ルアーのアップ写真

マリアのルアーでランカーシーバスをゲットしたい!おすすめアイテム特集

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームにハマっているアングラーなら、マリアのルアーをタックルボックスに入れている人は多いでしょう。

よく飛びよく動くアイテムばかりですから、さまざまなシチュエーションで活躍してくれて評価は高いですよ。

ここでは、マリアのルアーの特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

「青物やイカを狙うときにも、マリアのルアーをひんぱんに使うよね!」

その通り!豊富な実釣経験をベースに作られたもので、魚をしっかり誘うことができます。

マリアのルアーにはどんなタイプが用意されているの?

マリアとは、ヤマシタとマリアが合併してできた、ヤマリアが主宰するソルトウォーターゲーム用アイテムをリリースしているブランドネームのこと。

長い歴史があるので、青物やシーバスを攻略する際には、かなりお世話になっているアングラーが多いでしょう。

そのマリアのルアーの中から、シーバスゲームに効果的なものをピックアップしてみました。

●スライス

マリアからリリースされている、定番のバイブレーションです。

ゆっくりリトリーブしても、きっちり振動してくれるのがいいですよね。

水平気味の姿勢を維持しながらスイミングをしてくれて、その姿が実際のベイトフィッシュに似ていることから、バイトを誘発しやすくなっていますよ。

注目したいのは、背中にある背びれのような突起。

これにより一旦跳ね上げられた水の流れが、下方向に押さえ付けられる流れに切り換わります。

その先にあるのが、ルアーの最後尾部分。

強いダウンフォースを後半に受けることになるので、水切りの効率がアップして振幅にキレが生まれますよ。

当然水平姿勢をキープするのにも役立つので、シーバスが興味を示す要因にもなり得るでしょう。

スライスは、飛距離を伸ばすことにも長けています。

ウエイトは、10グラムと15グラムの2種類ですが、スリムなボディフォルムとウエイトバランスによって、イメージ通りの距離を毎キャスト安定してクリアできますよ。

着水してからはスパイラルフォールしづらいので、ラインとフックが絡まりにくいのもメリットです。

ベイトフィッシュがシーバスに追われるとき、底の物陰に逃げ込むケースがあります。

その際の動きは、最短距離をストレートに泳ぎ切るもの。

ふらふらと緩い泳ぎはしませんから、ストン!と着底してくれるスライスは、ベイトフィッシュそのものなのです。

リールハンドルを巻き始めると、瞬時に動き出してくれることから、もし振動が伝わって来なければ、シーバスに食い付かれているかもしれません。

そのタイミングで、フッキング動作に移ることも可能です。

フラペンシャローS85は表層をトレース可能なマリアのルアー!

●フラペンシャローS85

マリアのルアーラインナップの中でも、極めて個性的な機能を持つのが、このフラペンシャローS85です。

全長は85ミリで、ウエイトは12グラム。

シンキング仕様でよく飛び、着水後のリトリーブで最後尾に付いているフラップが、開いて水をつかむ仕組みになっています。

本来アゴ下辺りに付いているリップを大胆に取り除き、最後尾の開閉可能なフラップパーツにアクションを発生させているのが、とても珍しいですよね。

当然ルアーの後方に波動が発生し、追従してきたシーバスをきっちり刺激できます。

水面直下50センチの層を丁寧にトレースできるのも、好釣果につながる理由のひとつでしょう。

シンペンのブルースコードⅡでシーバスを攻略!

●ブルースコードⅡ

マリアのルアーの中には、流行りのシンペンもラインナップされています。

その名は、ブルースコードⅡ。

初代モデルをリファインしたもので、アクションの起動が素早く、水面直下30センチの層をトレースすることができます。

干潟エリアなどの浅い場所でも、難なく泳いでくれるのがありがたいですよね。

全長90ミリのほうがウエイト15グラムに設計されていて、115ミリのほうが24グラムあります。

重心移動システムを搭載し、着水後すぐにマグネットがウエイトボールを引き寄せて固定するので、アクションの動き出しは良好です。

水中アクションを収めた動画を見つけましたので、ぜひ観てください。

マリアのルアー・ブルースコードⅡのデモンストレーション動画はこちら

マリアのルアーを操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

マリアのルアーを操ってシーバスを釣り上げるのに、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

20グラム前後のルアーをロングキャストできるブランクスなら、積極的に攻める展開を楽しめそうですよね。

2ピースタイプのスピニングロッドに、PEラインを巻いた3000番から4000番のスピニングリールがあればOKでしょう。

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス シーバス S96ML

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス シーバス S96ML

最安値価格
¥8,448(Yahoo!)

Amazonへ ¥9,856

楽天市場へ ¥9,757

Yahoo!へ ¥8,448

シマノから発売中で人気のある、ショアキャスティングゲーム用のスピニングロッドです。

コスパ優秀なので、これからシーバスゲームを始める人にもおすすめですよ。

全長2.90メートルで2ピース仕様ですから、仕舞寸法は148.6センチにまで縮まります。

ウエイトは140グラムと軽めなので、ランガンスタイルであちこち移動を繰り返しても、さほど疲れないでしょう。

先径は1.7ミリとやや細目、適合するルアーウェイトは、6グラムから32グラムまでです。

適合するPEラインは、0.6号から1.5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、91.6パーセントになっています。

実際に手にしてみると、軽く振り抜けるブランクスで、連続キャストをおこなっても楽に扱える印象ですね。

グリップ周りは細身で握りやすいですから、大型サイズが掛かっても慌てず対処できるはずです。

実売価格は9千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

これなら初心者の人も、手を出しやすいのではないでしょうか。

曲がり込みはスムーズで、そこからの復元にはパワーを感じる強さが備わっています。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック 4000MHG サーフ シーバス サクラマス ライトジギング ロックフィッシュ

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック 4000MHG サーフ シーバス サクラマス ライトジギング ロックフィッシュ

最安値価格
¥20,634(楽天市場)

Amazonへ ¥21,240

楽天市場へ ¥20,634

4000番台のスピニングリールで、じゅうぶんなラインキャパを保持している、シマノのスピニングリールです。

ギア比は5.8対1ですから、ハンドル1巻きで95センチのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、6.0/11.0キロとじゅうぶんな数値を誇っていますよ。

自重は280グラムで、スプール寸法は直径52ミリ・ストローク19ミリです。

ラインキャパは、PEラインなら1.5号を200メートル巻けます。

ハンドルの長さは55ミリで、ボールベアリングは6個です。

実際にフィールドで使ってみると、ローターが滑らかに回って、ラインの巻き取りはスムーズ。

シーバスからの強い負荷にも、剛性感のあるボディがきっちり耐えてくれます。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっていますよ。

ロッドを立ててゴリ巻きしてみましたが、特にリールが撓んでいる感じがなく、安定した巻き心地をキープできるのがありがたいですね。

PEラインとの相性も良好で、1.5号より太いラインでもじゅうぶんマッチするでしょう。

マリアのルアーを使いこなしてビッグサイズのシーバスを釣り上げよう!

マリアのルアーの特徴や使い方、マッチングのいいおすすめのタックルを取り上げましたが、いかがでしたか?

ルアーラインナップ全体にいえることですが、マリアは実釣に基づく便利で有効なスペックを、上手く搭載しているイメージがあります。

キャストしやすいですし、アクションの発生も素早く、短い移動距離で誘いをかけられますよ。

ルアーのポテンシャルを信頼して、シーバスゲームを展開できるのではないでしょうか。

マリアがリリースしているスナップも、剛性・耐久性が高く、扱いやすいですよ。

マリア(Maria) ファイターズ スナップ #0 VFS0

マリア(Maria) ファイターズ スナップ #0 VFS0

最安値価格
¥215(Yahoo!)

Amazonへ ¥235

楽天市場へ ¥219

Yahoo!へ ¥215

シーバスの関連記事はこちら

ヤマシタ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング