょう。

ポケット付きの竿ケースを上手く活用しよう!

竿ケースには、リールを装着した状態で収納できるように、幅広くデザインされたものが用意されていますよ。

磯釣りのシーンを思い浮かべてください。

渡船で沖磯に渡ろうとしたら、手荷物をシンプルにまとめておきたいですよね。

そんなときに、リール装着状態の竿を収納できる竿ケースが重宝しますよ。

それからポケットの機能にも注目してください。

竿ケースの側面に、各種ポケットが付いているものが販売されています。

磯釣りなら、ラインやカッターなどの小物類を入れておくことができますし、タモの枠や三脚などを収納可能な大型ポケットが装備されていることもあります。

これなら手荷物がひとつ減り、クーラーボックスやバッカンを担ぎやすい状態を作ることができるでしょう。

竿ケースの中からおすすめのアイテムを選んでみた!

それでは数ある竿ケースの中から、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

まずは、磯釣りで用いる多機能ポケットの付いたタイプから。

スピニングリールを竿に装着したままで収納可能なデザインですから、持ち運びがとても便利ですよ。

手荷物の数を減らして釣り場へ向かうためにも、収納力の高い竿ケースを見つけ出したいですね。

TAKAMIYA(タカミヤ) ロッドケース H.B CONCEPT ロッドケース リールイン128 TG-1962 レッド

TAKAMIYA(タカミヤ) ロッドケース H.B CONCEPT ロッドケース リールイン128 TG-1962 レッド

最安値価格
¥2,548(amazon)

Amazonへ ¥2,548

Yahoo!へ ¥2,831

タカミヤからリリースされている、幅広いタイプの竿ケースです。

全長は128cmあるので、振出式の磯竿はもちろん、2ピースタイプのルアーロッドなども収納できるでしょう。

外寸法は約128×23×13cmですから、複数本の竿を入れて釣り場へ向かうことが可能です。

素材はナイロンで出来ていて、PVCコーティングが施されています。

波による水飛沫がかかっても、中身がびしょ濡れになってしまうことは避けられるでしょう。

最も上の部分には、ベルトが取り付けられています。

これを握れば、渡船から沖磯への瀬渡しをカンタンにおこなえますよ。

ファスナーは、ダブルファスナータイプになっていて、上下どちらからでも開けられるようになっています。

竿を取り出しする際も、任意の場所から引き抜けるのがいいですね。

また大型のショルダーパットが付いていますから、肩にかけて持ち歩きやすいです。

内部には竿が踊らないように固定しておくための、専用ベルトが設置されています。

サイドポケットには、玉網や枠・ヒシャクなどを入れておくことができますよ。

底部分は、地面に置いても頑丈に耐えてくれる、ハードボトム仕様になっています。

実際に手に取ってみると、丁寧に作られている印象で、使い勝手がとても良く感じますね。

大容量なので、複数の竿を収納して持ち運びしたい人に向いています。

実売価格は2千円台と、とても低価格な設定に抑えられていますよ。

この価格帯なら、2つから3つほど購入して、さまざまな釣りスタイルに合わせて持ち出せるように整理できますね。

カラーバリエーションは、ブルーカラーとレッドカラーの2つから選べるようになっています。

アブガルシア(Abu Garcia) ライトゲームロッドケース コヨーテブラウン

アブガルシア(Abu Garcia) ライトゲームロッドケース コヨーテブラウン

最安値価格
¥1,100(楽天市場)

Amazonへ ¥1,373

楽天市場へ ¥1,100

Yahoo!へ ¥1,100

アブガルシアブランドから発売中の、ライトソルトウォーターゲーム用に作られた竿ケースです。

スピニングリールを装着したまま竿を収納できるので、ランガンスタイルで移動を繰り返す人に向いているでしょう。

竿ケースの表地は、軽さと強度を兼ね備えた600x600デニールのポリエステルで、裏面にはPVCコーティングが施されています。

このコーティングをしておけば、かなりの防水対策になりますよね。

波をかぶったり雨に濡れても、大切な竿を守れるでしょう。

主に2ピース仕様の竿を持ち運びやすく、ショルダーベルトか標準で装備されています。

自転車やバイクでの移動にも、背負えるので便利でしょう。

Wジップ仕様ですから、ファスナーの位置をズラすことによって、スピニングリールのフットの位置に合わせることが可能です。

竿ケースの先端には保護材が入っていますから、多少の揺れには耐えられるように作られていますよ。

長さは115cmなので、仕舞寸法は約110cmまで対応可能と考えてください。

実際に使ってみると、軽くて丈夫な印象です。

さまざまな釣り場へ、フットワーク軽く移動を繰り返したい人におすすめですね。

実売価格は千円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

竿ケースを使いこなして釣りを楽しもう!

竿ケースの特徴や各種スペック、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

カラーやデザインにもこだわって、お気に入りの竿ケースを見つけ出してくださいね!

ロッドの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング