【釣割マガジン】【青物のツボ~キハダ&カツオ編~】即合わせは苦手・・・とお困りのあなたへ!ゆる~く仕留める!?キハダ考察

隔週刊つり情報編集部

後半戦に入った相模湾のキハダ&カツオが灘寄りに集結し始めた。

小坪港・太郎丸に乗船した9月中旬も鎌倉~真鶴沖のほぼ全域でトリヤマやナブラを確認できたが、中でもヒートアップしているエリアが小田原沖。

濃密な魚群が滞留し、エンジン流しで楽しめる状況になっている。

当日は海面下5~10mでは2㎏前後のカツオがほぼ入れ食い、さらにその下30m付近にはキハダ反応も出現。

こちらは残念ながらバラシ4回に泣いたけれども、いやが上にも脳裏に浮かんでくるのは小田原沖に
昨秋回ってきた50~60㎏級の巨大なキハダだろう。

予断は許さないものの、ひょっとすると今号発売のころからあのオオダワラモンスターダモン・フィーバーが再現されている・・・と期待したいところだ。

特集記事では、そのビッグなキハダをちょっぴり楽に巻き上げる釣り方を紹介。

達人たちのように一日手持ちで、アタリ即合わせ!は無理……とお嘆きの貴兄の一助となるはずだ。

目次

  • 即合わせは苦手・・・とお困りのあなたへ、ゆる~く仕留める!?キハダ考察
  • ロートル釣り師の 体力に合った釣り方
  • 緩いドラグで走らせハリ掛かりに持ち込む
  • リングの相乗効果で キャッチ率アップ!
  • キハダ不発もカツオは絶好調!10月はオダモン登場に期待。
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング