釣行の様子

【釣割マガジン】湘南のアマダイ好感触。潮が動けば大釣りも!

隔週刊つり情報編集部

「ここ2、3日、潮がいかなくなっちゃったんですよねぇ」

出船前の準備を終えた佐藤美弘船長が、そう話し始めた。

今年は例年より早めにスタートした相模湾のアマダイ。

萬司郎丸も連日竿頭の釣果がツ抜けするほどの好スタートを切った。

だが、昨日あたりから潮が動かなくなり、魚が口を使わなくなってしまったようだ。

しかし、萬司郎丸では一昨日、1シーズンで数尾といわれる50cmのシロアマダイが釣れている。

潮流が悪いなど、一過性の出来事にすぎないはずと期待のほうが大きく膨らみ、第十八萬司郎丸に意気揚々と乗り込んだ。

舫もやいをほどいた第十八萬司郎丸は、6時18分に片瀬港を出る。

航程約25分で江ノ島の東側、鎌倉沖でスローダウンすると、1分後には船長からスタートがアナウンスされた。

「はい、どうぞ。やってみましょう。水深は75mです。たぶん潮がいっていないと思いますので、着底したら1m巻いてやってみてください。30秒に1回くらいのペースでゆっくり竿をシャクって誘ってやるとアタリが出ます」

私を除く14名が一斉に仕掛けを下ろす。

どの道糸も真っすぐに立ち、たしかに潮が流れていないようだ。

しかしその10分後、右トモ2番の中野さんが電動リールのモーター音を響かせた。

いきなり30cmクラスのアマダイだ。

その撮影を済ませた直後、視線を周囲に移すと右ミヨシ二番の普照さんの竿先にアタリが出ていることに気づく。

「それ、アタってますよ!」と、すかさず声をかける。

普照さんは出船前に沖釣り初挑戦だと言っていたので、駆けつけて檄を飛ばす。

無事抜き上げられたアマダイも30cmクラスだった。

さらにその15分後、普照さんがまたアマダイを釣る。

今度は35cmとサイズアップ。

「いやあ、ビギナーズラックですよ」と照れた普照さんは満面の笑顔だ。

目次

  • 食い渋りもなんのその
  • 最後の1投で本命!
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング