ルアーのアップ写真

マックスラップ ウォークンロールに2021年追加サイズの10センチモデルが登場!

FISHING JAPAN 編集部

ロングキャストで広範囲に散っているシーバスや青物などを獲るのに適している、ラパラのマックスラップ ウォークンロール。

既存の全長13センチモデルに追加して、ショートサイズの10センチモデルが2021年に新発売されます。

いったいどんなスペックで、カラーバリエーションはどうなっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

「ペンシルポッパーの進化形かな?」

その通り!スプラッシュやドッグウォーク、スライドダートしてからのダイビングなど、キレのあるアクションを得意としていますよ。

マックスラップ ウォークンロールとは

マックスラップ ウォークンロールとは、ラパラから13センチモデルがすでにリリースされている、操作性の高いペンシルポッパーのことです。

2021年には、ショートサイズの10センチモデルがリリースされますよ。

ウエイトは14グラムと軽めに絞られているので、着水音を抑えたマイルドなアプローチも得意ですよ。

ロッドワークによるトゥイッチやポーズによって、スプラッシュを飛び散らせたり、ドッグウォークアクションを引き出すことができます。

ロッドティップを下げてトゥイッチをおこなうと、頭からダイビングして水中へと潜行しますよ。

ただ巻きを実践してみたら、スプラッシュを交えたウォークアクションを発生。

これならオートマチックにさまざまなアクションを繰り出せるでしょう。

トップウォータールアー向けの特別なスキルはあまり求められないかもしれませんね。

誰でも操ることもできる、スリムなフローティング系ペンシルポッパーといえそうです。

ハイスピードリトリーブをおこなえば、追われて逃げ惑うベイトフィッシュの動きを表現できます。

またラトルが内蔵されているので、魚に強くアピールすることも可能でしょう。

安定した飛距離が、釣れる可能性をしっかり固めてくれます。

マックスラップ ウォークンロールのボディは、ラパラ得意の木製=バルサ材ではなく、プラスチック製を採用していますよ。

しっかりと飛距離を伸ばすための、大きな英断だったかもしれませんよ。

ラインに結んでキャストしてみると、ウエイト14グラムとは思えないほどのポイントまで届いてしまいます。

離れていてもメリハリのあるアクションは健在で、さまざまなロッドワークを繰り出してみてください。

チュピッ!という極小さなスプラッシュも飛ばせるので、刺激を抑えた誘いもかけられるのが嬉しいですね。

水面直下に沈み込む体積が多めですから、ショートバイトでもフッキングに持ち込みやすいでしょう。

ラトル音が響き渡るマックスラップ ウォークンロール!

マックスラップ ウォークンロールには、ラトルボールが内蔵されています。

ロッドワークに機敏に反応して、甲高い干渉音を響かせてくれますよ。

音に反応する魚は結構多く、バスやシーバスなどのターゲットにするのに向いているでしょう。

大きなラトル音を鳴らした後、しばらく静止して浮かせておくと、強烈なバイトでひったくられることもあります。

釣り場のシチュエーションに合わせて、ラトル音を上手く活用したいですね。

マックスラップ ウォークンロールの10センチモデルは9種類のカラーバリエーションから選択可能!

マックスラップ ウォークンロールの10センチモデルには、合計で9種類のカラーバリエーションが用意されています。

独特の配色になっていて、ソルトウォーターゲームはもちろん、淡水エリアでも活用できるでしょう。

●ブルースメルトカラー

●ゴーストサンドイールカラー

●ナイトオーロラカラー

●HDイワシカラー

●パールパープルゴーストカラー

●HDトビウオUVカラー

●パープルビーストカラー

●HDパープルイワシカラー

●HDレッドヘッドUVカラーカラー

マックスラップ ウォークンロールにマッチするおすすめのロッドを選んでみた!

マックスラップ ウォークンロールの10センチモデルにマッチする、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ウエイトが14グラムもあるので、通常のベイトロッドで扱えるはずです。

ロングキャストと軽やかなロッドワークをこなせるように、張りのあるブランクスのものを選びたいですね。

がまかつ ラグゼ アベンジ B70MH-R

がまかつ ラグゼ アベンジ B70MH-R

最安値価格
¥24,805(楽天市場)

Amazonへ ¥25,718

楽天市場へ ¥24,805

Yahoo!へ ¥25,718

がまかつからリリースされている、バス釣り用のベイトロッドです。

全長213.5センチと、2メートルを超えているので、軽く振るだけでもしっかりと飛距離を伸ばせるでしょう。

標準自重は140グラムで、仕舞寸法は178.0センチとなっています。

ブランクスはMHパワーで先径は2.0ミリ、カーボン素材の含有率は99.0パーセントです。

適合するルアーウエイトは、7グラムから28グラムまでですね。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10ポンドから18ポンドまで。

実際に手に取ってみると、長いブランクスの割りには、シャープで振り抜けのいいテイストに仕上がっている印象です。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっていますよ。

マックスラップ ウォークンロールを使いこなしてヒッグフィッシュを釣り上げよう!

マックスラップ ウォークンロールの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

パイロットルアーとして真っ先にキャストして、魚の居場所を見つけてみましょう!

ラパラの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング